2014/6/5

相続の放棄と税金  マネーと投資の情報

相続の放棄をすると、税金や損害賠償金に関しても、実は、放棄できるのです。
そのことで、租税回避を誘発することになり、相続の放棄を逡巡させる結果になります。
被相続人の全てを相続しないのが相続の放棄なので、税金もその中に含まれるのです。

相続の放棄をしてしまえば、基本的に、税金の支払い義務からは免れるのです。
その結果、納付税額が減少する現象が起こり、相続の放棄で、租税回避行為を防止することになるのです。
そうした時の選択肢は、 税金を支払うか相続の放棄で税金を支払わないかになります。
そうした通知書は、親族が未払いの税金も含まれていて、それが、相続人に対して支払い請求が来るので、そこで、相続の放棄が関与してくるのです。
このようなケースのように、相続の放棄というのは、絶対的な効力を持っているのです。
税法においては、相続の放棄をしても、相続人が納付すべき相続税の総額は基本的に変化しないのです。
例えば、所得税と住民税の支払いをせずに亡くなった場合で、残された家族が相続の放棄をしたケースでは、その 亡くなった人の税金は、支払わなくていいのです。
それは、相続の放棄の実務について、実際に知識のある専門家は少ないからなのです。
税金を払う場合は、税務署で相談すればいいのですが、問題は、相続の放棄の場合です。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ