2014/9/26

投資信託の分配金の体験談ブログ  マネーと投資の情報

投資信託の分配金を毎月欲している人と言えば、リタイアした、高齢者の人でしょう。
投資信託の分配金というのは、利子や配当から、ファンドの規定により、投資した保有者に分配されるというものなのです。
投資信託の分配金というのは、長期保有の目的の観点から言うと、いらないと言っても過言ではありません。
しかし、投資信託の分配金が支払われることで、その分、基準価額は下がるのです。
それ以外での人であれば、投資信託の分配金というのは、むしろ無い方が、資産形成のためには、いいでしょう。投資信託の分配金というものに、目がない人は数多くいるようで面白いものです。
基本的に、最初は、投資信託の基準価額というのは、10,000円でスタートし、運用成果が上がった時に、その利益の一部を投資家に投資信託の分配金として与えしまた。
よくある投資信託の分配金ブログで、手放しで収益に対して喜んでいる人の声は、うかつに信用してはいけないのです。
この場合、運用がうまくいかないのに投資信託の分配金が支払われるということは、利益がないので、元本から支払われるのです。
こうした投資信託の分配金の仕組みは、高齢者には大きく受けました。
それは、毎月、投資信託の分配金を出すというのは、今までにない大きな特色だったからです。
そして、運用成果が上がらず、基準価額10,000円を下回った時は、投資信託の分配金を出さないのが基本だったのです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ