2009/9/22

互助の精神  共生共存の国

喜八ログから引用

■「TENOHASI」は前身団体の頃から合わせると10年以上にわたって豊島区立南池袋公園で、ホームレス状態の方を含む生活困窮者のための「炊き出し」を月2回続けてきました。

しかし、豊島区は「南池袋公園は東京電力の変電所並びに区の駐輪場建設のため本年(2009)09月14日をもって閉鎖し5年間の工事に入るために炊き出しができなくなる」こと、また「地元商店会などからの苦情が多いために、今後は他の公園で炊き出しのための使用許可申請を出しても認めない」旨を、炊き出し実行者側に通告してきました。

また「TENOHASI」が、炊き出し継続のため今まで通りの公園占用許可を他の公園でも認めるよう豊島区に要望したところ、「今後炊き出しのための占用は許可しない」と回答したそうです。


一体何を考えてるのだ、T区の小役人はwwww!!
とも言いたいけど、他に何やらかの手段があっても良いものですがね。炊き出しする側だって商店街などの苦情が出ない対策(特にゴミ対策)をやってるものだし、それなりの配慮も行ってる。

公園は、みんなが集まり、そこで休憩して、ご飯を食べたり相談したりおしゃべりしたりする場所です。今後のTENOHASIの炊き出しも、みんなでご飯を食べたり、心身の調子が悪い人や生活を変えたい人が相談したり、集まってお茶を飲みながらおしゃべりするという、通常の公園使用の範囲内で行います。もちろん、他の利用者に迷惑が生じないよう配慮しながら・・・。
そのため、公園に滞在する時間を短縮し、配食の時間を遅らせ、一般利用者が少ない時間にします。周囲の商店街にはスタッフを配置し、ゴミなどの問題が起きないようにします。

しかし、炊き出しに並ぶ方は今も増えています。経済危機が路上生活者を激増させ、そのことで炊き出しへの苦情が増加し、そのために炊き出しが危機に瀕することになるという悪循環が続いています。その悪循環を断つには、私たち自身が細心の注意をしながらタフに立ち回り、地域との共存を図っていくしかありません。
「TENOHASHI」から引用。

思うのだけど、こんなご時世だからこそ、この様に誰かを前向きに生きさせようと『努力』する人を支援するべきではないのか?それが『感謝の気持ち』となって誰かにバトンタッチされて、その他の困った人たちを助けようと受け継がれて行く。

これこそが本来の「受け継がれるべき美しい日本の心」と言うものではないのか?

貧困救済とか貧困問題とも来れば何かと言われるものがあるのだが『誰かを救ってやる』などと言う偽善ではなくて、厳しいご時世だからこそ互いに助け合って、前向きに生きることを共通する事によって『世の中は自分だけで生きている訳ではない』と実感するのでは無いか。それがほんとうの道徳教育だと思うね。
5

2009/9/15

格差での危機感より是正に対する建設的意見を云うべき  共生共存の国


城内氏のブログで書いたものだが、「承認待ち」と言う形になったのでここで書いておく。

伊和代さん、
>いずれにせよ、問題山済みの国政にあって、ブログランキングごときことでごじゃごじゃいう城内さんにはがっかりですよ。

 まぁ、格差問題に危機感を持てと言った御仁ですからね。だったら何ですが『格差問題とか云うが、近隣諸国の脅威について危機感を持て』と言う人たちに、そのご高説を言ってもらいたいね。
http://www.azaq-net.com/bbs/bbs.cgi?tani6010

 それで格差是正で建設的なお考えをするなら城内氏のみならずケーキ屋氏の掲示板に来訪して議論してもらいたいね。あれは経済専門の掲示板だから格差是正に対する建設的な意見もありますよ。
(訂正部分)
http://www2.rocketbbs.com/11/bbs.cgi?id=cakeya

これについては前のコメント欄にも書いているが、伊加代と言う人物がここに来るとも限らないからな。

わたしたちのように、直接、大臣や議員や偉い学者先生方に意見を伝える機会のない庶民にとって、ブログ上でそういった「偉い」方々を批判、非難、批評するとことは、一般人にとって唯一の「権力・権威」へ「物申す」機会です。

名もなき庶民大衆の唯一の発言の場であり機会であるブログからの意見や主張の発信については、これに聖域をもうけて、だれにも抑圧をさせないように気をつけなければならないと思います。

ほんとうは小泉・竹中の撒き散らす害毒についてそれほど危機感がなかったからです。小泉政権によって職を失ったり、自殺したり、病気になったり、ホームレスになったりして方々への深刻なまなざしが、あなたにもともとあまりなかったからですよ。


それに前のコメント欄では『ネット世界の自由』云々と言ったのだから、それをフェミナチ掲示板で同種の事をしてもらいたいね。格差問題や貧困問題について云えるけど、それに危機感を持てと言うのではなく、格差是正についてもの申したいものだね。

1

2009/7/31

他にもやるべき事はあったのでは  共生共存の国

先ほど城内実事務所に電話を入れたのだが、その内容としては

1・無党派票の取り込みとして本当にあのポスターは必要であったか。その他に手段は無かったのか?

2・新風連の『星条旗落書き事件』の例にある通り、右派が足を引っ張っているのが現状だから、これらに距離を置くか切り捨てる事。


1に関しては「発達障害者自立支援」に対して発達障害者支援団体と対策を考える事であるが、これに関しては社民・共産両党が積極的に行っているものの、城内氏がこれを理解にして政策に盛り込むべきとも発案した。

城内氏には明かしているが私自身、『広汎性発達障害およびアスペルガー障害』を抱え込んでいるため、現在は月に一回ある支援団体会合に参加したりして交流を深めているが、それで思う事は『コミュニケーション能力』『理解力の欠如』などのハンディギャップを抱えて社会不適格で悩んでも、それなりに日々を一生懸命前向きに生きている事であり、『自立支援』があるのも、彼らが世の中を前向きに生きていく誇りと自信を持たせる為にあるのでは無いかと思う。

アスペルガー障害については和田秀樹氏のブログにもあるので、関心のある方は参考にしてもらいたい。

喜八氏が紹介した『ホームレスの為の自立応援』であるビッグイシューも同じ要領であり、こういった自立支援や応援を理解して地道に活動した方がよほど無党派に対して良いのだと思う。

2に関してはもう言うまでも無いだろう。今回の件にある通りネットウヨがやたらと騒ぎ出した為に炎上しては冷静な対処が不可能だったために今でも沈静化していない。

つまり『足を引っ張る事』ぐらいしか出来ない。

本当、そのおかげで「ネットウヨ批判」としての『城内実批判』まで展開しては票に悪影響を受けているとしか無い。

あの星条旗事件の張本人を斬らなかったあまりに『維新政党新風』『新風連』が世間の信用をなくすほどの再起不能な状態になったか解る。

ある意味でどこぞのチキンホークが城内氏を支持した構図にも似てる。

思うのだけど、自民党が崩壊寸前だからといって城内氏に依存しないでくれる。そのおかげで無党派層に誤解を招いて悪影響を与えてしまった。

そう言う事で城内氏に依存して迷惑かけるよりは『新風連』『在日特権を許さない会』と言う相応しい居場所があるから、そっちに行ってくれない。頼むから。
3

2009/7/26

本当の強い国とは  共生共存の国

自民党が下野する危険性がある時に必ずあるのが『日本の伝統を保守しようと目覚めている若い人はどうするのだ?』と言うお声だが、それに対しては『自民が下野をすればそれまでの存在』だと思っている。

しかしその言葉がどれだけ信用ならないのかはあの秋葉原連続殺傷事件での見解で明らかになっている。あの様な凶行に至ったのは『他者からのつながりの断絶』であるのだが、彼自身が『安定的な生活と人とのつながりを欲する』と言う自体が至って「保守的」ではないか、人とのつながりから断絶されて自由になった以上、犯罪が起きる危険性があるのは言うまでもない。

その側面を見ず、ただひたすら『正しい歴史認識で自分自身に誇りを持って、尊厳と誇りを持とう』『正しい歴史認識で愛国心を持てばしっかりできる』とばかりに「だらしない」「甘ったれるな!」とまでに押し付けるのだが、自分自身が世間から乖離されて同じ立場にさらされればどうなるのか?

安定的な生活と人のつながりがあれば『人に迷惑をかけて、世間に後ろ指を指される』事がどのようなものか理解してるからこそ犯罪を犯す事は出来ない。人が個人だけで生きていけない以上、安定的な生活や人とのつながりを持つ事はごく自然な事ではないか?

それを放棄して『だらしない』『甘ったれている』と非難して「正しい歴史認識」だとか「愛国心」だとか言う自体、世間から乖離したカルト宗教の発想しかない。

思うのには自治労や日教組だってそれなりに地域に対して貢献しているのに、あなた方はそれ以上に地域に貢献してるのか?「正しい歴史認識」と言う題目で『日本をここまで腐らせた日教組と自治労はいらない』とまでに能書きを垂れるが、自分自身はそれぐらいに地域や共同体に対して貢献しているのか?もし、自分自身が地域や職場などで要らない存在であり、叩き潰される立場に立たされればどうなるのか?第一、それから逃げている。

そうなれば嫌でも偏狭で独善的な思考になるから、相手の足を引っ張るか排斥する事しか無くなる。人間性と言うものまで摩滅してるから、まともな人間では無くなる。それが本当の『堕落』ではないのか?それが故に世間から『右派はまともではない』とまでに言われている。

だからこそ『海外に舐められない強い国』と言うよりは『誰もがまっとうに生きていける共生共存の社会』こそが本当の『強い国』ではないかと思う。
2

2009/7/25

ビッグイシューについて  共生共存の国

喜八さん、告白しますが・・・・
実は私も購読してたのですよ『ビッグイシュー』・・・

今の私があるのも「ビッグイシュー」のおかげもあるのです。
初めはお堅い国際派の記事やイラク戦争関係そして民営化の問題などに興味を持っていましたから、そのおかげで『民営化?うさん臭い、もしかしたらアメリカ化ではないのか?』とまでに思いました(案の定そうなりましたけど)。

最寄り駅にないものですから、梅田に行く時にたまに購入しては電車の中で読むほど面白い雑誌でした。

特に印象があるのは2005年1月15日の特集、「2005年夢と願い」です。

その中にはニートなどが何を思って夢を見ているのか?と言う事も書いていましたが、何よりも『柳生新影流は平和を愛する剣術だった』と言うのには印象がありました。

後で知った話ですが、柳生但馬上が『武家諸法度』を作成する際に「戦争の悲惨さを知っているからこそそれを繰り返したくない」思いで作成し、それに尽力したとの事です。(・・・そう言う事ですから、どこぞのチキンホークさん、その名前を使わないで下さい。あまりにも失礼です(笑))

『苦労したのだからこそ、人の汗と苦しみ、痛みが解る』とある様に「戦争の悲惨さが解ってこそ、平和のありがたみが解る」のではないでしょうか?

これこそが本当に保守すべき日本の伝統であり、子々孫々に受け継がれるべきものではないでしょうか?

日本人が戦争を忌み嫌い、平和を希求するのは『平和憲法』もありますが、何よりも「相手の痛みは自分自身の痛みでもある」と言うのを美徳としており、「相手を叩き潰すより、自分自身が叩き潰される事を考えよ」としたからこそ「思いやりの精神」「共生共存の社会」を志向したのではないでしょうか?

そう言う意味では英霊達が望んでいたものは「靖国参拝断固支持」でも「中韓怪しからん」「再軍備」ではなく「先代から受け継がれた伝統を保守して、平和な共生共存の社会を守る」事だと思います。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ