2013/12/1


MMFは、毎日決済するようになっていて、分配金についは月末まとめて行う再投資という形になっています。
基本的にMMFというのは、投資信託になるので、元本保証はないのですが、非常に安全性の高いものです。
国内外の公社債、譲渡性預金、コールなどの短期金融商品を中心に、様々なMMFがあり、多様性があります。
分配金については、MMFの場合、銀行の普通預金利子程度で対したことはありませんが、MRFと比べると、リスクとリターンは高めになっています。
分配金は月末にまとめて再投資するMMFは、購入後30日を過ぎれば、いつでも手数料なしで引き出せます。
追加型公社債投資信託がMMFであり、株式は一切組入れておらず、リスクをできるだけ少なくしています。
しかし、MMFが元本割れしたのは、金融危機のときで、実質的に流動性を確保しながら安定運用できるものです。
月末に一括して再投資するMMFは、複利効果が期待できるのが魅力で、利回りは運用実績によって変動します。MMFとは、マネー・マネジメント・ファンドを略した言葉で、公社債、短期金融資産にて運用される投資信託のことを指します。
1円以上1円単位で購入できるMMFは、収益分配金については、運用実績に応じて毎日分配しています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ