2015/2/13

パートの源泉徴収  マネーと投資の情報

基本的には、所得税のことを源泉徴収と言っているケースが大半なので、働く人にとっては全ての人にのしかかってくる税金と言っていいでしょう。
また、パートの場合、源泉徴収は、雇用期間によっても大きく違い、1年を通じて支払う額は期間によってかなり違います。
パートの場合は、103万円を超えたからといって、必ずし源泉徴収がかかるとは限らないので、注意しなければなりません。
会社の経理担当者は源泉徴収の税額表により、給料から税金を天引きするので、パートもこれと変わりません。
パートについても、正社員と同様、源泉徴収の税額表によって割り出されるので、当然、税金を納めなくてはなりません。
要するにパートで103万円の収入がある人は、38万円が源泉徴収の対象になるので、よく覚えておきましょう。
所得税である源泉徴収を算出する方法は、各所得控除というものがあって、これを引いていくことになります。
パートの源泉徴収については、正社員と同じく、給与所得の徴収税額表を採用しています。
パートの源泉徴収については、勤務した時間や日数で大きく異なるので、その辺は自分で確認しておく必要があります。

源泉徴収に関しては、パートに関する特別な欄かないので通常、サラリーマンと同じようにして計算されることになります。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ