2014/5/23

英ポンドと円の為替レート  マネーと投資の情報

しかし国力の衰退から、英ポンドは、ドルにその地位を明け渡すことになったという、歴史の一幕があります。
イギリス国民は、歴史ある英ポンドに対して根強い愛着を堅持していることから、ユーロ参加を未だ実現していませんが、今後は参加かについては注視されています。英ポンドは、戦前では基軸通貨としての地位を確固たるものとしていました。

英ポンドは、戦前は基軸通貨として地位を確立していたのですが、英国経済の長期停滞により、ドルにその地位を奪われてしまったのです。
短期間でレートが大きく変動するのが英ポンドで、1日に5円くらい変動することも珍しくないので、短期間の為替差益を狙う投資家には人気の通貨です。

英ポンドと円の為替レートが激しいのは、幅のみで、変化率を見ると、ドル円とほぼ変わらない推移になっています。
英国はEU加盟国なのですが、英ポンドに対する熱い思い入れから、ユーロ参加はまだ実現していません。
英ポンド円のFXは、通貨ペアとして人気があり、1日で大きく変動することで、ジェットコースターのようなスリルを味わえます。
値幅の大きさに十分に耐えられる余裕がある人は、為替相場の激しさが快感になります。
英ポンドの値動きは、ロンドン市場が始まる16時前後の時間帯において、その動きが活発になるようで、特に17時〜18時に値動きが盛んになるようです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ