2012/12/23

源泉徴収の書き方  マネーと投資の情報

しかし、源泉徴収の用紙については、退職者用のものではなく、一般的なほうの用紙を使用しなければなりません。

源泉徴収の書き方をマスターしておけば、過払い分が多く還ってくる可能性があるので、書き方は、面倒がらずに習得しておくべきです。
車通勤の非課税限度額が、交通機関の運賃相当から距離相当の金額に変更になっているので、源泉徴収の書き方では要注意です。
この場合、平成23年中に締結した保険契約は従来の制度が適用となるので、源泉徴収の書き方には注意が必要です。
また、源泉徴収の書き方で注意しなければならないのは、車などの通勤手当の非課税限度額変更です。
正式な源泉徴収の書き方を確認することは非常に大事なことで、昨年と変わっていることもあるので、注意しなければなりません。
退職者への源泉徴収については、年末調整をしなくても、年度の途中でもよいことになっています。
ちなみに平成24年に締結した保険契約で制度改正されているので、源泉徴収の書き方を見直しておきましょう。
基本的な給与所得の源泉徴収の書き方ですが、まず、A欄の俸給、給与、賞与の総額欄をしっかりチェックする必要があります。
この場合、源泉徴収義務者は、7月から12月までの間に支払った給与の納期限が、翌年1月20日となっています。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ