2013/7/21

FXの自動売買とは  マネーと投資の情報

FXの自動売買とはどんなものなのかいまいちよく分からないという人は多いかもしれませんね。
FXの自動売買というのはソフトを用いて自動的に取引をコンピュータでやってもらうということのようです。
では、FXの自動売買について説明する前に簡単にFXとは何かについて説明しておきましょう。
どちらかというとFXの自動売買は安全策ではあるけれど、利益はそんなに挙げることができないのではないかと思います。
このFXの自動売買は特にFX初心者のために作られたもののようで、多くの人が利用しているようですよ。
というのも、FXの自動売買は普通自分でやらなければいけない大量の情報収集も自動的にやってくれるからなのです。
FXの自動売買を使わない場合は、ネット、新聞、テレビなどあらゆる媒体を通して情報収集しなければいけませんよね。
でも、一つ気になるのはやはりFXの自動売買を使ったからと言って必ずしも利益が保証されているわけではありませんよね。
FXの自動売買のFXをもっと簡単に説明すると外国のお金を売り買いして利益を得るというものなのです。
初心者の人にとってはFXの自動売買を使って始めるととても良いかもしれませんよね。
FXの自動売買とはFXシステムトレードとも呼ばれており、こちらの方が聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
0

2013/7/20

ソニーバンクの外貨貯金  マネーと投資の情報

ただし、ネットバンキングやモバイルバンキングでは、現金の出し入れは出来ませんから、口座に残高がないと外貨貯金も出来ません。
私の中では、Eバンクの外貨貯金もかなり魅力的なのですが、実際にはどちらがいいのでしょうか。
外貨投資の商品や取引先を選ぶ際に、絶対重視になるのが手数料です。
早い話両替手数料で、特に一旦通貨交換してから預け入れをする外貨貯金の場合、出し入れ両方にこの手数料がかかりますから、馬鹿には出来ないのです。

外貨貯金は金利だけ見ると、誰もが手を出したくなる位美味しいのですが、手数料がかかります。
でね、ソニーバンクの定期外貨貯金の場合だと、米ドルなら1ドル当り1.8%、ニュージーランドドルなら5.85%。
これは人件費をはじめ、その他もろもろ不要な経費が多いからで、外貨貯金の取引に限らず、円預金での振り込みもそうですよね。
手数料も他の大手銀行から見るとかなりリーズナブルに設定されていますから、決して悪い外貨貯金ではないですよね。外貨貯金を始めるのであれば、それをメイン商品としているネットバンク、ソニーバンクがいいという話をよく聞きます。

外貨貯金を始めるためにわざわざソニーバンクに口座を開設して入金する位なら、今あるEバンクの方が便利かなぁっと思わなくもありません。
多くの金融機関では、両替手数料は店頭窓口よりもインターネットやモバイルの方が安くなっています。
ただ、Eバンクもかなり手数料が安く、高金利の南アフリカランドの取り扱いもあるんです。
例え外貨貯金の金利が2%であっても、1ドル当り1円の手数料がかかるとすればどうでしょう。
1,600円から1,000円を引くと、今回の外貨貯金で得た金利は僅か600円という事になってしまいます。
0

2013/7/19

みずほ銀行の外貨貯金  マネーと投資の情報

相談された私としても、正直、これまでみずほ銀行の外貨貯金というのは、余り情報を目や耳にした事はないんですよね。
母からみずほ銀行の外貨貯金について尋ねられ、すごく困ってしまいました。

外貨貯金をもし始めるのであれば、やはりネットバンクだなぁっと思っていた私。
それに、米ドルの外貨貯金に関しては、他の大手都市銀行よりもやや若干ながらも有利な商品もあるようです。
そう言う意味では、老舗都市銀行の一つであり、実店舗も多数展開しているみずほ銀行なら安心と言えるかも知れませんね。
ただし、常時為替レートが元本の価値を動かす訳ですから、単なる預金や貯金ではなく、立派な資産運用です。
かと言って、いつでも出し入れ自由な普通預金だと金利は低くて、外貨貯金の必要経費である両替手数料を差し引くと、いくらも利益を得られない可能性も秘めています。
まあ母には数年前に祖父が亡くなった時にまとまったお金が入って来ていて、以来、資産運用の話はいろんなところから来るみたいなんですよね。
外貨貯金には円預金のような倒産時の保険がありませんから、金融機関そのものの信用性は大事になります。
特に、半年満期の外貨定期預金の利率がいいみたいですね。
バブル崩壊後、日本の政策金利が非常に低くなったため、海外の政策金利が重視される外貨貯金は、とてもお得感があるんですよね。
取り敢えず、資産運用関連のブログやサイトでもう少し調べて見る必要はあります。
みずほクラスの銀行になると、外貨貯金をはじめ、その取扱商品の情報はいくらでも探せますからね。
0

2013/7/18

三菱東京UFJ銀行の外貨貯金  マネーと投資の情報

確かにEバンクやソニーバンクといった実店舗を所有しない所謂ネットバンクの外貨貯金は比較的高金利で手数料もリーズナブルです。
結局は、昔ながらの円高で買って円安で売るという外貨投資と、基本は同じなんです。
けれど、長期に渡る本格的な資産運用として外貨貯金を始めるのであれば、実店舗を構える都市銀行や、日頃から親しくしている地元の信金もいいでしょう。
通常、大半の外貨定期預金というのは、途中で出し入れ出来ない物なんですよ。
例えば、三菱東京UFJとか、みずほ銀行とか、三井住友銀行とか・・・。
けれど、外貨貯金は立派な資産投資、やはり実店舗のしっかりした大手銀行の方が安心なような気もしますよね。
だから、外貨貯金の金利はあくまでもおまけ、本当の資産運用の目的は為替変動です。
そう言う面でも、三菱東京の外貨貯金だと、例え定期にしてあっても、途中解約が可能です。
金利は普通預金と同等の扱いにはなってしまいますが、大幅に円が下がった場合、そこで思い切って出す事も出来るんです。
正直ね、そのクラスの銀行の外貨貯金になると、金利も手数料もそう大きな差はないみたいなんです。
そうした外貨投資に関するお得な情報は、ブログやサイトからならいくらでも入手出来ます。
今回金融関連のブログやサイトを読んでいて知ったのですが、三菱東京では、今、外貨貯金にかかる手数料を割引にするキャンペーンみたいなのをやっているようですね。
正直、外貨貯金は円預金に比べれば遥かに高金利ですが、それでも所詮利息は利息。
初めての外貨貯金を選ぶ際には、絶対に参考にしないとそれこそその段階で大きな損益を出しちゃうかも知れませんね。
0

2013/7/17

外貨貯金の定期  マネーと投資の情報

まあどちらの外貨貯金も、基本的な条件は日本円での預金と同じですね。
外貨貯金の最大のメリットは、金利と為替差益の両方が得られるというところですからね。
例え為替差益が出たとしても、一般のサラリーマンやOL、主婦などの場合だと、年間20万円までは非課税であるのも確かです。
気合いを入れて資産運用をするのであれば、やはり円預金と同様、定期預金の方がいいかも知れませんね。
普通預金は出し入れ自由で何かと便利ですが、定期預金は高金利です。
そう、外貨貯金は日々の為替レートが大きくものを言うのです。

外貨貯金が初めてという方であれば、やはり普通の方がいいかも知れませんね。
特に外貨貯金の場合は、資産運用として活用する人が多いので、金利の高さは大きな魅力の一つと言えるでしょう。
為替予約とか、外貨先物予約と呼ばれるシステムで、絶対に損しない外貨貯金をしたいという人ならいいかも知れませんね。
因みに、外貨貯金の利息にかかる税金は円預金と全く同じで、20%ですが、源泉分離課税扱いとなるので、確定申告は不必要です。
されど、日本の政策金利ではなく通貨ごとにその国の政策金利が参考となる外貨貯金は、同じ金額を同じ期間預けても、金利がかなり違います。
ただ、会社の後輩にちょっといい家のお嬢様がいて、どうやら外貨貯金やFXをやっているようなんですよ。
手取り15万ほどで一人暮らしをしているOLに、とてもじゃないけど、そんな余裕はないですからね。
さっきからね、結構偉そうに外貨貯金について語っていますが、実は私、外貨投資は勿論、資産運用なんて一切やっていません。
0

2013/7/16

外貨貯金のお勧め  マネーと投資の情報

外貨貯金という言葉は知っていても、自分にはまるで無関係なものだと思っていますから、自慢じゃないけど、何の知識もありません。
外貨貯金に限らず、全ての外貨投資について同様、外国ファンドもFXもです。
中には、私みたいに読まずに速攻削除しちゃう人もいるでしょうけどね。
確かに、ネット銀行に口座を開設していると、ご親切にそうした外貨投資のメールをしょっちゅういただきますけどね。
だからこそ、日頃からこまめにメール攻撃を仕掛けて来るのだと思います。

外貨貯金はFXやMMFとは違って、地元の信用金庫などでも取り扱っていますし、きっとどこの銀行でもお勧めしたい資産運用の一つなんでしょうね。
あれだけ頻繁にお勧めのメールを出して、外貨貯金の取引数が全然増えないのであれば、もういい加減に諦めるでしょうからね。
でも、ちゃんと読んで、外貨貯金に関心を持つ人も沢山いる訳ですよ。
どちらかと言うと、外貨貯金はその名の通り、貯蓄という感じで、投資という実感が私には湧きません。
日本円の貯金のない私が、外貨貯金だの、外国株など、FXなどに関心を持っても仕方がないじゃないですか。
一攫千金を求めて、外国株の取引や外貨貯金などの外貨投資に手を出す人が随分増えたようですね。
確かに金融関連のブログやサイトを見ると、沢山情報は載っているし、同世代の個人投資家が多い事にも驚かされます。
今や高校生でも株やFXをやっている時代ですから、私も本当は外貨貯金に位、もう少し関心を持って、ブログやサイト位は読んだ方がいいのかも知れませんけどね。
0

2013/7/15

外貨貯金と確定申告  マネーと投資の情報

えっ、私たちが普段から持っている預金の利息にも税金がかかるのっと思う人もいるんじゃないかなぁ。
結局外貨貯金をしているから納税の義務が出て来ると言うのは、お金を預けた事によって、新たに増えた分があるからです。
例えば日本円で日本の銀行に貯金をすると、元金は資産であって、収入ではないので、所得税は取られない訳だから、外貨貯金でも理屈は同じでしょう。
それにね、外貨貯金の為替差益や為替損益は雑所得扱いとなるので、年収2,000万以下のサラリーマンだと、20万円を超えないと納税の対象にはならないんですよ。
システム的には、円でも外貨でも、そう大きな違いはないように見えませんか。
例えば、円預金や外貨貯金の利息分が100円あったとしても、私たちの手に渡されるのは8割、80円です。
例えば、1ドル100円の時に預けたとしても、出す時に1ドル150円になっていたら、お金は増えていますよね。
うちの課長の場合、あれだけ悩んでいるという事は、相当稼いでますね、きっと。
さっきの逆で、預けた時よりも出す時に円高になってしまった場合で、これを為替損益というそうです。
確定申告をする事によって、外貨貯金の為替損益は支出と見なされ、税金の控除が受けられます。
だから、年末調整と同じで、確定申告をしたからと言って、絶対に税金を取られる訳ではないんですね。
まあ私には外貨貯金なんてないし、確定申告の心配をする必要もないんだけど、ちょっと気になって、調べてみました。
今回ブログやサイトでお勉強した外貨貯金と確定申告の関係、いつか役立つ時が来るといいなぁっと思います。
0

2013/7/14

外貨貯金の比較  マネーと投資の情報

まあ別に知らなくてもいい事なんだけど、興味本位にいろいろ聞いて来るものだから、私もあれこれ説明してやっていたんですよね。
例え高校生であっても、日本の政策金利や海外の為替相場に関心を持つ事は決して悪いことじゃないし、外貨貯金に興味を持てば、自然とそういう方面にも目が向きます。
これからの時代、国内外の金融情勢を常に把握しながら動く事は、とてもいい事だと思うんですよね。
また、店頭よりもパソコンや携帯電話を使って取引する方が、手数料がやすくなる場合が少なくありません。
妹はまだ高校生なので、本当なら外貨貯金なんて知らないはずじゃないですか。
貯金をするのはいい事だけど、どうせなら、外貨貯金ではなく日本の定期預金や定期積み立てにしなさいって言うんです。
これでも一応は、円預金と外貨貯金とを事細かに比較して決めた訳ですからね。

外貨貯金に私が手を出している事は知っていたみたいなのですが、もともとどうも反対みたいなんですよね。
例え、そこまで極端に円が上がらなくても、この先極端に円が下がる見込みがとの位あるかなんですよね。
取り扱っている金融機関も多いので、どこの銀行で取引するかも重要です。
勿論、投資額が上がればそれだけリターンは大きくなるし、複数の通貨を活用する事によっても、いろいろと変わって来るでしょう。
ただ、どうしても金利を比較すると、外貨貯金を選びたくなっちゃうんですよねぇ。
そんなこんなを含め、外貨貯金を始められる際には、ブログやサイトの情報を参考に、金利以外の部分も事細かに比較される事をお勧めしたいですね。
0

2013/7/13

外貨貯金の金利  マネーと投資の情報

外貨貯金っていうのがあるじゃないですか、FXやEワラントと同類の外貨投資。
これは大体の銀行で取り扱っているし、利息はめっちゃ高くない代わりに、外貨貯金の必要経費とも言える手数料も、それほど高価ではありません。
外貨貯金どころか、外国為替や外国株など、いろいろな外貨投資をしているOLやサラリーマンは沢山います。

外貨貯金はあくまでも預金ですから、一番の魅力は利息収益、つまりその利率をじっくりみて、まず通貨を決め、銀行を選ぶところからスタートするのです。
私のもくろみが間違っていなければ、一攫千金もない代わりに、一夜にして無一文になるという事もないはずです。
本当は、もし安全性を重視するのであれば、MMF、少ない投資で大きな収益を狙うのであれば、Eワラントがいいみたいですね。
でもね、今の時代、利息も少ないし、単なる貯金じゃつまらないから、どうせなら外国のお金で貯金をする外貨貯金にしようかなぁっと考えています。
外貨貯金の基本は円安で預けて円高で払い戻しをするという、昔ながらのシステムですが、通貨を直接売買しなくてもいいし、利息も付くんだから、結構いい投資でしょう。
OLが外貨貯金をするのなんて、全然普通ですよね。
今の会社にお勤めしてもうすぐ2年になるんだけど、最近親が少しは貯金しろって煩いんですよ。
外貨投資の人気ランキングでも常に上位を占めているFXやMMF、外国株に比べれば、外貨貯金はかなり地味な存在と言えます。
でね、次に利息が良さそうなのが、豪州通貨、オーストラリアドルやニュージーランドドルのようです。
勿論、一番のポイントは利息だけど、一応は資産運用な訳だから、それだけという訳にはいきませんよね。
このように、銀行によって、利率以外にも、取り扱いの有無や手数料などが大きく変わって来ます。
だから、もう少しブログやサイトでお勉強してからですね、私が外貨貯金で個人投資家デビューをするのは。
0

2013/7/12

外貨貯金の人気ランキング  マネーと投資の情報

だけど、ランキング化された口コミ情報を求めて、いろんなブログやサイトを読んでいるうちに、外貨貯金に関する知識が随分増えたのは確かです。
外国ファンドやFXなどとは違って、大抵の地方銀行や信用金庫でも取り扱っていますからね。
だからこそ、是非参考にしたい外貨貯金の総合人気ランキングなんだけど、これが意外と少ないような気がするんです。
勿論、金利や手数料をしっかり見て決める訳ですが、いざスタートするまでには何かと大変なんですよね。
まだ少し先の話だけど、冬のボーナスをもらったら、半分位は投資に回そうかなぁっと思ってね。
独身OLの私が、結婚資金の一部を溜めるつもりで始めるのには、とてもいいと思いました。
外貨貯金を始めるに当たっては、金利と同じ位、手数料の事も考えないといけないんですよね。
前に、こうした投資は、保険があるかどうかなども調べておいた方がいいと聞いたのですが、その辺りはどうなのでしょうか。

外貨貯金は銀行に外国のお金で預金するだけ、円預金も外貨貯金もそれほど大きな差はないんですよね、形態的には。
やはり皆さんは、この金利と手数料だけで外貨貯金の預け先を決めていらっしゃるんですか。
ほら、もし銀行が潰れちゃった場合に、日本円での預金なら元金は保険で保証してもらえるけど、外貨貯金だとそうはいかないかも知れないじゃないですか。
確かに手数料も要るし、為替レートも考える必要はありますが、外貨貯金はそれほど投資だとか資産運用だとかという感覚はありません。
例え、求めているようなランキングが見付からなくても、このままブログやサイトを読み続ければ、外貨貯金がいよいよスタート出来るかも知れないなぁっとは感じています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ