2011/7/11  18:56

ぷーぷぷ。  プライベート



昨日の波乗りは最高に良い時間でした。


海に入りだした頃、ワシャワシャだった波が段々整ってきて


サイズはアップするし、何本もやってくる。


力は弱かったけど、何本も乗れて


ゆったり遊ぶには最高の波でした♪


そして、もうひとつ。


私がサーフィンを上達する糧となった人物が目の前に出現!


そう。あまり大きな声では言えないけども


夏限定で材木座にいらっしゃるある地域の方々が居るのですよ。


皆さん良い方たちなのですが、その中の一人だけ


チョイワルオヤジ的なサーファーおじさまがいるのですよ。


さかのぼること3年前。


私はここで、この場所で、初心者でサーフィンの練習をしていた。


もちろん、師匠も主人も居たし、周りにはサーファーが沢山いた。


私はボードにしがみつき、負けずと周りのサーファーに並んで波待ち。


だけども、ビッグウェーブを狙う方たちは、もっと沖にいる。


そんなビッグウェーブがやってきて、そのオッサンが波乗りしてきた。


私は、師匠に言われてた通り、下手に動かずにじっと構えていた。


すると


「おーい!邪魔だよ!!!」と言って突っ込んできて、ボードから降りてしまった。


その後、更に「波をよく見て待てよ!!」と怒鳴られ沖に戻って行った。。。


私は「すみません!!」と謝った。


が、周りは私に同情する温かな眼差し・・・


私が悪いのだと思っていたのだけど「へ?」と思ってたら


師匠が笑いながら「あいつ下手なんだよ(笑)自分が避けられないからってさ(笑)」



と、聞いた瞬間、ホッとしたのと同時に



悔しさが込み上げてきた。pu


一緒に波乗りしていた女の人も(確かにスタイル抜群だしキレイだけど)


一緒になって笑ってた。


んーーーーーー悔しいーーーー!!!




いつかあいつを見返してやる!


いつかあいつを、黙ってサササ〜♪って避けてやる!


お前みたいに文句を言わない爽やかなサーファーになってやるーーーーっ




と、決心してからは、どんなに険しい波の日でも



スパルタ師匠に「まだまだだね、里美ちゃん( ̄ー ̄)」と言われて



心が折れそうな時も



奴を思い出して頑張ってきた。



そして、去年。夏がやって来て、奴を見かけた。



が、人が多すぎてチャンスが無かった。笑



そして3年目の夏である、昨日。



ボードをかついで海に入って行くと目の前にヤツが・・・



チャーンス♪



私と主人とヤツだけの空間がそこにはあった。




主人がヤツと同じ波に乗ったので



私は次の波で乗った。


そして、ヤツは波と主人に置いてかれて、乗れずにアワアワしていた。


そこを私が、ササササ〜〜♪


っと、避けて越してった。




きゃひーーーーん☆



最高の瞬間でしたわ。



それと同時にヤツに感謝の気持ちが芽生えた。



まだまだだけど、ヤツのおかげで私は頑張れた。


ヤツ・・・いや・・彼


彼が居なかったら、板に乗るだけで満足してたかもしれない。



左右コントロールできるような練習はしなかったかもしれない。



何も無かったように、沖へ戻りながら、彼に「ありがとう」と心の中で伝えた。



きゃーきゃきゃ。



昨日はそんな日だったのですよ。わずか30分くらいの出来事なのですが(笑)




それがね〜ヤツは、元気が無くてね〜。


私に文句言った時の元気はいずこへ・・


主人に「ヤツ、元気ないと思わない?!」って言ったら



「元気がなきゃ無いで心配するのかぃ!!(笑)」って突っ込まれ・・



なーんかねー。すっごい嫌いで敵意を向けてたのに、元気が無いとつまんない(笑)




ってゆー、くっだらないお話ですた♪



ええ。ええ。大人げないです。



でも、そんなくだらないことで私の魂は燃えちゃうのです。



仕事も、遊びも、根っこは、すっごいくだらない精神でやってます(笑)



で、気持ちよく海から上がったら



うんうんみたいな雲が夕日にかぶってたので撮っておきました。
クリックすると元のサイズで表示します



わかります?巻きうんうんみたいな雲。



アップだとボケちゃうのです〜残念!
クリックすると元のサイズで表示します



かーらーのお店で冷やし中華を作って頂き、食べました♪
クリックすると元のサイズで表示します


ハムじゃなくて鶏、きゅうりが無くてオクラ、


私の大好きなキクラゲをたっぷり乗せて頂きました♪
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ