2014/3/30

第四回西行祭(小石川後楽園)  短歌

小石川後楽園というのは東京ドームシティーに隠れるようにひっそりとある庭園で、元水戸家の中屋敷だった回遊式の日本庭園に中国の趣も取り入れられた小ぶりの庭園です。黄門様水戸光圀が完成させたので、光圀を頼ってきた明の朱舜水の影響をうけた命名や円月橋などがある中に西行を祭った西行堂があったということから、毎年春に西行祭の短歌(お題は「桜」)募集が行われています。
私も去年一首応募したのですが、一次予選にも通りませんでした。そのとき西行にちなんだ歌や、庭園の自然を詠った歌はほとんど落ちて、現代風な歌が選ばれたのを(1〜3席と佳作2首)変だなと思いながら、選者の好みだとしたら主催者のせいではないかと(でも自分が出しているのに言えない)ぶつぶつ言っていました。
今年の西行祭は、リベンジでもう一回だけと、口語短歌を一首だしておきました。3月23日が講評会だったので、去年も遅れて14日ぐらいに歌一覧の通知がきたのに17,18と何の音沙汰もありません。今年は入選者だけに連絡してきっと駄目だったのだと思っていたら、19日に速達が来て「佳作入選」と言う通知でした。びっくりして、それから私の頭の中ではお祭り騒ぎだったのですが、もう講評会に行かれない事は分かっていたので、泣く泣くお断りの電話をしました。土曜日がお医者にいくためヘルパーさんを頼んであったのでそれ以上人が頼めなかったのです。歌は

いつの間に桜吹雪になったろう君と肩寄せ話しこんでた

選をしていただいて、本当に嬉しかったし、出席もしたかった。自分の歌を講評していただけるなんて、中々機会のないことなのですごく行きたかったのです。後日、賞状と賞品のひょうたん、竹製の短冊掛けと歌を書いた短冊、講評記録などを送って下さって大がかりなんだなと驚きつつありがたくいただきました。
私の歌が五位で上四首も皆今風な歌でした。去年も思ったけど、入選した歌が悪いと言うのではなくて、せっかく西行祭と銘打って後楽園でやるのだから、幽幻な自然詠や庭園の様子を詠みこんだ桜詠を選んだ方がいいのではないかと思いました。公園に来て応募する人はお年寄りが多いと思うので。
「庭園に行こう/小石川後楽園」で検索して「おしらせ」と言う所で入選歌が読めます。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ