2011/3/17  13:03

原発問題で困っています・・  プライベート

福島の親戚が皆、放射線の退避エリアです。


飯館村にいる3件のうちの1件は


娘が住んでいる郡山に逃げました。


しかしお父さんは自分の母親が近くに一人で暮らしているので


まだそこにいます。


でも、もう飯館村も危険になり


村全員が逃げる準備をし始めました。


15日に本人たちと連絡が取れてから


状況が、時間ごとに変わっていく


気の抜けない状況。


頑張ってくれてる救助者をテレビで沢山見てるので


批判するつもりはありませんが


飯館村の人たちはみんな、退避エリアだから


何の支援も来ない、と困っています。


目の前を自衛隊がノンストップで通り過ぎていくそうです・・。


既に、水は危険で飲めない状況です。


タンクがあるのに危険だからと止まってくれない。


自衛隊は国の指示によって動いてるので


国の指示以外はダメだそうです。


退避エリアは、みんな困っています。



今朝、テレビでみました


退避エリアで同じように困っている方が


ネットの掲示板に書き込んだら


それをツイッターで流してくれた方が居て


他県から食事や薬を持って駆けつけてくれた、って。


涙を流して喜んでました。


今、郡山に避難している私の親戚は


横浜(私の実家)へ来ることを視野に入れて準備してます。


いつでも受け入れられるように


私の母も準備をしています。


今朝、近所の農家の方が町中の米不足を知って


母の家にお米を持ってきてくれたそうです。


とても助かります。



これから親戚が避難してくるには


お米も必要です。


一人、女の子が障害者です。


うちの実家のトイレはものすごい狭くて


車椅子対応できないのですが


女の子だしすごく気になるところですが・・


そうですね・・・今は、避難できるだけでも。




母の同級生も、都内に住んでいるのですが


急いでアパートを契約して避難させたそうです。




もう1件の本家に住む親戚は


つい先日まで、停電・断水・通信網寸断・の状況だったので


敷地内に流れている小川の水を飲んで


車中で暖をとり、しのいでいました。


私も子供の頃、ゲンゴロウやアメンボと一緒に遊んでいた小川。


川の水も飲めました。



お嫁さんの親戚が宮城でアパートを持っているそうなので


そこへとりあえず近所のみんなを連れて逃げるそうです。



もう1件は郡山の次女の家に。



原町に住む親せきは、埼玉の次女の家に。




みんな


村や町のみんなで自分の家に残っている食材で


しのいできたそうです。


テレビは一部なんですね。


退避エリアになったとたん


支援がなくなった。


国は信用できないと言ってます・・。



本当に心細くて不安だろうに


強い気持ちでみんな精一杯動いてます。


なので。。


必要以上に買い物をしないで欲しいです。




きっと、うち以外にも


避難先として受け入れている家は関東圏にも


たっくさんあると思います。




昔、福島の原発を作るとき、母達は反対してたそうです。


このようなことが起きることが嫌だと。


でも国や東京電力は


税金が入ってくるから町が潤う、とか


良いことを沢山言ってきたそうです。


その言葉を信じて、反対しない人たちも居たそうです。


でも放射線を使う原発は嫌だ、と。


よくわからないけどエコやエネルギーとかの問題もあり


やむを得ずってのもあったと思いますが


日本は広島長崎の空襲で原爆を浴びていて


もともと放射能に対しての恐ろしさは知っているはずだと。


それなのに、なぜ、と。


いろいろあったそうです。


今後、原発自体が解決しても


町に住めなくなる可能性は大です。


土も水も、ダメとなれば


うちの親戚も、もとの家で暮らすことができません。



ゴミも。日本のゴミ処理場の数は


世界中のゴミ処理場の7割を占めてるのです。


分別に関しても世界一かもしれませんし


エコに関しても先進国かもしれませんが


借金大国になってんじゃ先進国でもなんでも無くなっちゃいますよね。


とにかく。


私も今朝、親戚の避難について母から聞き


被災地では本当に沢山の出来事が起きていることが


よくわかりました。


これもほんの一部に過ぎません。


募金もしましたが。


出来ることは助け合いですね。


自分の周りにも被災地から来る方が居るかもしれないとか


アンテナを張ってると良いかもしれません。


午後から計画停電になるかも知れないので


急いで書きました。乱文ですみません!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ