2010/11/19

NTT東日本 関東病院  

今日は、NTT東日本 関東病院へ取材に出かける。

この病院には、忘れることのできない思い出がある。

1つは、昨年亡くなった荒崎医師。院内の彼の部屋へ何度もお邪魔したっけな。最初は、アメリカでの留学から帰国したときに出会って、それ以来、仕事やプライベートでも付き合いをさせてもらった。彼との思い出は、別のところで書いたので、ここでは省略。

もう1つは、社会人2年目で海の事故で脳挫傷を負い、意識不明で寝たきりになった若者。彼女は広告代理店に入社し、若手による広告論文大会への応募で、テーマに医療を選んだ。そして、私のところへいろいろ話を聞きにきた。とても勉強熱心で、まっすぐに物事を見つめる人だった。

海外で事故に遭い、そして帰国して入院したのが同院。何度かお見舞いに行ったが、私の言葉にも反応することはなかった。

その後転院、退院・・・。車いすに乗っている姿の写真を何度か送っていただいた。もちろん自分で乗って自分で動かすことはできなかったが。

ふと、今どうしているだろう、と思い出している。

「最初は、よく顔を見にきてくれていた学生時代の友人も、だんだん遠のいていって寂しい」と話してくれたお母さんんの言葉が印象的だったなあ。


オフィス・シモムラと下村塾は、ヘルスケア分野の健全な発展を願っています/下村徳雄
『ヘルスケアの創造的破壊−チャレンジする若者たち−』の申し込みFAX用紙は、こちらから
http://dl.dropbox.com/u/325441/fax_order.pdf


0
タグ: 医師 患者 下村塾



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ