2020/11/30

2020年11月14日但馬林道ツー  林道ツーリング

前略。2020年11月14日は久しぶりに但馬の林道へ遠征に行ってきました。

目的はカンカケ林道へ行く事です。時間があればついでに他の林道へ行くし、時間が無ければそのまま引き返すのみです。

っと言う事で早朝出雲市を出発し一路但馬へ行きました。

下の画像。カンカケ林道の入り口近くへ来ました。

クリックすると元のサイズで表示します




下を見下ろせば眺めの良い景色です。紅葉シーズンですので観光目的の車が沢山停まっております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




カンカケ林道の入り口に来たのにチェーンゲートが張ってあります。残念ですがここで引き返す事にします。

後で分かりましたがこれはカンカケ三室林道の入り口だと知りました。

クリックすると元のサイズで表示します




そのカンカケ三室林道へ迷いながらも来たのに通行止めで残念無念の撤退でした。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




一旦国道へ引き返し今度は正式に“前地カンカケ林道”を目指すことにします。

音水湖(おんずいこ)を南進しここから“前地カンカケ林道”を行きます。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




途中に分岐があってどこへ行ければ良いか?分からなかったのですが一先ず左へ行く事にします。

クリックすると元のサイズで表示します




途中で紅葉の山景色を撮って見ました。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




またたび分岐に来てしまいましたが迷った末に左へイチかバチか行く事にします。

クリックすると元のサイズで表示します




結果はオーライでした。国道へ出られた後今度は“野尻阿舎利林道”へ行こうとしたが道を間違えてしまい、引き返したものの時間をロスしてしまいました(-_-;)。

クリックすると元のサイズで表示します




ようやく“野尻阿舎利林道”へのアクセスに向かい残り時間をこの林道へ行く事にします。

下の画像。途中の紅葉がきれいでしたので一枚撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します




さらに進んだ先の分岐で景色の画像を撮ってた時に何やら人の声がします。

自分気のせいかな?っと思ったが分岐の方を見やると女性が声を掛けながらこちらへ寄ってきます。

事情を聞いてみた所。“しめじ”を採りに来たところ路肩に止めてた車が、タイヤがスリップしたため動けなくなり、バイクの音がしてきたので助けてもらおうとここまで走って来たとの事でした。

兎にも角にも状況を把握するべく分岐方向へ行って見る事にします。

下の画像。バイクを置いて女性の方と一緒に現場へ行って見た所です。

クリックすると元のサイズで表示します




スタックした車を見た所パジェロミニのようです。四駆だったら容易くスタックした場所から脱出出来るでしょ。っと思いましたが車の話しを聞いた所この車は2駆(後輪駆動)らしい。

これはちと厄介です(笑)。ジャッキアップして車輪の下に何か噛ませものをしようと思い、その女性の方にジャッキの格納場所を聞いてみた。車体後部にあるが蓋が簡単に開かない。何だかその女性はテンパッてる感じです。無理もないこんな林道の山の奥で車がスタックしたのですから。

何とか蓋を開けてジャッキを取り出しジャッキアップしてタイヤの下に何か噛ませものをしようとしたが、車体を上げると何やら車が坂の後ろへ下がりそうな気配がしたので急いでジャッキを下しました。

次に女性に車の運転で前進させて自分は車の後ろを押してみようと試みたが、残念ながら車は前へ進んではくれなかったです(-_-;)。

かくなる上は女性の父親の軽トラで牽引しようと言う事になり、携帯電話の電波が圏外のため女性の方は歩いてふもとの部落へ行って軽トラを取りに行くとの事です。

自分はその女性に“熊除けの鈴”を持っていますか?っと訪ねたが、その女性は持っていないとの事。

何てこと・・・熊除けの鈴を持たずに女性一人で林道を数キロも歩いてゆくなんてかなり物騒な話です。

止む負えず自分のバイクの後ろにその女性を乗せて麓の部落へ送ることにします。

ただ自分はバイクに乗り始めて31年になりますが、二人乗りするのはこれが初めてです。

それも林道の凸凹路面での初めての二人乗りですから、緊張と不安の中での二人乗りでの走行です。

案の定ダートでハンドルがふらついてきます。途中でガレ石と泥ヌタと路肩崩れが待ち構えていて、何とかハンドルをホールドして進みますが流石に腕が疲れてきてます。

林道のダートを数キロ走りようやく麓の集落へたどり着き、ここで女性にバイクを降りてもらい携帯電話で父親に連絡をつけてもらいます。

連絡がつきその女性は歩いて自宅のある集落へ行きます。自分はその女性に後でお礼をするから待っててくれるようにとの事で待つことにしてました(笑)。

暫くして軽トラがやって来てその女性からバイクで送ってもらったお礼としてお礼の品をもらいました。有難うございます。恐縮でございます。

これで何とか問題解決することでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します




夕方になってきましたので林道を行くのをやめて帰り路につくことにします。

音水湖(おんずいこ)のダムに来たら遅い昼飯にします(それも午後4時です)。

下の画像。夕暮れのダムの景色です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




その走り回ったルートの地図です。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




本日(11月14日)のツーリングの軌跡です。但馬も結構遠いです。

クリックすると元のサイズで表示します




んでお礼の段ボール箱には野菜が入れてありました。季節柄これからはお鍋の季節ですので丁度良いかな?。

クリックすると元のサイズで表示します




本日の全走行は507Kmなり。

クリックすると元のサイズで表示します




後日にそのお礼の野菜とプラス素材で自宅の囲炉裏にてお鍋をしました。ごっつあんでした。

クリックすると元のサイズで表示します




11月14日の但馬ツーリングでは後半では困った人の手助けをして、お礼の野菜でお鍋を美味しく頂きました。有難うございました。

それも自身のバイク人生初の二人乗りを林道のダートでやったのですから、なかなかスリルがありました(笑)。

これもある意味人生経験ですよね。なかなか無い体験でした。

以上!11月14日の但馬林道ツーのレポおわり。


2

2020/11/16

久しぶりのなおりさんと芸北ツー  林道ツーリング

前略。11月8日は"なおり"さんと1年振りに芸北へ林道ツーリングへ行きました。

冒頭から過去形の話になってしもうた(笑)。

当日は午前9時半に"ぞうさんカフェ"で待ち合わせにしてたので早朝に出発とするのですが、前日にバイクの点検をしたのですが何だかチェーンの張りが強めな気がしたので急きょチェーンの張り調整をしたが。次はライトがつかない状態でした(-_-;)。

なおりさんに修理のため待ち合わせ場所への到着が遅れるとの旨をLINEにて送信する。

まずは配線カプラーを外しテスターでもって給電を確認したがちゃんと12V来てました。

次にライトスイッチを点検したが問題なくテスターの針は触れてました。

かくなるはライトの中のH4バルブを点検したがフィラメントの切れは無し。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




何処が原因なのか?ハッキリとしないのでほったらかしにしてたジャンパー線をカプラーにつないで見た所ライトがつきました。どうやらスイッチが原因のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




やっと出発出来そうなのでバイクガレージから外へ出たら、何だか怪しい空模様です。雨が降らなければ良いのだが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します




場所は変わりまして芸北の"ぞうさんカフェ"に到着の場面です。下の画像。

空は晴れて太陽が明るく照らしつけます。気温も温かです。絶好のツーリング日和です。

下の画像。ぞうさんカフェに到着。程なくして"なおりさん"の到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




トイレへ用足ししくつろいだら早速ツーリングコースに向けての談話をします。

なおりさんのリクエストで一本目は芸北オークガーデン近辺のダートで肩慣らしをします。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




オークガーデンのダートを走ったら次なるは"中祖空城線"を行きます。しかしここの林道は近年砂利が敷き詰められてきて、南口からの進入は走りにくいです。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




途中の右折ポイントへ来た。確かここの橋は穴が開いてたのは知ってましたが何ともう一つ穴が開いてました( ; ゜Д゜)。

クリックすると元のサイズで表示します




穴の中を覗いてみたら下の川へ突き抜けております。落ちたら最後バイクの引き上げは難しいでしょうね(-_-;)。

クリックすると元のサイズで表示します




ここで問題です。下の画像に三本の通行ラインを引いてます。私となおりさんは@ABのうちどの通行ラインを通ったでしょう?。メールにて回答を送ってください(する奴居ないだろうな・笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




まずは私から橋を渡りましたがビビりまくりでしたがでも通り抜けました。

次は"なおり"が通行する番ですので急いでカメラを取りだし通行シーンを撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




中祖空城林道を抜けたらお昼にするべく一路掛頭山へ向かったが、通行止めの看板とロープが張ってあるため山へ行くのを諦めて、どこかしら無料キャンプ場へ行くことにする。

最終的には聖湖畔の無料キャンプ場で林道屋台をする事にします。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




昼飯を食べ終わりしばし寛いでから再出発します。まずはバイクにガソリンを給油しに戸河内町のスタンドへ移動です。

給油を終えたら再び芸北へ戻ります。下の画像。林道屋台と給油場所です。

クリックすると元のサイズで表示します




国道186号線を北上し次なるは“町道橋山下山線”を行きます。入口には通行止めのバリケードがありますが、半分空きがある状態でして“通行止め”なのか?“通行良し”なのか?良く分かりません。行ける所まで行って見ようと言う事で行く事にします。

下の画像。皆さんご存じのダートのトンネルです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




結局は通り抜け出来ました。ただ途中に路肩崩れがあるため車は通るのは止めておいたが良いですね。

町道橋山下山線を通り抜けたら次は“城岩林道”を行きましたが、この林道はほとんど舗装化が進んでて残りのダートはおよそ700〜800mしかありませんでした。

次は無名林道を走り最後の締めとして再び芸北オークガーデン近辺のダートを行きます。途中のコーナーで鹿さんに遭遇しました。

芸北オークガーデンに着いたら自販機でコーヒーでも買って飲もうかと思ったが自販機が見当たらない。なおりさんは?と言うとジェラートを買って食べておりました。この寒い季節でもアイス屋ではジェラートを販売しております。

クリックすると元のサイズで表示します




本日(11月8日)の芸北&戸河内町を走り回ったルートです。

クリックすると元のサイズで表示します




出雲市を出発して芸北へ行ってきたルートです。芸北も結構遠いです。

クリックすると元のサイズで表示します




今回(11月8日)のツーリングは早朝からトラブルで果たして芸北へ行けるのだろうか?。っと心配になったが何とか問題解決して行けたし林道も数本走れた。

そいでもって先程の問題でしたが正解はBでした。

それともう一つ気になってたハンドリングですがハンドル仰角を変えたら走りやすくなった。角度一つでダートの走り応えがこんなに違うなんて気が付かなかった。自分はまだまだ林道ツーの修行が足りなかったようでした。

っと言う事で次週も林道ツーに出かけるぞ!。これも修行です(笑)。そしてなおりさんお疲れ様でした。また走りに行きましょう♪。

以上!なおりさんと1年ぶりの芸北ツーを楽しんだレポおわり。

1

2020/11/11

久しぶりの岡山県新見市の林道訪問  林道ツーリング

前略。読者の皆さんいよいよ寒い季節になってきましたが負けずに林道ツーに向かっていますかな?。

今頃になりましたが10月31日の岡山県新見市方面の林道ツーのレポをお届けします。

早朝出雲市の自宅を出発し一路奥出雲方面を進み、そこから県道を進み県境を超えて鳥取県日南町へ出ます。

ここから最初の林道である“道後山林道”を目指します。

下の林道。途中にある“稲積山”の紅葉の景色を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します




さらに県道を進み最初の目的である“道後山林道”の入り口に来ました。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します




久しぶりに道後山林道のダートを行くが砂利路にハンドルを取られまくりで、自分はいつの間にかバイクの運転が下手になったのか?っと思わされた。

しかも路肩崩落の現場が2か所もありいつの間にか道後山林道がおっかない林道に変貌してきたようです。

分岐もありましたが枝道は探索して無いので割愛させて頂きます。尚“道後山林道”の南口へ出たとこにあった釣り堀がいつの間にか閉鎖になってました。

下の画像。道後山林道のルートです。

クリックすると元のサイズで表示します




道後山林道を出た後しばらく県道を進みます。昨年路肩崩れで通行止めになってたあの現場は今は復旧され通行できるようになりました。

下の画像。途中で紅葉の山景色を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




お次は“林道 ナメラ尾谷線・加蔵谷線”へ行ってみる事にします。

間違えそうになりながらもその目的の林道の入り口へ来てそのダートを行きます。

久しぶりに行きますがもしかして自分道を間違えたのだろうか?っと思った。

何せ林道の情景が違うし土質も違ってます。

下の画像。その林道の途中の場面です。

クリックすると元のサイズで表示します




間違いでは無かったようでした。下の画像のように林道の看板がそれを証明してくれてます。

クリックすると元のサイズで表示します




下の画像。その“ 林道 ナメラ尾谷線・加蔵谷線”の軌跡です。案内してもらってからすでに10年以上経ってますので林道の情景が変わってて当たり前でした。

クリックすると元のサイズで表示します




お次は岡山県新見市にある坂根林道と釜谷林道と三信林道とを行こうとしますが、まずは坂根林道を行くことにして見ます。

下の画像。どうも道を間違えてしまったようでしたが来たついでにこの林道を探索して見ようと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します




進んで見たがこの林道の路面に敷き詰められてる砂利は見た目にも値段が高そうなものを使ってるような気がします。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




進んだ先には苗木が置いてあった。これから植林するところなのかな?。ここで引き返します。作業の邪魔しては悪いので。

クリックすると元のサイズで表示します




引き返して分岐を行ってみることにした。途中で何か祠みたいなものがあった。見てみたけど入り口には鍵が掛けられてるし、覗いてみても御神体は無いし洞穴があるだけでした。

クリックすると元のサイズで表示します




さらに進んでいったが道が狭く薮が深い状態ですので引き返します。ここも坂根林道では無さそうです。

クリックすると元のサイズで表示します




引き返した場所で気になる石を拾った。見たところ"たたら"製鉄で出てくるノロと言う鉄のかすのようです。

クリックすると元のサイズで表示します




たまたま道を間違えた先の地元のおじさんの話では、近年林道の草刈りがなされて無く通行できるかは定かではないようです。

下の画像。その間違えた場所です。坂根林道はもっと駅近くからのアクセスでした。

クリックすると元のサイズで表示します




一旦国道へ出て今度は“釜谷林道”へ行ってみたが何と、林道造成工事と伐採作業が日曜なのに作業されてたため通行が出来なかった。

諦めて本日最後の予定である“金毘羅谷林道”へ超久しぶりに行くことにする。

ここへは十何年前にネットで知り合った“うそぎつね”さんに案内してもらったことがあります。それではレッツゴーです♪。

金毘羅谷林道へ進入して進んだら藪くなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します




藪を抜けて林の中の林道区間に出られて安心かと思いきや・・・。

クリックすると元のサイズで表示します




恐怖の雨裂地獄へ来てしまいました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




メイデー!メイデー!当機はこれより緊急離脱します!。

クリックすると元のサイズで表示します




引き返しを余儀なくされた場所です。

クリックすると元のサイズで表示します




国道182号線へ出たら途中のスタンドで給油し道の駅鯉ヶ窪で遅い昼飯にします。すでに午後の3時半を回っております。空腹で目が回っております(笑)。

ここで新兵器の登場です(笑)。それも100円ショップで買った100円兵器です(笑)。

コンビニでおにぎり買って背中のリュックに入れて走るとよくおにぎりが潰れるでしょ!(笑)。

下の画像の入れ物に入れておくとおにぎりが潰れずに済みますよ♪。

クリックすると元のサイズで表示します




食事を終え道の駅鯉ヶ窪を出発し一路出雲市への帰り路につきます。

下の画像。県境の“おろちループ”にかかる橋です。カメラの絞りを誤魔化して撮ったら不自然な写りになってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します




本日(10月31日)のツーリングルートです。今回は引き返しが多く読者の方々にはあまり林道ツーの参考にはなりません(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

そして本日の教訓。林道の凸凹路面にハンドルが取られてしまうのは、もしかしたらハンドルの前後角度が合っていないものと気が付いた。

そう言えば今春ハンドルを外してアルマイトカラー塗装してたので。その時にハンドル角度が違って取り付けたのだろう。

っと言う事で次回ツーリング(すでに過ぎたが)までにハンドル角度を直してツーリングに臨もうと思う。

以上!10月31日の岡山県新見市の林道ツーレポのアップおわり。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ