2020/3/5

冬場のバイクメンテナンス  メンテナンス

前略。読者の皆さん。気を付けていますかな?。例のコロナウイルスです。今からでも遅くないのでウイルス対策しておきましょうね。

かくいう自分はインフルエンザA型にかかってしまいダウンしてしまいました。でも幸いに今はやりのコロナでは無かったのでひとまず安心です。でも昨年にインフル予防接種したのに全然効いてません。何のための接種なんでしょうね。

っと言う事で冬場のメンテナンスの記事アップです。

クリックすると元のサイズで表示します




フロントタイヤを外してブレーキキャリパーのパットを外してみます。やはりと言うかパットが摩耗しております。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




通販で購入したフロントブレーキパッドの新品です。これに交換です。

クリックすると元のサイズで表示します




お次はブレーキフルードの交換です。前後ブレーキ共交換します。下の画像。グレードはDOT3を使用です。まあレースするわけでは無いので一番安いこのグレードで十分ではないでしょうか?。

クリックすると元のサイズで表示します




次に補修する箇所を点検です。下の画像。ナンバープレート・ランプが片方が切れてます。反対側も切れたらナンバーを照らさないので、お巡りさんに切符(同時に強制募金)切られたくないのでこれも交換します。

クリックすると元のサイズで表示します




次は安全に関してはそんなに問題は無いですが、ハンドルが錆び錆びな状態です。欲を言えばアルミテーパーハンドルに替えたかったのですが、予算がありませんのできれいに塗装することにします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




ハンドルを外したらサンドペーパーで錆を落としていきます。表面の錆を除去したらまずは“ミッチャクロン”スプレーで下地を塗付します。乾かしてから今度は“サフェーサー”を塗付します。乾いたら次に“シルバー”塗装します。次に今度はブルーカラーの塗装を上塗りします。何故このような段取りかと言いますと塗装上面にメタリックな輝きを持たせようとの算段です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




塗装後は乾燥するのを待つための時間潰しとしてガーデン料理します(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




料理が出来上がった頃にはハンドルの塗装も乾いてるので、今度はブルーカラー・スプレーで塗装します。メタリックな色合いかもしくはブルーアルマイトな色艶です。

クリックすると元のサイズで表示します




ブルーカラーの色が乾燥するのを待つ間お食事にします。シーフード焼きそばです。やっぱアウトドアの料理は美味しいです。

クリックすると元のサイズで表示します




その後バイクのあちこちをゴソゴソといじっておりましたが、この辺でメンテを止めて温泉へ行ってきました。ハンドルの取り付けはまた次回としておきました。自分ながらマイペースな性格をしております。

下の画像。2月の月初にメンテナンスの作業再開です。まずはハンドルの取り付けです。

ブルーアルマイトなハンドルいい感じです。“ナンチャッテレンサル”です(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




何年か前に通販で余分に買ってしまったグリップの在庫品です。これを取り付けます。

まずは新品のグリップを軽く熱を加えて柔らかくし、スロットルとハンドルの左部分にGボンドを少量塗ってそこからグリップを捻じりながら押し込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




最後はナンバープレート・ランプ球の交換です。上段はカバーを外して球を交換するところ。下段は交換後カバー付けてテストしたとこです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




本来ならばホイールハブとかリアーリンクのベアリング取り外し点検・グリス詰め作業をしておきたかったが、何分工具の数が少なくてフルメンテが出来ないのでこの辺にしておきました。

まだ暫くは金欠状態が続くので本格的な工具やコンプレッサーの購入が出来ないので、フルメンテナンスも当分お預けです。

シーズン開幕も近づいてきたしその前に探索予定をピックアップしておかなければ・・・。

以上!冬場のバイクメンテナンスのレポおわり。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ