2015/11/3

ジムニー車中泊 in 但馬 後編  ジム二ー号出動!

読者の皆さんお元気ですか!。私は運動不足と歳とったせいで元気がありません(-_-;)。

前編からかなり日にちが経ってきたので何書こうか?忘れてしまいました(←馬鹿)。

っと言う事で続きを書いて行きますね。野生の雄叫びが響く夜が明けて朝になりました。

下の画像。朝もやの景色が眺められます。

クリックすると元のサイズで表示します





続いて登る朝日です。眩しいです(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します





朝飯を食べ終えたら片づけをした後再出発します。下の画像。瀞川氷ノ山林道をこれより進んで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します





林道を進んで行った途中の景色です。朝もやの影響であまり上手く撮れてません(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





途中で舗装林道になり見慣れない分岐が現れました。ここの探索は次回の宿題にして先へと進みます。

クリックすると元のサイズで表示します





林道の途中のスキー斜面から景色を撮る。まだ朝もやの影響が・・・。

クリックすると元のサイズで表示します





林道を出て国道29号線を鳥取市方面へ進む。途中の“流しそうめん”のレストランを通りかかるが.出入り口に柵がかかってます。もしかして店が閉鎖になったのか?っと心配になったがどうやらシーズン終了で当分休業との事でした。

でもかつては冬場を除いてほとんど営業していましたからね。ちょっと寂しい感じがしてきます。

クリックすると元のサイズで表示します





もうひとつ寂しいものがありました。それは“やまめ茶屋”です。かつては県外ナンバーの車が来て.やまめ茶屋でお食事をしにくる客がよく来てました。

いま現在は国道29号線からの入り口の看板が朽ちかけています。下の画像。客の車はさっぱりと見かけません。藁葺き屋根の一部が垂れてきてます。見るからに寂しい感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します





下の画像。2001年に撮った画像です。この頃はお客がよく来てました。左のバイクは私のTT-Rです。自分も食事に来てました。

クリックすると元のサイズで表示します





下の画像。店の中の囲炉裏です。ここで山女定食をいただきました。鹿刺しも食べたことがあります。美味しかったです。これも2001年の画像です。

クリックすると元のサイズで表示します





今度また来る機会があれば店を訪れて見ようかな?っと思ってます。時間が無くて近くを通りかかっただけですので。おじさん元気かな?。気になるところです。

以上!ジムニー車中泊 in 但馬 後編 おわり。



0

2015/10/25

ジムニー車中泊 in 但馬 前編  ジム二ー号出動!

去る10月3・4日に但馬(兵庫県北部)にてジムニー車中泊をしてきたレポをお送りします。

それまでは何処で車中泊するか?考えてましたが最終的には氷ノ山林道の北側の見晴らしの良い場所にすることにします。

土曜日の朝出雲のアパートを出発し一路但馬へ向けて進みます。

鳥取県境を越えたら目的の"蕎麦屋"へ行きます。下の画像。目的の蕎麦屋です。

クリックすると元のサイズで表示します





下の画像。注文の品が来ましたので早速食します。美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します





食事を終えて駐車場へ出ると何と今話題の逆3輪車が登場です。こっそりと撮影したので下の画像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





LlKE A WIND のTV番組のCMで良く見るので(you tubeですが)、もしかして関西方面から来たのかな?っと思いナンバーを見てみた。

何と島根ナンバーです(爆笑)。何処のショップで買ったのだい?。

蕎麦屋を出て今度は温泉へ行きます。下の画像。おじろ温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します





すぐそばを沢が流れてます。夏場は涼めるのかも?。

クリックすると元のサイズで表示します





温泉をたっぷりと堪能したら国道へ出て途中の店屋で食材を買います。

更に国道を移動し山を登って行くと氷ノ山の入り口へ入ります。

目的の場所へ到着しここでジムニー車中泊をします。

下の画像。展望所から見渡した景色です。こうしてみると但馬って盆地なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します





そろそろ日が暮れてきたので宴の用意をします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





肉と野菜をじゅうじゅうと焼きます。缶チューハイをぐびぐび飲みながら食べます。本来ならば但馬牛の肉と行きたい所でしたが.値段が高いし安ければ何でも良いやと言うことで安い肉にしました。でもアウトドアでの焼肉は美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します





飲み食いした後は眠たくなってきたので車の中で寝ることにします。

クリックすると元のサイズで表示します





食事をしてるときもですが寝るときでも時々闇夜から野生の雄叫びが聞こえてきます(笑)。

夜中に用足ししたくなったので車のドアをゆっくりと開けます。目の前にでっかい鹿が潜んでいないか気にしながら車を出ます。

獣が居ないなっと安心したが闇の向こうに何やら黄色い光るものが二つも・・・。

いったん消えたのでもしやっと思い自分奇声を上げてみたら.またも黄色い光るものが二つも現れた。

もしかして闇の向こうに鹿さんが潜んで居そうです。襲われないように祈りながら暗闇で用足しします(笑)。

月夜がとってもきれいですね。狼男さんが現れるのかしら?なんてね。

クリックすると元のサイズで表示します





暗闇から聞こえる野生の雄叫びの正体はもしかしたら鹿さんかもしれません。

以上!ジムニー車中泊in但馬の前編おわり。続きをお楽しみに。


3

2015/3/4

2015年1月21日のレポ  ジム二ー号出動!

今年(2015年)に入ってすでに3月になりましたが.ブログ記事はようやく1月のネタになってきました。

1月21日の今回は広島へ久しぶりに“かき小屋”へ行きました。牡蠣ほか魚介類のバーべキュウーを堪能するぞ!。

朝早く出雲市内のアパートを出発し国道54号線から最近開通した“尾道松江道”(まだ三次までです)を通り.一路広島を目指します。

下の画像。松江道を進んで高野町を通るところ。雪があります。

クリックすると元のサイズで表示します





高速をしばらく進んで三次へ差し掛かったところです。さっきまでの雪はうそのように無いです。

クリックすると元のサイズで表示します





三次から中国自動車道へ入りさらに分岐から山陽自動車道に入り.そして“西風新都インター”をおりて県道を行きます。

途中の交差点を間違えて右へ行くとそのまま広島市内へ行ってしまいますので.真っ直ぐに進み“沼田自動車学校”横を過ぎて県道71号線へ左へ行く。

しばし進むとアストラムライン沿いの道へ出る。右へ行きしばらく行くと左手に目的の“かき小屋・沼田店”へこれます。下の画像。ようやく到着です。

クリックすると元のサイズで表示します




11時半の開店で中へ入ります。下の画像。早速海物と肉をトレーに取りレジで前払いし.席へ案内してもらってバーべキュウー開始です♪。

クリックすると元のサイズで表示します





ジュウ〜♪・・・ではなくてパチパチ・・・とはじける音がします。ホタテの口が開き醤油をたらし込みます。牡蠣がなかなか焼けません。他の具が焼けて食べてる間に牡蠣が焼けるのを待ちますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します





まだ牡蠣は焼けんのんかいのう?。っと思ったが.ナイフでこじ開けて見ましたがお見事中が焦げてました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します





私。重大なミスをやらかした事に気づきました(笑)。どうやら牡蠣の上に四角い蓋を載せて.蒸し焼き状態にしてやらないと口が開かないことに気づいた(笑)。

再度牡蠣を網に乗せて蓋をかぶせて蒸し焼きにしたら.今度はうまい具合に牡蠣の口が開いた。下の画像。うまくいった焼き牡蠣です。

クリックすると元のサイズで表示します





一通り食べたらお替りを取りに行きレジにて追加支払いです。下の画像。見れば分かりますね(笑)。ソーセージはあまり美味しくは無かったが.三原産の蛸串は美味しかったです。

噛めば程よい弾力と味が出てきます。とても美味しかったです。一杯のおつまみに欲しいところです。

クリックすると元のサイズで表示します





具を取りすぎたか?腹が膨れて食べ切れそうかどうか?でしたが何とか残さず食べれた。

食事を終えたら店を出て帰路に着きます。下の画像。アストラムラインです。

クリックすると元のサイズで表示します





ここからもと来た道を戻り一路出雲へ帰ります。出雲市内へ戻ったら久しぶりに“平成温泉”へ行ってひとっ風呂浸かってきました。

尚今回“かき小屋沼田店”へのお出掛けコースをグーグルあっぷです。

クリックすると元のサイズで表示します







1月31日の日曜もまた“かき小屋”へ焼き牡蠣を堪能して来ました。そろそろ牡蠣に飽き始めたのでまた来年ですね。おっと・・・ここで鬼が笑うか?(笑)。

以上!1月のレポおわり。





3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ