2010/7/24  16:10

デザイン会社@ビジネスマナー  日常業務の出来事

みなさん、こんにちは。
熱中症対策、大丈夫ですか?

私も暑くて溶けそうですが、中々見た目は痩せません。
どうしたことか。
こんなに汗をかいてるのに。

先日ホットヨガのインストラクターがおっしゃってました。

「夏こそ代謝が悪い」

夏は運動をしなくても汗をかくけど、皮膚の表面的な部分で汗を
かいてるだけで、体内の発汗作用が「錯覚」を起こし、
汗をかいているから発汗されている・・と判断し、
体内の発汗作用を停止するそうです。
よって、中から発汗しているわけではない体に、冷房で冷やされたり
冷たい飲料や食べ物を流し込むことによって、代謝が悪くなり、
だるさを引き起こすとか。

私の説明でわかるかしら?笑




さて。本題です!



最近、考えさせられることが多々あるんです。

現在、あるデザイン系のお仕事を依頼している
会社さんのお話です。

数十万の仕事の依頼をしましたが、
契約書をかわすとき、郵送で送られてきました。

その郵送物には、書類送付書もなく、
ただ契約書と控えが2セット入っていただけでした。

返信用封筒も入っていない・・。

電話をして確認をしたところ、
当たり前のように「署名・捺印をして原本を送り返して下さい」と。


は?あ?びっくりなんだけど。


私どもが仕事をする上では、契約は、会ってするのが当然です。
契約を頂くのですから、お客様のところへ出向き、
契約事項や、重要事項を説明するなどして、
ご納得いただいたうえで署名捺印を頂戴する、というのは
もう当然の中の当然です。


場所に関しましては、お客様の都合によっては
当社でする場合もあります。

又、「注文書」という形で、細かな修理のご依頼を頂くときは
FAXや郵送のやり取りもします。


その時は、当然ながら、
「この度は当社をご用命いただきまして誠にありがとうございます」
「この度はご契約を頂き誠にありがとうございます」
などと、感謝の言葉を添えるのがマナーでもあり、
添えたい気持ちになるのが契約を頂いた時の喜びですよね。



仕事を依頼することになるまで(相手からすれば仕事をとるまで)
は良かったのに、契約に来てこれは、とても残念な気持ちになりました。


私は決して、契約書を返信する際の切手代をケチってるわけではありません。


数ヶ月前のことなので、忘れたいところなのですが
最近、やりとりの中でも頭を抱える事が出てきて
考えてたら、思いました。


そうだ・・
始まりが良くなかったからだ。


と思ったのです。
あー。
やっぱり「契約」はとても大切な業務です


「契約」だけが大事じゃないけど、
お仕事をさせて頂くって、もっと嬉しい事じゃないでしょうか。
もっと感謝することじゃないでしょうか。

きっと、この業務を大事にしている会社で働いてるからか、
いやいやほんとに当然ですよね、書類送付書と返信用封筒。笑

私が間違っているのかな??

このような会社さんとは今後は無いな、と
どっかで判断してしまっている自分もいます。


但し、こればかりは社長の許可が必要なので・・



難しいですね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ