2015/2/19

退職と源泉徴収  マネーと投資の情報

退職した後、他社で勤務しない場合でも、源泉徴収票は確定申告をする場合に必要になってきます。
決定された所得税と源泉徴収された合計との差額が、年末調整で調整されるわけです。
退職に際しての源泉徴収票は大事で、なぜなら、それは転職先での年末調整をする際、必要になるからです。
最終給与が確定した時点で、すぐに源泉徴収票はくれるので、退職が決まった時点で、事前に会社側に予告しておくべきでしょう。

源泉徴収は、1月1日から12月31日までの給与所得者に対してかかるもので、それを会社が天引きします。
源泉徴収票というのは、転職するかどうか別にして、退職年度分と前年度分を必ずもらっておくことです。
この場合、源泉徴収額が多ければ、税金が還付されることになるので、年末調整はしっかりとすることです。
年末調整は会社が12月支給給与でするので、既に退職している人で転職していない人は、源泉徴収ができないので、確定申告をする必要があります。

源泉徴収についてですが、確定申告をした場合、全員にお金が戻ってくるわけではありません。
なぜなら、源泉徴収票は、住宅補助や住宅ローンを利用する時などに、急に必要になることがあるからです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ