2014/5/29

洋人参と日本人参  短歌

ブログ開始から一年がたち、年一回の検査も無事通過しました。母はどんどん壊れつつ、私も他の病気は小康を保っていますので、一年目の感慨は書かずに皆様にお礼を申しあげます。これからもよろしくお願いいたします。

あまり、歌とか抒情と関係ないのだか、ふと人参の事を考えた。それというのも此の頃テレビCMでピーターラビットが両手に持った人参をかじる場面で、その人参が長いことに気が付いたからだ。確かに家にあったピーターラビットのシリーズ本でもそんな挿絵になっていたように思うが、あの本はどこにいったか息子の小さい時だったから分らなくなっている。
私たちが子供の頃は「日本人参」が長くて臭く、子供は人参が嫌いだった。今のような短い臭みの少ないものも戦後7,8年経つと出てきてそれで少し食べられるようになったが、時期が短く、とう立ちの頃にはまた臭い人参を食べなければならなかった。洋人参にしても泥付のような皮の硬いもので、今のようにきれいで甘くはなかったように思う。

では、その洋人参はいつごろどうなって来たのか調べようと、まずネットをあさったら「薬用の洋人参」というものばかりでウィキの「にんじん」という項ぐらいしかでてこないのだ。まあ人参の由来など調べる人もあまりいないかもしれない。そこでウィキをざっと読んだところ、「人参」はアフガニスタンあたりが原産でそこから東西に分かれ、西はイギリスまでゆき東は中国経由で日本に来たとある。ところがウィキでは江戸時代以前日本に来た人参は京で改良され「京人参」となって紅くて甘い人参となり、それを「日本人参」と呼んだと書いてある。そして江戸時代にオランダから江戸へ入った洋人参が関東の臭い人参なのだと言う。その洋人参を改良して、今の美味しい洋人参になったと書いてあるが、私の頭には?が三つもついてしまいそうになった。それでは私たちが東京で「日本人参」とよんでいたのは何だったの?京人参なんて昔は東京にはなかったのに。まあウィキの事だから、本当の所はわからないのだろう。
わたしたち姉弟は、野菜と言ったら「人参、たまねぎ、じゃがいも」が主だったので、洋人参の臭くないのが出たらとても喜んだが、積極的に食べるようになったのは中学で女学校に行ったため、家庭科で栄養学も学び(今は小学校でも充分学ぶのだろうが)人参は一日3pが望ましいと教わってからであった。
今日の話が<なにこれ>であるのに、なお蛇足として子供の頃の思い出を書けば、冒頭のピーターラビットの話を初めて読んだのは上野の幼稚園時代、幼稚園から購読する「キンダーブック」の裏表紙にあの挿絵で連載されていたことだ。当時は流行りもしないで、自分の息子の時に流行り始めたのにはびっくりしたり懐かしかったりしたものだ。

おいたして熱を出したるピーターに母兎(はは)はカミツレひと匙飲ます                       多香子
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ