2014/6/1

相続の放棄とは  マネーと投資の情報

相続の放棄をすれば、法定相続人は、最初から相続人でなかったこととされるのです。
それ以外を選択する場合は、それなりに法にのっとった手続きが要求されます。

相続の放棄は、まさしく、被相続人の財産を全く相続しないことを指します。
相続がスタートする際には、相続人はいずれかの選択肢に迫られることになります。
それは、相続開始を知ってから、3ヶ月以内に、手続きする必要があり、手続き自体難しいことから、多額な財産以外は、大体が、相続の放棄を選択することになります。
まず、相続の放棄ではなく、被相続人が残した財産をすべて相続する、単純承認というものがあります。
相続財産の承継では、相続の放棄をしない場合、特に手続きのない、単純承認を選ぶことになります。
被相続人が、大きな借金を残して死んだ場合、相続の放棄できるようにしているのです。
相続開始を知ったときから3ヶ月以内の手続きが相続の放棄でも必要になりますが、この場合、限定承認とは違って、単独での申請ができます。
定められた期間内に相続の放棄の手続きをしなければ、相続人は、単純承認したとみなされるので注意しましょう。
絶対に相続の放棄しようと思っている人は、必ず期間内に手続きすることです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ