2014/4/23

資金の調達方法  マネーと投資の情報

第三者の出資を資金の調達で受けることは、非常に難しい問題でしょう。
融資や借り入れが資金の調達の一番取り組みやすい方法と言っても過言ではありません。
もしその事業が失敗すると、出資したお金が戻ってこないリスクも背負うことになります。
資金の調達の融資は、返済の義務はあるものの経営権を渡すことはありません。
それは、会社への忠誠心が高く、信頼がある場合のみに資金の調達が可能だと言えます。
独自の技術力を持っていたり、急成長している場合などでなければ資金の調達は難しく、上場を目指すベンチャー企業で無ければ出資を受けることは困難と言えます。
そして失敗したら資金の調達の出資者に返済をする義務は負わないことになります。
利息も当然に支払う必要があり、事業が軌道に乗るか否かに関係なく返済義務があります。
資金の調達の融資はお金を借りることで決まった期日に元本を返済してくのが普通です。
億単位の出資を資金の調達で、投資家やファンドなどから受けることは可能です。
こうして比較検討すると、投資で資金の調達した方が有利なように感じます。
株式を譲渡することは、渡す株式の割合によって会社の経営にも口を出されることです。

資金の調達の投資の方には返済義務が生じないのが特徴です。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ