2009/12/1

マスゴミと言う名の『国家危機』  民主党政権

景気対策で補正積み増し…政府・与党合意
特集 デフレ

 政府・与党は30日、円高やデフレに歯止めをかけるため、新たな景気対策を2009年度第2次補正予算に盛り込むことで合意した。

 円高対策や日本銀行に一段の金融緩和を求めることでも一致し、証券化商品の買い入れなどによる事実上の量的緩和の強化を促す方向だ。鳩山首相と社民党の福島党首、国民新党の亀井代表らが開いた基本政策閣僚委員会で決めた。予算規模は当初案の2・7兆円を上回る見通しだ。

 鳩山首相は30日夕、記者団に対し、「(景気回復が腰折れする)二番底の心配が消えない中で、政府はしっかりやっていくというメッセージを出せるものにしたい」と述べ、菅経済財政相も「総合的な経済対策になる」と強調した。

 予算の積み増し額や内容については、週内に大枠を固める。

 首相は1日にも日銀の白川総裁と会談し、円高やデフレ対策を協議する。政府は、米連邦準備制度理事会(FRB)が住宅ローン担保証券(ABS)と呼ばれる証券化商品を買い入れる事実上の量的緩和策を採用していることにならい、日銀にもこうした金融商品の買い取り策を講じ、量的緩和策を強化するよう促すとみられる。
(2009年12月1日03時15分 読売新聞)


と、言う事でミンスは補正予算を上乗せしてまでデフレに対処するとやりますた。

しかし、内容が『量的緩和でやり抜く』のではデフレ脱却など無理なのは小泉政権でも無理だったのは承知の通り。

小泉がやったのは『クレジットカードの規制緩和』こと総量規制緩和でなどにより『政府は金を使わず民間のチカラで景気回復しましょう』と言うものだが、国家窓際局の局長・カイワレ野郎も同じ事言っていた『金を出さずに知恵を使え』とか言う奴。

仕分け人とか言う国力衰退の茶番劇にある様に『鳩も小泉と変わらない』と言うのは、反米ネットウヨとか反官僚サヨクというDQN以外なら誰もが解っている。

ネットウヨと言っても自民党支持者ではなく、小泉批判や反米で自民党をこらしめればいいと言う方の奴。ネットで暴走して誰にも相手にされなくなったあのアホなどがその象徴。

そのアホが処刑執行人レンホーを持ち上げて暴れ回っていた様だけど、あれって過去に城内ブログで『小泉将軍様、ケケ中軍師様』と暴れ回ったゴミと同じだから、どのツラ下げて小泉批判しているのでしょうね。

こう言うのに限ってマスゴミに踊らされて火病るだけで、自分自身の頭で考えて結論を出す事など出来ないよな。

それは兎も角、『思い切った政策を出さねば無理』だと言う声は与党内から出て来た。

2次補正規模:円高対策口実に、上積みで歩み寄り

2009年12月1日 1時2分 更新:12月1日 3時5分

 「1次補正予算で凍結した(2.7兆円の)範囲を超えて対応する」(菅直人副総理兼国家戦略担当相)「現下の状況を考えると2.7兆円より小さい規模はない」(平野博文官房長官)。各閣僚から30日、追加経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算案の規模を巡る発言が相次いだ。

 2次補正の規模について菅氏は当初、国債増発を避けるため、2.7兆円以下にすべきだとしていた。一方、亀井静香金融・郵政担当相が代表を務める国民新党は11兆円の経済対策を発表。「金じゃなく、知恵を出せ」と主張する菅氏を、亀井氏が「知恵だけで生活できるならこんな簡単なことはない」と批判するなど、今週中を目指す取りまとめを前に、政府内の調整は難航していた。

 歩み寄りの口実になったのが、中東の金融不安をきっかけにした「ドバイショック」。「総理と官房長官に電話して、がんがんやった」。27日朝の閣僚懇談会で亀井氏は、鳩山由紀夫首相と平野官房長官に円高対策の実施を直訴したことを明かした。鳩山首相は日曜日の29日、菅氏や藤井裕久財務相らを首相公邸に呼び、円高対策を2次補正に盛り込むよう指示し、補正上積みの道筋をつけた。

 菅氏は30日、与党3党の党首らによる基本政策閣僚委員会で「2.7兆円にこだわらない」と説明。亀井氏は閣僚委終了後「非常にいいこと」と満足げな表情を見せた。

 一方、税収の落ち込みによって、09年度の国債発行額は過去最高の50兆円を超える見通し。「これ以上の国債発行は限界」とする藤井氏は閣僚委前、鳩山首相、菅氏と会い、2.7兆円を超えた分の財源について「新たな国債発行は考えていない」と明言。09年度の国債の利払い費が金利低下によって不要になった分などを財源に充てる考えを示唆した。これらの上積みは数千億円にとどまる。

 30日には社民党も6.1兆円規模の経済対策案を策定。「今の経済情勢では思い切った財政出動が必要」(阿部知子政審会長)としている。上積みが小幅なら「積極的な補正を組んでいく(3党の)テーブルに着いた」とする亀井氏が再び不満を爆発させる可能性もある。【平地修、白戸圭一、望月麻紀】

マスゴミが言う『財政危機』などと言うのは、粗債務だけの換算で、本当は「粗債務ー国の資産」である純債務が国際基準。これも足下・小泉政権から減るどころか増えるばかりで、緊縮財政で借金を増やしただけなのだが、そのA級戦犯が『財政危機』を煽ったマスゴミ。

だから、マスゴミが積極財政に対して火病る程反対するのは公共投資や積極財政で景気回復でもされれば、自分たちが国の借金を増やした戦犯であるのが白日の下に曝されるから。

そのために官僚をスケープゴートとして『借金を増やした戦犯が居るニダ』と火病って大衆の不満をそっちに向ける事にした。小泉劇場も必殺処刑人もそのためのパンとサーカスだろう。

本当に国を良くしたいと言うなら、本当に日本が自由民主主義国家として誇りに思うなら、『誰かを叩き潰す』と言うサディズムや権威に対するマゾヒズムを許すわけにはいかない。それらに対して警戒し、戦ってこそ本当の自由を得られるのだ。

自分に誇りを持って、自分自身で物事を見極める日本人が多い事を願う。
4

2009/11/28

Irrsinniger Renho  民主党政権

民間仕分け人(人民陪審員)には「国益」の観点が一切無い
「国産は高いから安い外国産輸入すればいいじゃん?ダメなの?」コレばっかし、昨日の武器、兵器ですら国防の意義を何ら理解しない、メリケン産兵器輸入すればいいじゃん?とかカラシニコフ輸入しようよ!バカ安だよ!とか
『城内実 とことんブログ』から抜粋。

湘南アッテンボロー、クリティカルタカスww!!
『89式小銃より安いカラシニコフを正式小銃にした方がお安く出来まっせ!』
と言うものだけど、そのカラシニコフは北朝鮮や中国の正式小銃なんだぜwww

アメリカ絡みの予算には触れないか、政治判断に任せるだってwww
おまけに隊員服(軍服)を海外で造れば安くなるwww

『経済を知らずにして愛国を語るなかれ5』より抜粋。

とまでに来れば、完全にKITTY GUYだよ!!
本当に安く造るなら某紳士服店の様に中国や北朝鮮にでも発注するケースもあるから、平時であろうが有事であろうが、北の事だから『自衛隊の軍服を着た工作員』を作るに決まっている。

それで一番やられて頭を痛めているのが韓国なのだが、正式小銃がカラシニコフで自衛隊の軍服でも付けられたらどう判別したら良いんだwwwと考えるのが当然だろ。

有事を想定すると言うのは、このように『あり得ない事もあり得る』のを想像せねばならないのだからなw

有事を想定するどころか『国防』など全く考えてない平和ボケのミンスだから、こんなキティな発想でも受け入れかねないのだが、それよりも酷いのがこれ↓

医療も、道路工事も、宿舎建設も…とにかく何でも出来るようにするのが軍隊ですね。
だから、掃除洗濯炊事などを民間委託するのは本末転倒。

風呂でも飯炊きでも大地震の救済で民間委託業者に震災地域に行かせるのでしょうか?


『民間委託』って、ダメリカ並みのKITTY GUYだなwww!!
イラク戦争でダメリカがやっていた『軍隊の民営化』を日本でもやれと言うのかw

ダメリカがやったのはセキュリティー会社を通じて傭兵なり民間業者なりを戦場に派遣すると言うやり方なんだけど、募集するにあたっては『危険な仕事ですが高額な報酬を出します』と言う奴で、これにダメリカの貧困層が乗って来たと言う事。

日本でもこう言った求人があったな。
『イラク求人、東北でも 月50〜60万で誘う』(新聞赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-30/15_01_2.html

日本の場合は50万〜60万もらえるとなってるが、ダメリカの方では『イラクに行けば10万ドルもらえる』と言う事で生活苦に喘ぐ貧困層がイラク行きを決めたとか。

だいたい軍隊でも危険な所に行くと言う事はよほどの状況でないとダメだよな。
そう言う事で『世に腹を変えられない』貧困層の需要が必要な訳。連中が格差社会を固定化させ、死守した方がもうけになると言うのが解るだろう。

ここまで来れば貧困問題を解消するとか、景気回復でもされて国民が自分の頭で物事を考えるのが都合悪いと言うことだ。

この様な狂人の正体を見抜き、それに対して批判せねばならない。
狂人達が国民の自由を侵害し、國益を害しているのを白日の下で暴き、それを排斥する事こそが本来あるべき『自主独立』の道に進む事なのだ。

(蛇足:トラバ先ではタイトルと投稿者が逆になっていますが、早速訂正しましたので、ご理解の程を宜しくお願いします)
7
タグ: DQN 仕分け人 蓮舫

2009/11/27

鳩、不況、大恐慌  民主党政権

完全失業率:5.1% 3カ月連続改善 10月

総務省が27日公表した労働力調査(速報値)によると、10月の完全失業率(季節調整値)は前月より0.2ポイント低い5.1%となり、3カ月連続で改善した。過去最悪だった7月の5.7%からは0.6ポイント改善。厚生労働省が同日発表した10月の有効求人倍率は0.44倍で、前月を0.01ポイント上回った。有効求人倍率の改善は2カ月連続で、過去最低だった8月より0.02ポイント高くなった。

 長妻昭厚労相は同日の記者会見で「依然として厳しい状況に変わりない」との見方を示し、雇用調整助成金の支給要件を12月から緩和する方針を表明した。年末の失業者増を抑えるのが狙いで、直近3カ月の生産量や売上高が前々年同期比で10%以上減少した中小企業を助成対象とすることを検討している。

 自動車や機械関連の雇用が持ち直していることが失業率、求人倍率の改善要因とみられるが、不況が深刻化した昨年秋以前よりは悪い水準のままだ。円高で輸出関連の冷え込みも予想され、本格的な改善には時間がかかるとの見方が根強い。

 10月登録分の求人・求職者でみた新規求人倍率(季節調整値)は0.78倍で前月比0.01ポイント減。10月の完全失業者数は344万人で前年同月比89万人増加した。

毎日新聞

消費者物価指数:100.1…8カ月連続で下落 10月

総務省が27日発表した10月の全国消費者物価指数(05年=100、生鮮食品を除く総合)は、前年同月比2.2%下落の100.1で、8カ月連続で下落した。

毎日新聞

東京外為:一時86円台に突入 14年4カ月ぶり高値水準
1ドル=86円台になったことを示す外為どっとコムの電光掲示板=東京都港区で2009年11月26日午後1時56分、梅村直承撮影
1ドル=86円台になったことを示す外為どっとコムの電光掲示板=東京都港区で2009年11月26日午後1時56分、梅村直承撮影

 26日の東京外国為替市場は、米国の低金利政策の長期化予測から、ドルが全面安となる展開となり、円相場が急伸。1月21日につけたリーマン・ショック後の最高値1ドル=87円10銭を突破し、一時86円50銭台前半まで上昇した。86円台となったのは95年7月以来14年4カ月ぶりで、輸出が景気を支える日本経済に暗雲が垂れこめてきた。午後1時55分現在、1ドル=86円30銭前後で取引されている。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が24日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨をきっかけに、米国の景気回復には時間がかかるとの見方が強まり、ドルは主要通貨に対して全面安の展開となった。26日の東京市場でも正午過ぎにドルを売る動きが加速。午後0時半過ぎに、前日午後5時比で1円90銭程度の円高・ドル安の1ドル=86円50銭台まで円相場が急上昇した。

 FRBが米国経済の見通しについて、「持続的な成長を確認するまでには長ければ5〜6年かかる」と慎重姿勢を強調したことを受けて、ゼロ金利政策の長期化予測が浮上。米当局が「緩やかならばドル安を容認している」との観測も強まり、相対的に金利が高い新興国通貨や商品市場への資金流入が活発化。ドル安の加速とともに円も買われる展開が強まった。


『必殺仕分け人』なんて言う茶番劇をやってる間に『失業率は横ばい』『消費低迷』『円高』となってしまった。

円高はダメリカがドルをじゃんじゃん刷っているから、こっちも貨幣供給量を増大するか、日銀がダメなら政府紙幣発行でもすれば良い話で、消費低迷も50万円の高額給付金でも出して消費を刺激させれば良いし、失業率増大だって刑旦連が雇用責任を取らなければ公共事業をどんどん増やすか累進性課税制度を導入すれば良い。

そんな事すら出来ないんだwミンス党は。

逆にやっているのはパープリンのレンホーなどがやってる『必殺仕分け人』と言う茶番劇で『国は無駄をどんどん減らします、国民は痛みに耐えましょう』という緊縮財政の馬鹿騒ぎだろ。こんなので国が良くなると思っているのは、今じゃ誰にも相手にされずネットで暴走する変態老人ぐらいのものだけど、こんなのに限って個人の自由を放棄して権威にすがるのだな。

ミンスもこのままでは痴民と同じ様に権威失墜すると言う事でこう言うのを認めた。

デフレ:政府、月例経済報告で認定…3年5カ月ぶり

 政府は20日発表した11月の月例経済報告に「緩やかなデフレ状況にある」との表現を盛り込み、日本経済がデフレ状態にあると公式に認めた。月例報告でのデフレ認定は、06年6月以来、3年5カ月ぶり。デフレについて「景気を下押しするリスク」とも明記し、先行きへの警戒感を示した。

 菅直人・副総理兼経済財政担当相が関係閣僚会議に提出した。


やっと認めたかw

だったら、火急的に速やかに『デフレ脱却』の為に政府紙幣を発行して積極財政で景気回復させろ!!これに反対するのがいるようだが国民がいままで耐えた分のお返しをしますと説得しろ!!それでも反対するなら『抵抗勢力』と言う事で断固戦え!!

国民が求めているのは血を求めるバカな茶番劇ではなく、無間地獄から脱却して安心した生活をする事だ。

そのためには『何かを破壊せねばならない』攻撃衝動を廃して、権威主義から脱却し。本来あるべき自由を取り戻さねばならない。

0

2009/9/30

お金がなかったら刷りなさい  民主党政権

円高・株安“火消し”に躍起、藤井・亀井両大臣

 自らの発言が円高を招いた藤井財務相は29日、一転して“火消し”に躍起となった。

 為替介入に否定的な見解を繰り返していた藤井財務相は同日の閣議後の記者会見で、「(為替が)異常に動いたら、しかるべき措置をとる。(今の円高は)少し急激すぎる」と述べ、円売り・ドル買い介入の可能性を示唆した。

 この「口先介入」に市場は敏感に反応し、同日の東京外国為替市場の円相場は4営業日ぶりに円安・ドル高に振れた。

 一方、亀井金融相は、中小企業向け融資の返済猶予方針が株安の材料とされたことについて、「返せる借金を棒引きにするなんて言ったことはない」と強調。「あんたたちがおかしなことばかり書くから」と記者団にいらだちを隠さなかった。
(2009年9月29日20時27分 読売新聞)

『地獄行きの切符』を手に入れたようだな、インフレ恐怖症のガチ緊縮財政ジジィwwwwwwwww

急激すぎるとかそんなのでは無くて、ダメリカの方がドルをどんどん刷ってるからそうなっただけで、これからもますます続くから為替介入をしたって焼け石に水、金をドブに捨てる様なものだ。

そうとなればダメリカと同じ様に『金がなかったら刷りなさい』とやるしかないだろ。貨幣供給量の増大で円安になると言うのは前の円高の時でも言われた話だから、それを速やかに実行すべきである。

前の円高の時もそうだったけど、このガチ緊縮財政ジジィと同じ様に日銀も『インフレ恐怖症』だから、そうも簡単に貨幣供給量の増大はしないだろう。ならば政府紙幣の発行を行って圧力をかけるしか他に無い。

『売国戦争状態新聞』の「ウォーズ・ビジネスサテライト」当たりが云っていた『円高のおかげで海外旅行が格安で行けたニダ、日本は諸外国より豊かセヨ』と言うノー天気な状況では無いのは下記の事でも証明されている。

8月の物価指数、過去最大2・4%下落

 総務省が29日発表した8月の全国消費者物価指数(2005年=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く総合で100・1と前年同月比で2・4%下落し、4か月連続で過去最大の下落率を更新した。

 物価下落は6か月連続で、デフレ傾向が一段と強まっている。

 物価が大幅に下落した最大の要因は、昨年の原油高の反動による影響だ。最近の原油価格は1バレル=70ドル前後で上昇傾向にあるが、前年同月の1バレル=100ドル超の水準と比べれば低水準にある。このためガソリンは前年同月比31・4%、灯油は44・9%、それぞれ下落した。この2品目で、生鮮食品を含む総合指数を前年同月比で1・47ポイント押し下げた。

 一方、消費低迷による値下げ競争の激化などで、エネルギー関連以外にも価格下落の傾向が強まっている。生鮮食品を除く食料は0・5%下落し、06年8月以来3年ぶりにマイナスとなった。百貨店などでの衣料品の不振を反映し、「被服及び履物」も0・6%下落と8か月連続のマイナスだった。食料とエネルギーを除く総合指数は0・9%下落で、マイナスは8か月連続だ。

 また、先行指標となる東京都区部の9月の消費者物価指数(速報値)は生鮮食品を除く総合指数が99・7と前年同月比で2・1%下落し、過去最大の下落率を3か月連続で更新した。
(2009年9月29日11時02分 読売新聞)


これで解る様に前の円高のときより状況が悪くなってる。格安とも言うが、そんなのは前の円高の時からずーっとギリギリにまで格安をし続けているから、期待出来ない。

そうなればこれを機会に『デフレギャップの脱却』を打ち立てねばならない。マニフェストだ国際公約を遵守するのではなく、まず第一に『国民を飢えさせない』『戦争状態にさせない』『不義の輩に政治をさせない』事であり、そのためには『インフレ恐怖症の克服』のための改革を行うべきである。

これをせずにして変な法案をスイスイ通して大本営発表でやったら、必ず地獄に堕ちるのは総選挙前の自民党の末期症状で証明されているから。

政権交代で変革したと言えるのは、変な法案でも公的投資の中止ではなく、日銀、罪霧省、マスゴミなどの旧態依然のインフレ恐怖症、増税勢力を一掃して、経済のパイを上げる事によって国民を豊かにする事にある。

【副管理人 リュッチェンス桔梗】
2
タグ: ダメリカ 日銀 円高

2009/9/25

エコバブル?  民主党政権

あの自称被害者さんが面白い事を書いてくれたので、ここに挙げておく。

【(鳩山公約を達成するには)全ての新築家屋に太陽発電装置を義務付け、新車の90%、日本の全車数の40%をHVにした上、現在の太陽光発電を55倍に増やす必要がある。】

これを実行したら、どれほどのカネが市場に出回るかちょっと計算してみな?いざなぎ景気どころじゃないよ?前史以上のバブルの到来だ。そもそも国民のカネ 1400兆円は使われないで眠っているから不景気なんだろ?それを無理にでも使うようにすば物凄い内需によって好景気が到来する。


へーっ、こりゃ凄いわ。本当にこれが実現したらエコバブルの到来だね。特に凄いと思ったのは

もし国民一人当たり36万円の負担=内需拡大を義務付けるような政策が実行されれば世の中はいっきに活気付く。それは負担の額をはるかに上回る好景気をもたらす。

それだったら言わんまでもなく政府紙幣を財源にした一人当たり40万円の高額給付金を実施してもらいたいね。

多分、鳩山内閣の公約達成は『絵に書いたモチ』に終わるでしょうね。自称被害者が云う『エコバブル』になる以前に必ず聞こえるのが『財源』と言う奴。

これに関しては『デフレギャップ脱却による景気回復』を公約して『財源はデフレギャップ500兆円を基本とした政府紙幣』とも云えば、本当に鳩山内閣はただ者じゃないニダとも云えたのにね。

残念な事に自民党よりも政府紙幣の価値や使い道を知らないのが民主党で、政府紙幣以前に国民新党の積極財政を受け入れるか受け入れないのかの瀬戸際なのにね。

何せマスゴミの『現実路線』でブレた前科もあるし、財源の問題で反故もあるからね。それに次いで国民新党の積極財政を受け入れなかったら、思い切った経済政策は出来ないと言う事で自民党二の舞になる。

そう言う事も考えておく様に。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ