2015/1/30

りこりすとSECT(セクト)  短歌

今回は少しお若い方たちの御紹介をしたいとおもいます。折本のところで使わせていただいた千原こはぎさんのお仲間で、(この言い方が失礼でないのか分りませんが実にいろいろな力を持った方々です)りこりすというグループが「私立タイムライン学園生徒会会報 」というホームページでいろいろな企画をおこなっています。
はっきりこうだとは言えないのですが、お嬢様学校の体裁を取った薔薇の女学生たちの歌物語のようなものがのせられています。学園長が「うたつかい」の嶋田さくら子さんであることからも、「うたつかい」や「うたらば」に集まった短歌クラスタの中から派生したお遊びの場だったのかと推察しています。

一時はゼロ世代と呼ばれ、歌壇からは横目で見られていた人たちが、ネットとツイッターと言う用具をもって技術を駆使して自分たちの場を広げています。若い人への歌壇評はそれぞれ書かれているので、私などの言う所ではないのですが、「うたの日」などの横隅に参加させてもらって、彼らの行動力技術力にびっくりしています。はじめのころ同じような傾向の歌仲間が集まって、と危ぶんでいた向きも彼等それぞれが、歌の力も向上させ自分に合った結社にいる人、独立路線でいる人など、立場を越えて仲良くしているのは若さの特権かなと思います。

その女学校のとなりの男子校が「SECT(セクト)」でチームセクトは中牧正太さん、泳二さん、chariさんの三人の男性です。わたしはおばさんなので、イケメン三人組の方が気になります。なにしろ中牧さんは皆から王子と呼ばれているし、泳二さんとchariさんは「風の*歌会」でご一緒しています。たぶん40代前半なのでしょうが、短歌の実力のある人たちです。
その「りこりす」の仲間たちが朗読版の短歌企画で音声版ボーナストラック特別編「薔薇の園でお目覚めなさい」というのをつくり薔薇の映像まで付けてホームページに載せています。私は朗読と言うのがあまり好きではなかったのですが、「SECT」の男性の麗しいお声にはやられてしまいました。クリックで飛べると思いますので、私ほどのお年の方でも冥途の土産にぜひ聞いて堪能して下さい。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ