2015/2/12

源泉徴収とは  マネーと投資の情報

つまり、源泉徴収というのは、所得が支払われる前に、あらかじめ所得税を差し引いて納付するというものです。
支払いを受けるものによって源泉徴収は区分されていて、それは、日本に住所を有するもので、1年以上の居住要件が必要です。
支払い者が支払いする時、所定の方法で税金を計算し、税金額を支払う金額から差し引くものを源泉徴収といいます。
そして、この源泉徴収というものは、差し引いた者から税務署に納付されるという仕組みになっています。
会社は支払いがあった翌月、徴収した所得税を国に納付しているわけで、源泉徴収は、いわば、税金の徴収代行を会社が肩代わりしていることになります。
ただ、給与の支払いを受ける者が常時10人未満のところは、源泉徴収に関して、少し規定が変わります。
つまり、特例の源泉徴収納付期間を利用すれば、資金繰りを楽にできるというメリットがあるわけです。
ただ、この場合の源泉徴収の納付に関しては、承認を受ける必要があり、また、納期特例の承認に関する申請書を提出しなければなりません。
税金の仮納付が源泉徴収であるので、最終的には年末調整や確定申告で精算されるという仕組みになっています。

源泉徴収は、特例納付を上手く利用することが肝で、その条件を満たす場合には活用すべきでしょう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ