2015/2/20

源泉徴収と年末調整  マネーと投資の情報

源泉徴収というのは、給与所得者が1ヶ所からの給与所得しかない場合に徴収される税金のシステムです。
所得税の源泉徴収というのが年末調整のことで、これは税収の平準化を図るために実施されているまのです。
複数からの給与をもらっている人は、所得税の源泉徴収である年末調整が出来ないので、自ら確定申告する必要があります。
所得を合算した場合、所得税の源泉徴収である年末調整は、税額が増加するというのが当たり前になります。
そうした方法で所得税の源泉徴収である年末調整所得税を計算するので、すべての所得は計算できないことになります。
つまり、二重に課税されることはないので、所得税の源泉徴収である年末調整というのは、合理的になっています。
所得税の源泉徴収である年末調整をしない場合、毎月の徴収税額が高くなるので、手取りが減ることになります。
つまり、給料や賞与などを、勤務先から得る所得しかない人が、徴収される制度が源泉徴収になります。
サラリーマンは確定申告しなくてよいとうのは、そうした源泉徴収の仕組みがあるからです。
そのため、給与所得以外の他の種類の所得については、所得税の源泉徴収である年末調整はできません。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ