2014/4/26

株式会社の資金の調達  マネーと投資の情報

事業に成功している人は、自己資金を準備している人も多いですが、自己資金が不足していれば、まず、資金の調達として借りやすいのは家族や親類などになります。

資金の調達を家族や親類からすると、資金を出したということで経営に口を挟んだり、揉める原因になるので、あまりよくないでしょう。
資金の調達として株式会社を設立する以前に、銀行の融資を受けるためには、土地や建物の担保がないと、融資は受けられないものです。
そういう時は金融機関の創業融資制度を利用するとよく、この制度のメリットは、無担保、無保証人で最大750万円までお金を資金の調達できるところにあります。
一円から株式会社を設立できるといっても、準備費用を資金の調達する必要があります。
また、資金の調達の方法として、雇用促進事業で国や自治体との政策に合致する業種に対しては返還する必要のない助成金や補助金を出す自治体もあります。
一方、社債発行による資金の調達は、負債となって返済義務のある資金となります。
要するに資金の調達の負債が返済されないことになると、倒産に結びつきます。
資金の調達で株式会社を作るには、資金が1円でも設立できますが、設立するにあたって大体、24万円から25万円程度が必要になります。
資金の調達には様々な方法がありますが株式会社を設立するにはお金がかかります。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ