2013/6/28

ミャンマー投資と環境  マネーと投資の情報

ミャンマー投資が人気なのは、元々、ミャンマーは豊富な天然資源や人的資源に恵まれていて、環境が良いからです。
第二次大戦後は、経済的な成長を遂げられず、軍事政権が長く続き、ミャンマー投資というのはあり得ませんでした。
当時、民主化の遅れなどから欧米からの経済制裁を受けていた現状もあり、ミャンマー投資というのは程遠い印象がありました。
しかし、近年、ミャンマーの民主化が進み、環境が整備されたことから、ミャンマー投資が大きく注目されるようになりました。
東南アジアの中でかつて最も裕福な国の一つであったミャンマーは、最高の環境を有していて、ミャンマー投資は価値があるのです。
また、欧米からの経済制裁も大きく緩和されたことで、成長への期待が高まり、ミャンマー投資をする人が急増しています。
現在のミャンマーの環境は良好で、テイン・セイン政権発足から2年が経過していて、ミャンマー投資も好調です。
国際社会への復帰を進めようとしているミャンマーは、環境整備が構築されていて、ミャンマー投資が活発化されています。
また、新政権も安定しているとは言えず、インフラ環境と共に、政治的な不安もあって、ミャンマー投資に不安が残ります。
いずれにせよ、インフラ整備の遅れは今後のミャンマー投資の伸びに大きく影響することは避けられません。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ