2014/4/30

資金の調達コストの考え方  マネーと投資の情報

資金の調達コストとは、企業が事業を行うために要したコストのことです。
資金の調達コストであるエクイティファイナンスという新株発行に伴う資本コストは、株主が企業に期待する利回りになります。

資金の調達コストで直接金融によるデットファイナンスに伴うものは企業の財務内容に基づきます。
資金の調達コストである借入金融とも呼ばれるデットファイナンスに伴う負債コストは、債権者が企業に期待する利回りがそのまま負債コストになります。
住宅ローン金利4%でマイホーム購入のために銀行から資金を調達したとき、その資金の調達コストは4%になります。
資金の調達コストについては、一度理解してしまえば誰でも簡単に理解することは可能なのですが、自己資本と他人資本とではまた変わってくるので注意が必要です。
資金の調達コストにおいても、年率換算で表現するので分かりやすくはなっています。
その方法は、WACCと表記してWACCを算出するには、銀行からの借り入れ費用や株式発行による資金の調達費用、社債発行費用などを求めることになります。
資金の調達コストを求めるためのWACCは明快な数式で定義できるのですが、本当の意味を理解するには多少時間を要するかもしれません。
企業が成長段階の際は、株価上昇が期待を満たす役割を果たし資本コストは低くなります。
資金の調達コストは格付機関によって違うので財務の健全性を保つことが優先します。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ