2014/4/27

はなみずき  短歌

八重桜が散り始めるころ花水木の花が咲き始める。春は万花の季節で途切れることなく色とりどりの花が咲き、初夏へと続いていく。桜の優しさ、八重桜のあやしい憂鬱、桐の凛とした美しさに対しはなみずきがひたすら明るいのはやはりアメリカから来た花だからか。和名アメリカやまぼうし英名dogwoodは日本の桜をポトマック河畔に贈ったお礼にアメリカから贈られたのがはじめと言う。ピンクがかった赤と白の花があるが、実は萼片であることはよく知られている。

私が初めて花水木の大きな樹を見たのは、30年以上前で四ツ谷駅が建て替わって陸橋の向こうに小さな公園のようなものが出来、そこに満開の赤のはなみずきが数本植えられていた。初めて見たので名前も知らず、なんてきれいな花だろうとうっとりして、家に帰ってから図鑑で「はなみずき」とわかった。その後埼玉とか多摩のほうで街路樹に植えられたり人々に馴染んでいったが、私ははじめの頃の感激は薄れてしまった。しかし北の丸公園の吉田茂の銅像の向かいに紅白の樹が多数植えられ(サンフランシスコ講和の首相が眺めると言う構図かと調べたが分らなかった)はじめはひょろひょろしていたのが十年もたつと素晴らしく大きな林となって短いが花の時期に行けば堪能できるようになった。

今では「はなみずき」というと一青窈の歌が口をついて出るように知られてきたが、それほど流行らないにしても津本陽の小説「椿と花水木」新潮文庫で上下巻は、ジョン万次郎の生涯を描いて大層面白い。小説は小説と言ってしまえばそれまでだが、人々に興味深く読ませ知らせると言う点で評伝よりも優れた媒体だと思う。津本陽は紀州の人で剣豪小説が多かったが、評伝小説も多く文体が固いのがそれに合っているのかもしれない。万次郎が漂流するまでの土佐の漁師生活、アメリカ捕鯨船の歴史など綿密な取材があったと思うが、和歌山の海を見て育った経験が力になったものと思われる。表題は土佐の花としての「椿」に対してアメリカの花「はなみずき」を置いている。作中アメリカで恋人を得て婚約するまでの田舎での生活(これは創作かもしれないが)の描写の美しさ、その婚約者が捕鯨旅のあいだに死んでしまって万次郎に帰国を決心させるまで「花水木」の咲くアメリカが彩りとなっている。風に揺れていっせいにざわつく花水木は桜のようには散らない。万次郎の生涯は面白い。花の事を書くつもりで、ご本の紹介になってしまった。

手をひろげその大きさだけ花みずき空に投げあぐうすべにの花                          多香子

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ