2013/4/24

法人登記の証明書  マネーと投資の情報

法人登記については、登記の申請が受け付けられた場合、登記簿にその申請した内容が記録されるようになっています。
一般的に法人登記の証明書を取るには、証明書を発行する法務局コンピュータで繋がっているので、最寄りの登記所で取得可能です。
不動産の法人登記の場合、登記事項証明書というものがあり、これで対象不動産に関する権利関係や履歴が確認できます。

法人登記の証明書は、不動産の場合、不動産を担保として、どのくらい借入れているかを確認することができます。
また、会社法人登記の証明書は、事業内容の調査についても、便利に使用することができます。
株式会社が数種類の株式を発行している場合、法人登記の証明書は、種類と内容についての確認もできます。
また、法人登記の証明書は、不動産を購入するに際して、現所有者の確認にも有効に用いられるものです。
その際、法人登記では、登記事項証明書が必要で、記録された内容を書面で発行し、どんな内容の登記なのかを証明します。
どんな登記が法人登記でされてきたかなどを確認するために必要な書面が、証明書になります。
例えば、不動産の法人登記なら、誰がその不動産の持ち主になったのか、あるいは、誰の抵当権が設定されている不動産なのかが記録されます。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ