2014/9/22

投資信託の分配金の仕組み  マネーと投資の情報

投資信託の分配金は、定期的に分配金がもらえるということで、とてもお得です。
低金利時代の今、生活のためにも、定期的に投資信託の分配金が出る金融商品は、とてもありがたいものです。
それとは逆に、資産が決算当日に値上がりして、純資産総額の増加額が投資信託の分配金による減少額以上になれば、基準価額は上昇することになるのです。
投資信託の分配金が支払われれば、当然、純資産総額は減少することになります。
投資信託には、この投資信託の分配金があるということで、特に人気が集まっています。
投資信託で、投資信託の分配金のあるタイプを選ぶかどうかは、その人の選択次第です。
投資信託の分配金と基準価額の上昇により、投資信託の収益が計算されることになります。
普通投資信託の分配金は、逆に、分配落ちした後の基準価額が元本と同額、あるいは上回る場合を指します。
要するに、投資信託というのは、定期的に投資信託の分配金を出すものだけではないのです。
もっとも、投資信託の分配金が支払われない投資信託が良くないわけではありません。

投資信託の分配金が支払われたことにより、基準価額が下がる要因になるのです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ