2013/4/30

法人登記上の目的変更  マネーと投資の情報

法人登記をする上においては、運営していると事業内容について、変更ができるようになっています。
目的変更の法人登記をする場合、定款目的には制限がないので、いくつでも登記することができます。
また、法人登記の定款目的については、1つ削除するのも10個削除するのも、同じ登録免許税になります。
一般的に法人登記において、会社の目的を変更する場合は、まず、定款の変更を行わなければなりません。
また、法人登記の事業目的変更をする場合、許認可業種には、十分に注意しなければなりません。

法人登記の目的変更が株主総会の決議が成立すると、法務局に対して、申請する書類を作ります。
具体的な法人登記に記載する事業目的については、インターネット上の会社目的データベースを見ればよくわかります。
会社設立後すぐにする事業を2〜3つ、そして将来的に展開しようと思う事業を2〜3つ法人登記で記載しておけばOKです。
その際、法人登記の事業目的には、法律に定められた事業名が書かれていないと、許可が下りないケースがあります。
株主総会での法人登記の目的変更の決議は、特別決議となり、目的変更する場合、許認可ごとに合った事業内容を追加しなければなりません。
0

2013/4/29

法人登記の必要書類  マネーと投資の情報

法人登記の必要書類と言えば、設立登記申請書があり、これは会社の登記を行う際の申請書を指します。
また、登録免許税納付台紙も法人登記の必要書類で、これは登録免許税を納付するための印紙を添付する用紙になります。
この場合の法人登記の必要書類については、公証役場で認証を受けた定款が必要なので、注意が必要です。
委任状も、法人登記の必要書類になりますが。
法人登記の必要書類には、発起人の過半数の一致を証する書面もあり、設立時役員の氏名を具体的に記載していない場合に必要になります。
払込みを証する書面も法人登記の必要書類で、これは会社に対して資本金が払われたことを証明するための書類になります。
コンピュータ庁でない場合は、法人登記の必要書類は、登記用紙と同一の用紙を用いることになります。
資本金の額と資本準備金を発起人全員の同意により定めた場合にも、法人登記として求められる必要書類の1つです。
CDもしくはFDに収納するか、OCR用申請用紙に記入して法人登記の必要書類を提出することになります。
法人登記をする場合の必要書類としては、登記用紙と同一の用紙が必要で、会社の本店所在地を管轄する法務局で取得できます。
発起人決定書及び発起人会議事録も法人登記の必要書類ですが、これは会社の本社住所などを定めていない場合のみ必要です。
0

2013/4/28

法人登記の登記情報提供制度  マネーと投資の情報

非常に便利な法人登記の情報制度は、電気通信回線による登記情報の提供に関する法律で定められています。
法人登記の情報は、所定の手数料を納付すれば、従前の登記簿の閲覧に代わる登記事項要約書の交付も請求できます。
会社や法人の法人登記のための登記事項証明書や登記簿謄本などの有益な情報を確保することができます。
この法人登記の情報については、誰でも所定の手数料を納付すれば、その交付を請求することができます。
登記事項証明書についても、法人登記の情報交換システムにより、最寄りの登記所から他の登記所管轄のものを取得できます。

法人登記の証明書についての情報としては、印鑑を登記所に提出している人は、手数料を納付すれば、印鑑証明書の交付を請求できます。
登記所の窓口に証明書発行請求機が設置されている場合は、容易に、法人登記の情報を得ることができます。
印鑑証明書を法人登記で請求する場合は、申請書に、会社の商号、本店、印鑑提出者の資格と氏名、そして印鑑カード番号を記載します。
一般財団法人民事法務協会が指定しているのが、法人登記の登記情報制度で、便利に利用できるようになっています。
この法人登記の情報は、インターネットを利用することで、一般利用者が自宅や事務所のパソコンで確認できます。
0

2013/4/27

法人登記の規則  マネーと投資の情報

法人登記の規則では、組合員の加入での新組合員の組合原簿については、前の組合原簿に編綴するとしています。
商業法人登記の規則では、印鑑証明書を二つの観点から要求するように定められています。
代表権を持つ人間が実在していることを確認するために、そうした法人登記の規則を定めているのです。
保証責任又は無限責任の組合についての法人登記の規則は、附録第3号の様式にのっとって丈夫な紙を用いて調製します。
相当区に登記する場合は、法人登記の規則として、登記すべき事項の名称が表示と同一でない場合、名称を付記してはならないとしています。
甲登記所の管轄地の一部が乙登記所の管轄に転属したときは、法人登記の規則として、甲登記所は登記記録と附属書類を乙登記所に移送しなければなりません。法人登記の規則は、法人及び外国会社を除いて、その他の外国法人の登記の取扱手続に準拠するものとしています。
登記官は、組合原簿の表紙に受附の年月日及び番号を記載しなければならないと、法人登記の規則で定めています。
商業法人登記の規則では、選任手続の真正を担保させるため、議事録への実印押印と印鑑証明の添付が必要です。
代表取締役が会議に出席し、法務局に届け出ている会社実印を押印した場合は、法人登記の規則では、印鑑証明書の添付は省略できるとしています。
0

2013/4/26

法人登記の仕方  マネーと投資の情報

法人登記の仕方は、まず、どのようにすればいいのか悩みますが、面倒なら、行政書士などに依頼することができます。
訂正の際には代表印が必要になってくるので、法人登記の仕方として、印鑑を持って行くことも忘れないことです。
後は、取締役の就任承諾書や取締役の印鑑証明書、印鑑届出書、OCR用申請用紙などが法人登記の仕方で必要です。

法人登記の仕方で必要な書類には、会社設立登記申請書、登録免許税貼用台紙、定款、資本金の払い込みがあったことを証明する書面が必要です。

法人登記の仕方は、申請書を入れればOKですが、その前に一応、職員に書類をチェックしてもらいましょう。
必要な書類が揃った時点で、会社の設立予定地の市区町村を管轄している登記所へ提出するのが、法人登記の仕方になります。
しかし、法人登記の仕方については、どういうことが必要なのかくらいは、理解しておく必要があります。
基本的に、法人登記の仕方として申請については、管轄の登記所へ直接書類を持って行く他、郵送やオンラインでもできます。
つまり、法人登記の仕方は、自分のやりやすい方法で行うとよく、都合の良い方法を選択しましょう。
法務局に行って各書類を提出して登記申請するのが法人登記の仕方で、そこで不備がないかの審査がされます。
0

2013/4/25

法人登記の住所変更  マネーと投資の情報

しかし、法人登記の住所変更をしないと、色々な問題が出てくるので、注意しなければなりません。
委任状は、法人登記の住所変更に関しては、取締役以外の人物が申請手続きに出向く場合のみ必要です。
社員総会議事録については、法人登記の住所変更については、本店の所在地が変更される場合のみ必要です。
たま、同一区での法人登記の住所変更をする際は、3万円で住所変更をしないのなら、類似商号調査は必要ありません。
それゆえ、法人登記の住所変更に関しては、市内で異なるどの区に移転しても、同じ1つの登記所内で手続きができます。
ただ、区がかわる法人登記の住所変更の場合には、6万円必要で、手続きがやや面倒になります。
ただ、この場合の法人登記の住所変更については、所在地の区が変わるので、移転先の区に類似商号があるかを調査しなければなりません。
つまり、法人登記の住所変更については義務はなく、特に法的に罰則規定があるわけではありません。
中には、法人登記の住所変更のために、費用をかけてまで手続をするのは面倒と言う人もいるでしょう。
同一管轄法務局内での法人登記の住所変更については、提出書類は、有限会社変更登記申請書が必要です。
0

2013/4/24

法人登記の証明書  マネーと投資の情報

法人登記については、登記の申請が受け付けられた場合、登記簿にその申請した内容が記録されるようになっています。
一般的に法人登記の証明書を取るには、証明書を発行する法務局コンピュータで繋がっているので、最寄りの登記所で取得可能です。
不動産の法人登記の場合、登記事項証明書というものがあり、これで対象不動産に関する権利関係や履歴が確認できます。

法人登記の証明書は、不動産の場合、不動産を担保として、どのくらい借入れているかを確認することができます。
また、会社法人登記の証明書は、事業内容の調査についても、便利に使用することができます。
株式会社が数種類の株式を発行している場合、法人登記の証明書は、種類と内容についての確認もできます。
また、法人登記の証明書は、不動産を購入するに際して、現所有者の確認にも有効に用いられるものです。
その際、法人登記では、登記事項証明書が必要で、記録された内容を書面で発行し、どんな内容の登記なのかを証明します。
どんな登記が法人登記でされてきたかなどを確認するために必要な書面が、証明書になります。
例えば、不動産の法人登記なら、誰がその不動産の持ち主になったのか、あるいは、誰の抵当権が設定されている不動産なのかが記録されます。
0

2013/4/23

法人登記の申請  マネーと投資の情報

法人登記は、基本的に一定の期間内に申請をしなければならず、そのこときが法的に義務付けられています。
また、この場合の法人登記の申請は、申請書と契印して、電磁的記録と共に提出することも可能です。
オンラインで法人登記を申請する場合は、申請用総合ソフトなどを利用してするとより簡単にできます。
時間的には、オンラインの法人登記の申請の場合、8時30分から21時までとなっています。
オンラインで法人登記を申請する場合は、手続終了の状況をオンラインで確認することが可能です。
電磁的記録に記録して、法人登記を申請する方法もあり、これは申請書の登記すべき事項の項目欄に、FDのとおりと記載します。
法人登記の申請で、電磁的記録でする場合は、登記すべき事項を記録した電磁的記録の記録内容を印字したものを別紙として使用します。
申請書に直接記載する法人登記の方法もあり、この場合、申請書の登記すべき事項の項目欄に登記すべき事項を記載します。

法人登記の申請に関しては、OCR用申請用紙に記載する方法もあり、OCR用申請用紙に登記すべき事項を記載して提出します。
もしくは、別紙のとおりと記載した上で、法人登記の申請を別紙に登記すべき事項を記載して契印します。
0

2013/4/22

法人登記とは  マネーと投資の情報

各法人の根拠法の定める事項を、登記官が法人登記簿に記載することで、法人登記は、無事、完了することになります。
個人の住民票や戸籍謄本のようにして、法人登記の場合、登記簿謄本が使用されることが多いです。
商号、目的、所在地、発起人、機関設計、役員、決算月などを法人登記の定款に定める必要があり、記載する内容を決めなければなりません。
名称、事務所、本店の所在地、代表者、役員、法人の目的などが法人登記には、しっかりと記載されています。

法人登記についての印鑑証明は、設立登記申請時にも必要で、代表取締役について1通を用意します。
また、法人登記を作るには、絶対的記載事項、相対的記載事項などの法律上、会社経営に必要な事項をしっかりと記載しなければなりません。
通常、10日くらいで、法人登記の登録が完了するようになっていて、意外と時間はかかりません。
その後、定款作成と認証をして、法人登記をする場合、ルールに従って、定款をすみやかに作成していきます。
そして、法人登記作成にあたっては、発起人全員の記名が必要で、押印し、3通を作成して、そのうち1通を公証人役場で保存します。
残り1通は登記申請時に提出して、残り1通は、法人登記の場合、会社保存用として残します。
0

2013/4/21

貯蓄貯金と普通預金との違い  マネーと投資の情報

貯蓄貯金は、しばしば普通預金と定期預金の中間点にある預金システムだと言われる事があります。
確かに貯蓄貯金は普通預金と定期預金の中間的ポジションにありますが、両者のシステムをトレースした訳ではないので微妙な違いというものは当然あります。
貯蓄貯金に一定額預けていれば、さながら定期預金のような金利が約束されるでしょう。
普通預金は、預けているお金に使用する制限がありません。
そもそも、普通預金と定期預金の中間というポジションにある貯蓄貯金ですが、どちらかと言えば性質は普通預金により近いと言えるかもしれません。
もちろん、両者を比べてみた時どちらがという話であり、絶対的に貯蓄貯金が普通預金に似ているという話ではありません。
普通預金のような自由さを、定期預金のような金利を、というのが貯蓄貯金のコンセプトかもしれません。
貯蓄貯金もまた、使用する制限が全くない訳ではありませんが、預けているお金は比較的自由に使用する事が出来ます。
と言うよりも、金利を考慮しないのであればそもそも貯蓄貯金を選択する意味自体が無くなってしまうかもしれません。
もちろん、これら貯蓄貯金の特長は、使用する一人ひとりによって有利に働く事もあれば、不利に働く事も有り得ます。
何が一番かを考えるのではなく、自分にとって貯蓄貯金が、他の預金システムと比べて有益かどうかを考える必要があります。
ブログやサイトから、貯蓄貯金について、普通預金との違いなど詳しい情報をチェックする事ができます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ