2014/6/10

相続の放棄と生前の意思  マネーと投資の情報

相続の放棄は、親子関係を断絶するものではなく、たとえ、親子間でそれが成立しても、法律上は何ら変わることなく親子のままなのです。
遺言によって、生前でも、相続の放棄ができるかどうかは、議論が持たれるところですが、基本的に、その時点より3ヶ月以内になっているので、認められません。相続の放棄については、相続開始前に行うことはできないようになっています。
生前に相続の放棄をすることはできず、これは相続財産の関わり合いをなくすことだけに特化したものであることを認識する必要があります。
しかし、残念ながら、人が生きている時には、相続の放棄はできないことになっています。
要するに、相続の放棄の手続きを行うのは、相続を開始した後になるので要注意です。
そのため、親が遺言で、息子に相続させない旨を記載しても、相続の放棄としての効力は発生しないのです。
しかし、それは絶対に無理で、誰かが死ぬことで初めて家庭裁判所は、相続の放棄の書類を受理するのです。
従って、いかなる場合でも、この方法以外によって相続の放棄しても、効力が生じないのです。
生きている親が多額の借金を抱えている場合、今のうちに相続の放棄と思う人もいるかもしれません。
0

2014/6/9

相続の放棄と代襲相続  マネーと投資の情報

要するに、代襲者は被相続人の子、兄弟姉妹に限定され、相続の放棄をした場合、父母や祖父母などの直系尊属、配偶者には代襲相続は認められないのです。
この場合、その相続人の子が、相続の放棄をした場合、借金が孫にまでにいく懸念があることです。
親が相続の放棄をするようなケースでは、代襲相続はできないので、要注意です。
相続の放棄の代襲相続というのは、相続人の直系卑属の利益を保護する見地から作られたものです。
それは、子供が相続の放棄をしたような場合、孫は、代襲相続できないことになります。
代襲相続する権利というのは、孫、曾孫など、どこまでも続くことになり、兄弟姉妹は、甥、姪までしか代襲相続しないことになります。
父親が亡くなって配偶者と子供が法定相続人の場合、子供が亡くなっていた時は、孫が代襲相続しますが、子供が相続の放棄をするケースでは、孫は法定相続できないのです。

相続の放棄をすると、相続人は最初から相続人でないことになるので、代襲相続は生じないことになるのです。
それはなぜかと言うと、相続の放棄をすることで、最初から相続人でなかったとみなされるからです。
そして、相続には代襲相続があり、この制度は、相続する子が、父よりも先に亡くなっているなどのケースで、その場合、孫が相続権を握るというものです。
要するに、引き継ぎ制度なので、代襲相続した時でも、相続分は、本来の相続人と何ら変わらない相続分なのです。
0

2014/6/8

相続の放棄の取り消し方法  マネーと投資の情報

これは、相続の放棄申述書についても、家庭裁判所に対する意思表示なので、そこでの経緯に、詐欺や強迫がある場合は、取り消すことができるのです。
相続の放棄は、家庭裁判所で手続きするので、基本的に、その効力が生じると、撤回したり取消したりすることはできないのが原則です。

相続の放棄の申述が受理された場合、それ以後、その効力が生じた時は、取り下げはできません。
その具体的な方法としては、まず、家庭裁判所に相続の放棄の取消の申述書を提出することになります。
それは、こうしたケースで相続の放棄の取り消しを認めると、他の相続人や債権者に迷惑をかけることになるからです。
それは、家庭裁判所の中の裁判官の方針によっても異なる場合があり、相続の放棄に対して、詐欺などの違法性が実際にあったかが審議されます。

相続の放棄の申述の時に、本当に、詐欺や強迫があったかどうかの証拠が必要になり、家庭裁判所に出頭して説明する必要も出てきたりします。
実は、詐欺、強迫などにより、相続の放棄がなされた場合は、取り消しができるのです。
このケースでは、迅速に、家庭裁判所に相続の放棄を取り下げることを連絡する必要があります。相続の放棄は、果たして一旦成立したものを取り消すことができるのでしょうか。
とにかく、相続の放棄の際は、相続財産の調査をしっかりと行うことが肝心です。
0

2014/6/7

相続の放棄と年金  マネーと投資の情報

それは、これらの権利が、相続で取得するものと関係ないからです。
そして、この場合、夫が、加給年金付きの老齢厚生年金を受給しているケースで、妻が、1000万円超えの収入がある場合は、遺族年金の受給権は生じません。

相続の放棄をする時は、色んなケースがあるので、慎重な対処が時には必要になります。
それはなぜかと言うと、老齢厚生年金が、夫の財産になり、相続対象ではなく、妻の加給年金も夫の老齢厚生年金の財産になるので、相続の放棄は関係なくなるのです。
おまけに、生命保険金や遺族年金は、相続の放棄しても、その受け取る権利は失わないのです。
相続の放棄で気をつけなければならないのは、相続開始後3か月以内に家庭裁判所に申請しなければならないことです。

相続の放棄をしても、遺族年金の受給資格は失うことはないので、安心すべきです。
要するに、相続と年金は別次元として切り離されていて、年金の受給権は相続の影響を受けず、相続の放棄をしても大丈夫なのです。
この場合、妻に迫られるのが、相続の放棄をするかしないかの選択になります。
そのことから、収入要件、生計同一要件などを満たしていて、遺族年金の受給権さえあれば、相続の放棄しても、遺族年金は受給できます。
このように、相続の放棄と年金の関係については、しっかりとした理解が必要です。
0

2014/6/6

相続の放棄と生命保険  マネーと投資の情報

そして、相続の放棄をした場合、疑問なのは、被相続人が加入していた生命保険金の受け取りもできなくなるかということです。
もちろん、保険契約の内容で、その結果が大きく変わるので、生命保険金の受取人が誰になっているかが、相続の放棄の前に重要になってきます。

相続の放棄をしても、相続人が保険金受取人になっていれば、生命保険は受け取れます。
そのことから、相続の放棄をした場合は、最初から相続人にならないことになり、結果として、生命保険金の受け取りもできなくなります。
そして、相続人自体が受取人になっている場合、相続の放棄の対象からは除外され、生命保険契約の効果が優先して、その生命保険金は受け取れます。
この場合、被相続人の債務の全てを相続の放棄をしていても、生命保険金は、受け取ることができるのです。
相続の放棄をした場合、生命保険に関しては、受取人が被相続人の時は、それがそのまま被相続人の財産になって、受け取ることができないのです。

相続の放棄をしても、生命保険金は受け取ることができるのです。
また、特定の受取人かなく、ただ相続人になったような場合、相続人の中で、相続の放棄をした人がいるケースでも大丈夫で、保険金は受け取れるのです。
もちろん、これが適用されるのは相続の放棄をした人だけになるので、注意が必要です。
生命保険は、このように、受取人さえ指定していれば、相続の放棄をした時でも。
0

2014/6/5

相続の放棄と税金  マネーと投資の情報

相続の放棄をすると、税金や損害賠償金に関しても、実は、放棄できるのです。
そのことで、租税回避を誘発することになり、相続の放棄を逡巡させる結果になります。
被相続人の全てを相続しないのが相続の放棄なので、税金もその中に含まれるのです。

相続の放棄をしてしまえば、基本的に、税金の支払い義務からは免れるのです。
その結果、納付税額が減少する現象が起こり、相続の放棄で、租税回避行為を防止することになるのです。
そうした時の選択肢は、 税金を支払うか相続の放棄で税金を支払わないかになります。
そうした通知書は、親族が未払いの税金も含まれていて、それが、相続人に対して支払い請求が来るので、そこで、相続の放棄が関与してくるのです。
このようなケースのように、相続の放棄というのは、絶対的な効力を持っているのです。
税法においては、相続の放棄をしても、相続人が納付すべき相続税の総額は基本的に変化しないのです。
例えば、所得税と住民税の支払いをせずに亡くなった場合で、残された家族が相続の放棄をしたケースでは、その 亡くなった人の税金は、支払わなくていいのです。
それは、相続の放棄の実務について、実際に知識のある専門家は少ないからなのです。
税金を払う場合は、税務署で相談すればいいのですが、問題は、相続の放棄の場合です。
0

2014/6/4

相続の放棄に必要な書類  マネーと投資の情報

相続の放棄のためには、書類の準備は必須で、家庭裁判所へ、まず、申述書の請求をすることから始めなければなりません。
そうした時に、家庭裁判所へ相続の放棄の申述書を郵送できるシステムはとても便利です。
それらを一緒に送るとよく、相続の放棄で揃える必要書類は、事前に揃えておくべきです。
仕事をしている人にとっては、相続の放棄のために、わざわざ裁判所へ出かけるのは大変です。
例を挙げると、夫婦が離婚した場合で、旦那が借金を抱えて亡くなった場合の相続の放棄では、妻は、旦那の相続人にはなりませんが、子供は相続人になるのです。
そして、子供の立場で相続の放棄をする場合、離婚しているケースとそうでない場合では、さらに、必要書類が異なるので、注意が必要です。
実際に用意した書類だけで、確実に相続の放棄ができるかどうか、心配な人も多いでしょう。
中でも戸籍謄本は、相続の放棄の必要書類となるのかは、一概には言えない状態です。
そうした場合は、実際に相続の放棄の書類を請求して確認するしか方法がありません。
とにかく、相続の放棄をしっかりと行うには、必要書類を確実に用意することです。

相続の放棄では、すべての人が、同じ書類を揃えればいいというものではないのです。
0

2014/6/3

相続の放棄の期限  マネーと投資の情報

相続の放棄は、被相続人が死亡したことを知った時から、3ヶ月以内に、申述する必要があり、この期間は、マイナス財産を検討する時間の猶予なのです。
また、財産がほぼなく、借金などのマイナス財産が多い場合は、3ヶ月以内に相続の放棄をする必要があるので、注意が必要です。
亡くなった人の借金が多額な場合、どうしても不安な日々を送らなければならないので、そうした時に、相続の放棄は助かるのです。
要するに、亡くなった人が残した借金は、相続の放棄をすることで、解消できるのです。
相続の放棄をするには、一番注意すべきことは、忘れやすい期限があることなのです。
それは、ほとんどの人が誤解している相続の常識で、いつでも相続の放棄はできると信じて人も多いのです。
貯金などをそのままにしているので、相続の放棄の手続きをまだしなくても大丈夫と思っている人もいるのです。
事実、相続の放棄について、間違った考え方をしている人は少なくないのです。相続の放棄をするには、ちゃんと期限が設けられているので、それを守る必要があります。
相続の放棄の延期の申請は、家庭裁判所へ申請しなければなりません。
しかし、相続は、プラスもマイナスも、財産であれば、引き継がれるので、相続の放棄の必要性があるのです。
0

2014/6/2

相続の放棄の手続き方法  マネーと投資の情報

そして、3ヶ月以内に相続の放棄できない場合で、特段の事情があると認められた場合は、家庭裁判所に対して、期間延長を申し出ることができます。
この照会書に記された、質問事項に回答し、家庭裁判所に相続の放棄の紹介書を返送します。
そして、一旦、相続の放棄すれば、最初から相続人ではなかったことにみなされます。
もし、限定承認したい場合においては、相続の放棄をした者を除いて、残った相続人全員の承認で、することが可能です。

相続の放棄は、相続人が単独で行うことができるので、単純承認の場合とは異なります。
このように、相続の放棄では、特別な場合、3ヶ月の期間を延長することもできるのです。
もし相続人が、未成年者のケースでは、法定代理人が代理で、相続の放棄の申請をします。
まず、相続の放棄の手続きでは、家庭裁判所に置いてある、申述書が必要です。
また、被相続人の住民票の除票や、収入印紙、返信用の郵便切手、相続人の認印なども、
相続の放棄の手続きの際に必要であることを知っておかなくてはなりません。相続の放棄というのは、相続人自らが、相続人となったことを知った時から3ヶ月以内に申請することが必要です。
そして、特に問題がなければ、相続の放棄を受理した旨の証明書が、家庭裁判所から郵送されてくるのです。
これらの手続きにより、無事、相続の放棄が認められることになります。
0

2014/6/1

相続の放棄とは  マネーと投資の情報

相続の放棄をすれば、法定相続人は、最初から相続人でなかったこととされるのです。
それ以外を選択する場合は、それなりに法にのっとった手続きが要求されます。

相続の放棄は、まさしく、被相続人の財産を全く相続しないことを指します。
相続がスタートする際には、相続人はいずれかの選択肢に迫られることになります。
それは、相続開始を知ってから、3ヶ月以内に、手続きする必要があり、手続き自体難しいことから、多額な財産以外は、大体が、相続の放棄を選択することになります。
まず、相続の放棄ではなく、被相続人が残した財産をすべて相続する、単純承認というものがあります。
相続財産の承継では、相続の放棄をしない場合、特に手続きのない、単純承認を選ぶことになります。
被相続人が、大きな借金を残して死んだ場合、相続の放棄できるようにしているのです。
相続開始を知ったときから3ヶ月以内の手続きが相続の放棄でも必要になりますが、この場合、限定承認とは違って、単独での申請ができます。
定められた期間内に相続の放棄の手続きをしなければ、相続人は、単純承認したとみなされるので注意しましょう。
絶対に相続の放棄しようと思っている人は、必ず期間内に手続きすることです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ