2009/7/12

誰がための改革  偽装改革

今日がやっとの東京都議会選挙ではあるが、これに敗れて『麻生降ろし』を行ってはマスコミなどは『総裁選祭り』でもやるのだろう。あまりテレビなど見ないから、状況などあまり解らないが、一説では麻生首相が解散権を発動するとか。

本当にお祭り騒ぎが好きだね、マスコミは。解散権も本当は『陛下の大権』であるのだし「六法全書」でも「内閣総理大臣の権利」とは書いていないのに。
郵政選挙だって「内閣不信任案」や「総辞職」も出ていないのに、それでも『解散』と騒いだ前科もありますから。

選挙前に敗れるとか言うのも不吉な言葉だが、これと言うのも麻生にせよ、院政をやりたがる横須賀の暇人にしろ、改革と良いながら、思い切ったことをせず、ただの自己保身の為の改革だったから、それを見抜かれて国民にそっぽ向かれた事かもしれない。

最後のあがきにタレント知事を出して状況を打開しようなどともするが、総裁選と同じくただのお祭り騒ぎで国民に恩恵が無いからこれも無理だね。それぐらい小泉「保身」改革で国民の側からシビアに政治を見ているのだから。

「消費税をゼロにします」「憲法9条を破棄して北朝鮮に舐められない国を」と言う政党も、東京都議会選挙に出馬したとか。これに関しては皇室問題もさる事ながら、ボスがあの状態で、国民に恩恵を受ける様な思い切った経済政策を出してはいない。あるのはただの甘言だけ。

シビアに見ていると言う点では世間でのネット右翼に対する態度。これもマスコミやどこぞの格差肯定団体と同じく『娘の身売りなどの東北の農村の窮状を考えず、大東亜新秩序の理想に奔走した者』に対する冷淡な態度。

「恩恵など受けるなど甘ったれるな」と言う意見もあるが、大衆と言うのは共産党が恩恵を出せば「共産党万歳」自民党が恩恵を出せば「自民党万歳」であり、高尚な政治理想よりはその日をどうやって生きるのが現実であるのが庶民の本音。

古い自民党のケースでは、終戦直後に辛酸をなめて来た人が『国民を食べさせていく為』にどれだけ公共投資を行ったり、仕事を探してまで支持を集めて来たのもそのため。

だいたい、大衆から高尚な政治思想が受けいられるのは衣食住が足りて余裕が出た時だけであり、そうでなければ「この様な状況でそんな高尚な事が言えるのか」と冷たくあしらわれる。貧困ほどどれだけ人間性が摩滅して、精神に異常を来すほど恐ろしいものはないから。ただ流血を求める粛清をやりたがるのもそのためだし、現実そう言った凶悪犯罪も起きている。

私自身がネット右翼批判をするのも「北朝鮮情勢にある通り、平和ぼけで良いのか!のに対して「国民がまっとうに生きられるのかそうでないのかと言う極限状態で、そんな奇麗事が言えるのか?」とね。

相手を出し抜き出し抜かさねば生きていけない社会は、最終的に自分自身が食われる事になるから不安になって何かと相互不信で攻撃的な態度にならざるを得ない。そんな社会よりも「誰もがまっとうに生きられる共生共存の社会」「相手を認めあって認めあう切磋琢磨な競争社会」こそが望ましいのは当然であり、それが守るべき国柄だと思う。
1

2009/7/10

マスコミよ曹操の爪のアカを飲め!  偽装改革


郵政問題で一番国民の事を思って、悲痛の叫びで訴えて来たのは小林興起氏ではないかと思う。確かに『怖い人』『強面』ではあるけど、国民の事を本気で心配して真剣に考えてこそあれほどにまで悲痛な叫びを出したのだと思われる。

『国を思う悲痛な叫び』

私が初めて小林興起氏の事を思ったのはそれである。
これ自体が「感情論」だとお思いの方は、小泉政権下での台湾への態度に対して悲痛な叫びで訴えて来た在日台湾人達についてもそれが言えるのか?

本気で国民やこの国の事を心配して、悲痛な叫びで訴えようとしている人の言い分に耳を貸さずに、本当にこの国がよくなるのか疑問だ。

そう言う意味では、この国には本気で子供を思って叱ってくれる『親父』がいなくなった事に危惧するね。こんな事で本当に教育が大丈夫なのかと思うね。

天下国家だなんだと言うのも良いが、それ以前にこの様な本気で国民を思って真剣に叱ってくれる人を大事にしてもらいたい。

そう言う意味では今更言っても何なのだが、マスゴミと言うのは本当に罪深い。
本気で国民の事を心配して真剣に考えている人物に対しては『イデオロギー、政策』のフィルターをかけて国民に真実を見せないばかりか、そのフィルターを利用して庶民を馬鹿にしてる様な人間を褒め上げている。それで利用価値が無かったり、都合の悪い事になると政治生命を潰すほどバッシングする。

巷に言われている『ネトウヨ』ことネット右翼などがその象徴ではないのか?
事あるごとに『左右対立』のフィルターをかけて判断すると言う所が全く似ている。本当に日本の国益や国体について真剣に考えて心配しているものにフィルターかけて、そのフィルターで国体破壊者をヨイショしてたところがそれではないか?

改革そのものは失敗に終わったし、本気で目を覚ましてくれればそれに越した事は無い。桔梗殿が書いての通り、改革とは失敗すれば白紙に戻して斬り捨てるものであり、それを過去の栄光期であったり黄金時代だと執着すれば見限られるのは当然だから。

喜八氏の言う通り「良き転向」をすべきだよ、『裏切り行為』と思われるが、改革そのものが利権の執着やら、恩恵が無ければ見限るのも当然の事だし、「裏切った、裏切られた」と言うしがらみを斬らねば改革と呼べるものではない。

小泉が支持されたのだって、そのような冷酷さとドラスティックな態度で改革を臨んだのであり、世襲問題で顰蹙を買われたのはそのためではないか?

その世襲問題、小泉は世襲議員であるのに対し、小林興起は非世襲議員で、ビンボーの苦労をした叩き上げの議員。前者はヨイショされるものの、後者は何の弁護も無く悪いイメージの垂れ流し。こんな事だから気付いた国民にそっぽ向かれて視聴率が下がる。

馬鹿馬鹿しいのはやめて景気をどうにかしろ。

と言うのが国民の本音ではないか?
それを熟知してるから、ネットに八つ当たり報道して悪いイメージを垂れ流してるのでは無いか?近頃そう思えてならないよ。

そんなに改革が好きなら、レッドクリフが大ヒットして三国志があれほど認知されたのだから、改革者で有名な曹操孟徳の爪のアカを煎じて飲めと言いたいね。
4

2009/7/7

破滅するのはお前の方だ!  偽装改革

静岡県知事選挙、投票率60% 自民四選惨敗、ざまああぁぁぁwwww

当り前だ!
デフレの最中に『増税』など打ち出して、思い切った景気対策などやらず『焚書坑儒法案』などと言うつまらない法案などの審議をやるからだ。

本気で改革などする気があるのか?自民党。
特に小泉、なに逃げ回ってバカ息子を出馬させる。そんな事をしてる暇があったら、お前の息子や取り巻きどもの手綱を締めても思い切った経済政策を行う様、麻生内閣に圧力をかけるべきではないのか?それが出来なかったから、国民から失望されたのではないか?

『金融危機があるから改革が停滞した』それは言い訳だろ。
本当に国民の為に改革するなら、緊縮財政派を切り捨ててでも思い切った積極財政を行うべきだろう。マスコミが反対でもすれば『抵抗勢力』と言えばいいではないか。

それすらしない、やった事と言えば利権構造が道路族から清和会、土建業から経団連・外資系企業に変わっただけではないか。どこが「古い自民党」から脱却したのだ?

利権や利益誘導が悪いと言うが、だったら経団連が国民に恩恵を出したのか?

全くないだろう、逆に『国際競争力を上げる為に』と非正規雇用を増大させ、ネットカフェ難民に代表する様にワーキングプアを招いては、今度は金融危機になったら『派遣切り』をやって景気悪化に拍車かけたではないか。

小泉内閣が「官から民へ」と言うなら、その尖兵である経団連が率先して法人税減税の分を雇用の拡充や安定、所得の倍増で内需拡大して景気対策に貢献すべきではなかったのか?

それをせずに、ただ国民に「痛みに耐えろ」と押し付け、ただいたずらに痛みに耐えさせただけあり、同じ利権政治とは言えまだ「古い自民党の方がよかった」と思わせた時点で失敗ではないのか?

それに国民が気付いてそっぽ向いただけだ。

その結果が四選敗退で現れたから、今度の東京都議会選挙は危ないな。

今度破れたら「麻生降ろし」と総裁選の馬鹿騒ぎでも起きるが、こんなのに熱を上げるのはマスゴミだけで、その時には小手先の景気対策も効力が切れるから、思い切った政策も出せない政権など用がない。

破滅するのはお前らだ、自民党。


『桔梗電信網』副管理人 リュッチェンス桔梗
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ