2020/1/11

2019年12月1日のツーレポです  林道ツーリング

読者の皆様方「新年おめでとうございます」。今頃ですけどね(笑)。

もうひとつ今頃的な話が昨年12月のツーリングレポです。

例によって“タイギィ病”が再発したのでしばらくはブログを投げっぱなしにしてました。

右足も未だに疼いてきますし右のアバラも未だに疼いてきます。これは話の後半に上げておきますね。

2019年12月1日。この日はUさんと久しぶりの林道ツーリングに行く。

まず一本目の林道を走るのだが人の後ろをついて行くのでどの辺にある林道なのか?未だに憶えておりません(笑)。

ダートを出たらしばらくオンロードを走り国道54号の県境のダートの旧道を行きます。

下の画像。古(いにしえ)の古道を行く途上に落ち葉の絨毯状態です。

クリックすると元のサイズで表示します




国道54号線の旧道を下の画像にアップです。

クリックすると元のサイズで表示します




広島県側に入り狭い県道を進みダートを目指して行くが、猪除けのゲートがあり一旦引き返したが通りかかった人から「開けて入ったら閉めてくださいね」とのことで、このゲートを通過させて頂きました。勿論進入後はちゃんとゲートを閉じておいてますよ♪。

クリックすると元のサイズで表示します




ダートを通過後に県道を進むのだが分岐から進んだ先に、何やら牧場を止めたっぽい感じのダートを進みますが行った先で行き止まりでした。

クリックすると元のサイズで表示します




軌道修正してダートを進みますがまたしても行き止まりでした。下の画像。ここの地蔵さんの場所からの分岐ルートを行き舗装路をしばらく迷走して国道54号線へ出る。

クリックすると元のサイズで表示します




国道54号線にあるセブンイレブンにて昼食にします。昼休憩後は再出発し一路“毛無山林道”を行くことにする。

下の画像。広島県の旧・布野村と旧・作木村の林道を行って来た(迷走した)ルートです。

クリックすると元のサイズで表示します




無料高速を通って北上し高野町へ来た。次なるは“毛無山林道”へ行くためである。しかしココでアクセスに迷いようやく林道へ来れた。

下の画像。毛無山林道の南口の名物“沢渡り”です。ここでさわ(沢)やかに渡って行きますが行った先で柔らかい路面にハンドルを取られそうになり面白くも無いので、例によって戦意喪失でUターンすることにする。

クリックすると元のサイズで表示します




毛無山林道へ行ったルートです。左が・・・ちゃいます。右の軌跡が正解です。

クリックすると元のサイズで表示します




本日のオーラスとして“林道 芦谷杉戸線”へ行く。フラット路面のダートでしたので調子良く走行してたのですが突如フロントタイヤがスリップして転倒してしまう。

後で気がついたがうかつにも轍に入り込みハイスピードでしたのでハンドルを取られてしまいフロントスリップでコケてしまった(-_-;)。

転倒時に身体の右半身をしこたま打ち付けてしまった(>_<;)。2018年2月に大型バイクで事故して負傷した右半身の古傷を再び打ち付けてしまったのだ。

右足首を傷めてしまい右のアバラも傷めてしまった。しかも右のアバラは昨年の事故で肋骨を6本も折ってしまった古傷です。再び打ち付けてしまったので右のアバラも痛かった(>_<;)。

それよりも右足首がもっと痛い。何とかバイクに乗って帰れそうですが気持ちも痛いです(>_<;)。

Uさんのアドバイスで帰ったら足首を冷やしておきます(翌日にですが)。

下の画像。その転倒した魔の“林道 芦谷杉戸線”です。

クリックすると元のサイズで表示します




芦谷杉戸線を通過後に国道を行き帰路につき、途中でUさんと別れて出雲市内の自宅へ帰る。

下の画像。2019年12月1日のツーリングルートです。

クリックすると元のサイズで表示します




以上!今頃ですが2019年のシーズン最後のレポおわり。



Ps,右足首と右あばらがいまだに疼きます。歳を取ると治りが遅くなります(-_-;)。

2

2019/12/3

但馬林道2019年ファイナル  林道ツーリング

前略です。11月17日の日曜はまたたび但馬へ林道ツーリングに行って来ました。

季節柄紅葉ツーリングになることを期待して行きます。

早朝出雲市の自宅を出立し一路兵庫県北へバイクを進めて行きます。

神鍋高原に来たら本日一発目の林道として作業用林道を行くことにします。

下の画像。早速紅葉の・・・じゃない木枯らしの林道です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




途中の分岐から行った先は電波塔のある行き止まりです。

クリックすると元のサイズで表示します




もと来た道を戻り分岐を別に進んだら何と“三川林道”の標識?。ウソだろ。三川林道は全線舗装路だし作業用林道と繋がってるのか?。

クリックすると元のサイズで表示します




進んだ先ではまたも電波塔が・・・。しかも山歩きしてる人達が休憩しております。

三脚で固定されてるカメラがあったので先を見てみたら海岸の町らしき景色が見えてます。

自分も海の見える景色の画像を撮り引き返す事にします。

クリックすると元のサイズで表示します




引き返した後分岐のゲートを越えた先が二番目的の“林道水口線”です。しかし進んだ先では重機による木材の伐採作業が行われてるので、止む終えずUターンすることにしました。

下の画像。その地図です。

クリックすると元のサイズで表示します




林道を引き返し神鍋高原の県道を進んだら、今度は“林道三原水口線”を行くことにします。

道を間違えながらも何とか林道三原水口線へアクセスします。

ここではヘルカメを装着し林道走行の動画を撮りながら走行します。途中で鹿さんに遭遇することを期待して行きますが、この時に限って鹿さんは現れてくれません(笑)。期待してたのに残念です。

林道三原水口線を通りぬけたら途中の広い場所で昼飯にします。auタブレット見ながら食事して次なる林道を確認して行きます。

クリックすると元のサイズで表示します




本日の前半戦のルートアップです。

クリックすると元のサイズで表示します




舗装林道“奥山床瀬林道”を通り抜け県道を通り道の駅神鍋高原に来て休憩します。

休憩したら今度は一路“林道羽尻線”を目指して行きますが何と通行止めの看板が・・。行けるところまで行って見る事にします。

クリックすると元のサイズで表示します




入り口の所で一旦動物除けの電線を外し通過したら再び電線を張っておきます。ここから林道羽尻線を目指して行きますが、憶えのある分岐から林道の坂を上るのですが、何とチェーンゲートが張られてました。通行止めでした残念!。

止む終えず引き返し今度は“神鍋蘇武林道”を行って見る事にします。

万場スキー場を目印に進んで行くとダートの入り口が見えてきます。

広島県の芸北国際スキー場と同じようにスキー場の中を通る林道です。

下の画像。ここをレッツゴー!です。

クリックすると元のサイズで表示します




途中から景色の画像を撮ります。これが夜ならばふもとの明かりがきれいに見えてたりして。でもココの夜は寒いだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します




神鍋蘇武林道を楽しんだら舗装林道を経由し、林道栗ヶ尾線を再び行きます。

下の画像。しょぼいスナップ画ですが楽しんで走りました。

クリックすると元のサイズで表示します




後半戦の林道ルートを下にアップです。

クリックすると元のサイズで表示します




午後の16時過ぎになったのでそろそろ出雲市への帰路につきます。

兵庫県北部を抜けたら鳥取市を通過し、青谷バイパスに入らずに旧国道9号線を行きます。

今シーズン最後の但馬帰りですので久しぶりに“漁火”を眺めながら帰ろうとしたがなかなか漁火が見えてきません。

今夜は時化のため漁に出るのを止めたのかな?。残念な思いを抱きながら帰ります。

しかし・・・北条バイパスにきたら事故のため渋滞になっておりますので、途中で左へ曲がって別ルートを通って帰ることにします。下道を通過したら再び旧国道9号線を進みます。

ココに来て数が少ないながらも漁火が見えて来ました。例年ならもっと沢山の漁火が見えて良い眺めですよ。

道の駅赤崎にて休憩してから再出発し国道9号線から再び山陰道を通ることにします。

下の画像。こんなとこです。

クリックすると元のサイズで表示します




そして毎度恒例の出雲市と但馬を行き来したルートをアップです。それにしても但馬は遠いですね。

クリックすると元のサイズで表示します




以上!2019年シーズンの但馬戦はこれにて終了です。走り残しの林道は来シーズンに改めて行くことにします。

今回はトラブル無く但馬の林道を楽しめました。よって本日の教訓は無しです。



そう言えば今回は鹿さんが現れてこなかったのでメルカメに鹿さんの動画を捉えることが出来なかった。残念です。

動画も近くアップしてみますね。ただしフェースブックブログにですけどね。



4

2019/11/18

11月4日但馬林道ツー  林道ツーリング

前略。2019年11月4日に再び但馬へ林道ツーリングに行って来ました。

この日はUさんとでは無くソロで行って来た。

今回は池ノ尾林道へ行って見る事にする。10年前に行ったときは工事中でまだ全線開通はされて無かったです。その池ノ尾林道が6年前に全線開通してたのに私知らずにいました(笑)。

10年前のほとんど忘れかけてる記憶を頼りに行ってたのですがどうも違う感じの林道(廃道?)です。

下の画像。藪草が深いので深入りするのは止めてUターンします。

クリックすると元のサイズで表示します




国道へ出たら次なるは本谷林道と池ヶ平林道へ行って見る事にします。

まずは本谷林道を通りますが画像を撮り忘れた。本谷林道を通過後県道を進みますが、途中にあるはずの大銀杏の木が見当たりません。

もしかして伐採したのか?それとも先般の台風で倒木になり撤去されたのか?。せっかく黄葉の季節なのに例の大銀杏が見れないなんて残念。それとも自分の見落としだろうか?。

そしていよいよ次に池ヶ平林道へさしかかろうとしたのだが道を間違えてしもうた。

下の画像。起動修正しようやく池ヶ平林道の入り口に来ました。

クリックすると元のサイズで表示します




池ヶ平林道のピークにさしかかった所で何と日本海の水平線が遠くに見えて来ました。

自分この林道へは過去何回か来た事があるのだが、日本海の海が見えたのは今回が初めてです。

下の画像。日曜に雨が降ってたおかげで黄砂が消えて遠くの景色がはっきりと見えます。

クリックすると元のサイズで表示します




下の画像。本日2本行って来た林道ルートです。

クリックすると元のサイズで表示します




お次は林道宮神山田線へ行きました。途中の分岐から本谷奥線を通り次に用野和佐父林道へ行くはずでしたが分岐にチェーンゲートが張られてます。

下の画像。ここで昼飯にして次にどこの林道へ行くかを思案します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




宮神山田線を通り抜けて国道9号線を通り、国道482号線の矢田川沿いを進み途中を曲がります。

次に栗ヶ尾林道を行きます。前半はあまり色気の無いルートですが後半からは秋の彩りの良いルートになります。下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




栗ヶ尾線は距離が短いものの素晴らしい秋の情景を見せてくれます。

終点を出た先は舗装林道“妙見蘇武林道”です。20年前は全長約10Kmにわたるロングダートでしたが10年前に全線舗装されたようです。面白かったのに残念でなりません。

その舗装林道を進んだ先で神鍋高原(盆地?)を見渡せるスポットで撮影です。ここはスキー場の斜面ですので景色を見渡せます。

クリックすると元のサイズで表示します




さらに進んだ先には林道の十字路があります。画像では舗装林道の十字路となってますが、かつて20年前はここはダートの十字路でした。しかも神鍋トンネルは当時は工事中でしたので、国道482号線から脇に入って神鍋蘇武林道を通って神鍋高原へアクセスしてました。

現在は妙見蘇武林道と三川林道はともに舗装化され。国道と繋がってた林道は土砂崩れで通行不可となってます。面白くも無く残念に思います。

クリックすると元のサイズで表示します




村岡神鍋林道の終点近くで下の画像のような情景を見つけた。なかなか絵になりそうでしたので撮影しました。ここで斧を誤って湖に落としたら妖精が出てきて金と銀の斧を持ってきそうな気がするのは私だけ?(笑)。それとも犬神家の一族の映画のように水面から足がニョキっと・・・キャーーー−−−−−!!!!!!!。

クリックすると元のサイズで表示します




本日のオーラスの林道ルートを下の画像にアップです。

クリックすると元のサイズで表示します




神鍋高原に下りたらお約束の但馬ドーム近くの銀杏の黄葉を撮りに行きますが・・・。

御覧のようにまだ(11月4日時点で)完全に色づいていません。来週には黄葉の落ち葉が拝めるのかも知れません(もう過ぎているかも知れないが)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




道の駅神鍋高原にてトイレ休憩しコーヒーでも飲みながら休憩しておりました。

時間が来たのでそろそろ出雲への帰路に着くことにします。国道9号線にて快調に飛ばしまくりますが、追い越し車線の登り坂で軽トラを抜きカーブに差し掛かったところ、突然リアータイヤがブレだして昨年の大型バイクでの事故を思い出し、恐れおののいてアクセルを戻し路肩へよります。

バイクの後ろ側を見てみたらリアータイヤに釘が刺さりパンクしておりました(-_-;)。

誰だ!道路上に釘を落とす奴は!。わしのバイクのリヤタイヤに釘が刺さってパンクしてしまったではないか!。

自分のバイク人生で始めての釘刺さりのパンクです。泣きっ面になりそうです。

とにもかくにも出雲へ帰らなければなりません。ここで思いついたのが普段お世話になってるバイクショップ“マルティー”へSOSの電話をします。

出雲市からショップのトラックがこちらへ来てもらうと並行して、自分もゆっくりスピードで鳥取市へ移動してショップのトラックに拾ってもらう算段です。

鳥取市に着いてひとまずセブンイレブンのコンビニでもう一度ショップに電話し、自分の現在位置を知らせておきます。

しかし出雲市から鳥取市へ来るのに時間がかかりますのでここで待つことにします。

下の画像。だいぶ暗くなってきましたね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




ようやくショップのトラックがやって来ました。自分のTT−Rをトラックに載せてもらい、自分もトラックの助手席に乗せてもらい出雲市へ帰ることになります(笑)。

ショップの超特急便で出雲市へ帰ることが出来ました。店長さんおかげで助かりました。有難うございました。

んで自分は自宅へTT−Rはショップへと運ばれて行きました(笑)。リアータイヤは予備のものがありましたので店長に預けてタイヤ交換をしてもらいます。

しかし自賠責保険が期限切れ近くでしたのでタイヤ交換と保険更新とかで高くつきました(>_<;)。仕方無いですね。

後日ショップからタイヤ交換の作業終了の電話がありバイクを配送してもらいました。

下の画像。ミシュランタイヤ謹製のアナキーワイルドです。今度はこれでダートを攻めてやるぜ!(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します




ところで11月10日はUさんと再び但馬林道ツーリングに行く予定でしたが、休日仕事が急に入ってきたたキャンセルとなりました(-_-;)。仕方がありません。バイク活動資金生活のためですから・・・。

っと言う事で11月17日にはどこかへ?林道ツーリングに行きますかね。

アナキーワイルドのタイヤの実力を試して見たいですからね。それにしても但馬へ楽しみまくったあとでとんだトラブルに見舞われるなんて思っても見なかったです。

以上!11月4日の但馬の林道ツーリングのレポおわり。



本日の教訓!。タイヤのパンク対策(応急処置)を用意してくるべし。それとレスキュウーサービスは金額が高いですので、皆さんちゃんとバイクの任意保険にレスキューサービスの特約をつけてもらいましょうね。

自分は勿論特約をつけてもらったのでレスキュウーしてもらいましたよ♪。でも来年の保険料の支払いが高くなりそうです(-_-;)。




もうひとつありました。それは本谷林道から池ヶ平林道へ行く途中にある大銀杏の木です。

2年前の但馬のツーリングで見たその画像をアップです。

クリックすると元のサイズで表示します




3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ