2020/5/17  11:09

宇佐美先生からの「なぞなぞ」第二回  活動報告

 第一回の答えに続き、第二回のなぞなぞです

    

       「なぞなぞ」(第二回)

 この世は全て「なぞ」だらけ。謎解きを楽しみましょう。
1、 扇破れて二つになる。(地名です。美しいところです)
2、 梅の木を水に立て替えなさい。(広い、広い。漢字1字)
3、 いろはほへと。(羽をバタバタ、カケー。漢字1字)
4、 嵐の後、紅葉(もみぢ、旧かな遣い)が道を埋める。(今朝は寒いね。漢字1字)
5、 風呂の中で、五七五を考える。(風呂の中で俳句とは、風流ですね。漢字1字)
6、 きつね、途中で返る。(見上げてごらん、夜の空を。漢字1字)
7、 二十人木に登る。(ゆっくり味わいたいですね、草人木。漢字1字)
8、 婆(ばば)には二度会って、爺(じじ)には一度も会わない。(声に出して。漢字1字)
9、 命は笛の間。(十二支とイロハ歌を書いてみましょう。漢字1字)
10、宇佐も宮 熊野も同じ神なれば、伊勢・住吉も同じ神々(良い声です。「○グ○○」)
○(大人に、おまけ)十里の道を、今朝帰る。(飲みすぎに、ご注意)
◎「掛金」とかけて、〈浪速の人〉「大船」と説く。その心は、「港に(皆戸に)つく」・京の人「女」と解く。「殿さん〈戸の桟〉につく」・〈江戸の人〉「茶碗酒」と解く。「掛けて(引掛けて)から」寝る。(「剣道」とかけて、「○○」と解く。その心は、「○○」)


    

前回のなぞなぞは辞書やネットを調べれば結構答えがわかりましたが、今回の問題、私が思うになかなか難しそうです

難しそう〜〜とのつぶやきに、宇佐美先生からは
今回はなぞなぞらしいなぞなぞ  調べても解らないと思います 
道筋にきがつけばそれほど難しくはないでしょう、とのお返事

イロハ歌に十二支  知らない子供多いと思いますので、ご両親から聞いてください
ご家族で一緒にお考えくださいとのメッセージです

大人は変に考えすぎてしまいます
頭の柔らかい子どもの方が閃くかもしれませんね

因みに、今回の答えは書かないそうです

気になって仕方がないですT_Tと申し上げたら、ある時ひらめきますとのお返事

緩んでしまった脳みそを復活させるべく、大人もチャレンジしましょうグー汗


答えが分かった子供たちは、先生にお手紙でもハガキでも良いので送ってみてください
お返事くださいますよ

どうしてもわからない時は、
水月の稽古でお友達とあった時に、お互いにわかった?と会話しましょう
宇佐美先生〜!?、ヒント下さいゴメンと聞きに行っても良いですね

なぞなぞ、次は・・・
漢字と仮名のお話とのこと

楽しみに待ちましょう

宇佐美先生 いつもありがとうございます
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ