2014/12/28

一年の述懐  

この一年も早くも過ぎて、振り返ってもおぼろな気がするのは年とともに時間が速く感じられるからだけれど、母の認知症がひどくなって私も一緒に消耗していくからかも知れないと思うのです。それでもこのブログを続けることが出来たし、歌には首までつかっていると言う状態です。

今年特に思い起こされるのは、初めて「折本」というものを作ったこと。「うたの日」と言うサイトができて、若い人に交じって毎日歌を投稿できたこと。去年から参加していた「そののち歌会」が終わってクローズの「風の*歌会」が始まったことでしょうか。それぞれのことが私には大きな刺激と混乱と勉強でした。そしてその収穫がこのブログにも反映され、掲示板「短歌ファクトリー」が私の一つのホームグラウンドとなりました。昨今は掲示板と言うものが廃れてツイッターに移行しているようですが、大分機械に慣れたとはいえ、その使い方は随分複雑そうで年寄りには「掲示板」で十分という気もしました。人にも依るのでしょうけれどツイッターだと時間をよりとられるような気もして、少々こわいのです。ファクトリーには大抵いますので、御用の方は気軽に声をかけてください。

「折本」の作り方を教えてくださった「千原こはぎ」さんのブログ、彼女の作った多くの「折本」の短歌クラスタの方の中には、「そののち歌会」でご一緒した方、「うたの日」で歌を並べている方たちがいます。ネットの上だけで声を交わしたこともないけれど、歌友といっていいのでしょうか。「そののち歌会」のやねうらねこさんの出版記念会に(いつでも母の介護で出かけられないのだとわかっていても)行かれなかった数日は寂しい気持ちから抜けられませんでした。でも、とっても年寄りな(!?)私が皆様と顔を合わせても恥ずかしいだけだったかもしれません。(いつもそう言っているので、私本当の年寄りになりそう)

実生活でも母が夏に介護度4になり、激動のと言うほどではないにしても輝きと落ち込みの山坂の多い一年でした。来年もこんな年が続くでしょうか。欲張らないから悪い年で無いようにと祈ってしまいます。今年の皆様のご厚情を感謝します。今後ともよろしくお願いいたします。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ