2011/5/9  17:32

一歩ずつ・・  CLOUD BREAK-history-



お店を出店するために大切なもの・・

本象牙で、実印を造りました。
クリックすると元のサイズで表示します

主人は余り気にしないのですが

私は子供のころから両親をみてきて

「印鑑は大切な顔」だったり「身代り」だったりと聞いてたので

気にする子。

すごい高価なものだし、これからお金もかかるし

大変な時なので悩んだのだけど〜

これはこれ。それはそれ。的な。

スルー出来ませんでした。

連休中に届いたのだけど〜

姓名判断から何から全て鑑定してくれて

直筆で様々な内容を書いたお手紙を・・。

すごいです。高額の価値はあります。


届いたものは主人の手で開けてもらって

一緒に「へぇ〜すごいね〜」と見たけども

何だか、背中を押された気持ちと

なんとも言えない

ズシっとしたものが来ました!



印鑑は、最初、真っ白の紙に気持ちを込めて

100回は押してから使うようにと言われてたのを思い出し

きっと今日、主人はやってると思います。

ぜーったいそういうの嫌がるっていうか

興味無くてやらない人なのに

私が言うことはちゃーんと聞く主人

ま、最近になってようやくですがね〜

やはり一つ一つ、形になって来て、実感がわいてきたのかな



ん。

それと

象牙は今は少ない象さんの大切なシンボル。

大切に大切に、遣わせて頂きたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ