2014/9/29

「乳鉢」  短歌

母は下の歯が二本残っていて、上は総入れ歯なのだが、その二本の歯で器用に物をかみ砕いていた。ところが夏前に一本の(挿し歯だったらしい)歯が取れてしまい、残る一本は頑固に取れない。歯医者さんなど到底やらせるものでは無いから、仕方なくそのまま物を食べている。食べ物は計らいが利くが、薬を噛みたがって飲み込まないのには困ってしまった。

乳鉢があれば簡単にすりつぶせるのに、引っ越しの間に何処へしまったのかどうしてもみつからない。その乳鉢は白い磁器製の棒も付いたもので、多分父が病床にあった時に買ったのではないか。そもそも乳鉢と言うものが普通に家にあったものなのか、家は飲食業だったが大小のすり鉢はあったが、乳鉢の記憶はない。父の時に様々な医療用品を買ったのが今でも残っていて、使えるものは多いのに「箱」にしまった乳鉢がビルの建て直しの後見当たらなかった。私は屋上に作った物置にしまってあるのではと思っていた。
母の歯が一本になってしまった時、主人に乳鉢を物置から探し出してと頼んだけど、見つからないと言われた。私は小さな箱に入れて、また大きな食器をしまった箱に入れたつもりだったが、食器の函はみな家のフロアーの物入れに入っていると言う。
そもそもは、母が小さい時によく噛みなさいとしつけられて、しつこく噛む癖がついたことだ。噛むには噛むがちっとも飲み込まないから、食事に時間がかかってしまう。小学校でもお昼のお弁当がいつまでも終わらず、給食の居残り状態だったらしいし、大人になっても旅行で盛岡の「わんこそば」の最低記録を作った。

薬の方は種類によっては水で溶けるドライシロップもあるし、このごろは水無しで舌で溶けるタイプもあるが、バセドーの薬は昔からのもので殆ど成人用だから大きく硬い。薬局で乳鉢は小さいものでも取り寄せますよといわれて、じゃあもう一度探してなかったらと主人に言いながら、ふっと振り返ったら食器戸棚の後ろの側にあったのだ!!
その食器戸棚はダイニングのテーブルの後ろに並んでいて毎日眺めていたのに。魔法のようだが、確かに真ん中の段なのに手前の列のお皿も普段使わないもので、後ろ側など気に掛けもしなかった。しかし決定的な原因はその乳鉢が古いビニール袋に包まれていたことだ。私は「箱に」入れたと思い込んでいたので、小さな箱を探していたのだった。まったく年を取ったと言うか、いや若い時でも思い込みと言うのは時々大きな失敗をするものだとおもった。

乳鉢に母の薬をすりつぶす朝は日々(にちにち)涼しくなりて  多香子
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ