2014/10/14

秀歌(38)宮柊二H『純黄』  秀歌読みましょう

今回で、宮柊二の歌の紹介も終わりと思うと、私は何かを誰かに伝えられたのだろうかと思う。そう思う事が間違っているとか、殆どのブロガーがそういう気持ちを抱いているのではなどとも思う。時々出てくる「不識書院」さんと言う人は長岡の出で、宮柊二は高校の大先輩なので(白玉書房さんとも親しかったので、一冊と言われたが)本は作らなかったが、交流はあったという。私が宮柊二が好きと言うと喜んでくれる。「今の人は読まないでしょう」と言うので、いいえと言ったが、我々は「今の人」にははいらないだろうか。

『純黄』(じゅんおう)は第11歌集で前の『緑金の森』と同じ昭和61年の発行。やはり夫人英子さんの編集による。歌と言うのは体が利かなくなっても、頭がしっかりしていれば歌える。それは気力とか体力と言う部分もあるだろうけれど、何もわからなくなっている母を見ていると、よくわかることだ。そして、頭がしっかりしているからこそ絶望や希望が湧いて来るのだ。

老いぬれば見めぐり忙し子が孫が怪我し或いは病むと知らせ来

寝起きより寝(い)につく一日苦しけど生の証(あかし)の歌をばよまむ

朝かげに色燃ゆるごと月見草ひらける花の純黄に冴ゆ

なにゆゑかいろむらさきの桐の花咲かむ五月を心して待つ

赤まんま赤穂垂れたり庭ながら野の風情にてものおもはしむ

お尋ねのレスポアールはこの道の百メートル先薔薇咲かす家

他のことは思はず歌のみ詠むべしとこの褒章はわれを励ます

七十歳のわが誕生日に入院し白き病衣をわれはまとへり

ふるさとに行くこともなし魚野川越後三山夢に見をれど

中国に兵なりし日の五ヶ年をしみじみと思ふ戦争は悪だ

ガラス戸は二つをわけてあらしめぬ消えざる雪と病む老人を

花を詠むということは季節を詠むという事で、病床なればこそ子規に「瓶に挿す藤の花房」の歌があり、花は柊二の心をも慰めるのだろう。四首目のお歌は珍しく軽口をたたいているような明るいお歌。後は段々述懐になっていく。
死へ向かって宮柊二の歌に劇的な変化は無いように思う。近藤芳美がキリスト教徒として宗教的静寂を得た最後の「マタイ受難曲」のようなものはなく、柊二は宗教には行かずかすかに日本的な自然への同化を「大雪山の老いたる狐」に残しつつ最後まで日常の歌の人であった。そこに私は人間としての柊二の大成をおもう。
これで私の柊二探検は終わった。これからどうすると思った時、柊二の向こうから師の白秋が私を手招きしていた。
5

2014/10/9

鎌倉の萩  短歌

萩の季節は秋のはじまりだが、気候によって毎年満開の時期は変る。そしてその期間は短いからお目当てで出かけて行っても、なにもないということもある。去年は上野の五條天神の萩がきれいだったが、今年は全然だった。今回は鎌倉の萩の話を書いてみようかと思う。

鎌倉もずっと行っていないので思い出話になるのだが、弟のお嫁さんに電話すれば今の咲きようも知ることは出来る。鎌倉のお寺は年々草花に手をかけて、観光客を呼ぼうとしているみたいだが、大抵のお寺に一叢ふたむらの萩は植わっている。萩はいくつかの種類があるが、赤(紫)と白にわかれて赤より白の方が少し遅い。
白萩で有名なのは八幡様の近くの「宝戒寺」で赤の萩もそろえて小さなお寺だが奥の庭中萩を植えてある。随分昔にどうしても白萩が見たくて、友達と四人で出かけたことがあった。九月の半ばだったと思うがまだ五分の咲様で、わあと言うほどではなかったが、本数の多いことと木が大きいので見応えはあった。もう一週間後だったらよかったね、といいながら写真をとっていたら、男の人が「『○○新聞』の取材カメラなのだけど、白萩の見物と言う風に写真に入って貰えないか」と言ってきた。まだ少しは「いける」かもと言う年頃だったから、二人がモデルになってあれこれ注文のある写真を何枚かとられた。掲載予定の頃新聞を見たら、全然別の人がモデルの写真だった。その写真も顔はぼかしてあったが、そのカメラマンは名刺一枚も渡さなかったし、私達も面白い体験と言うだけの気持ちだった。写真に対する肖像権などと言わなかった頃のことだ。

赤紫の萩は、それよりずっと前に一度だけ「寿福寺」の境内で本当に満開の美しい植え込みを見たことがある。「寿福寺」は鎌倉五山の一つで、裏手には北条政子、源実朝のお墓(やぐら)があるのだが、裏駅から源氏山へかけての道の方が人混みは少なくて、お寺も公開していなかったりするので少し靜かであった、山門をくぐると本堂までの道の両側に萩の植え込みが続き、こぼれるような赤紫の花で匂いあふれていた。萩は色濃くてもぱっと明るくはなくて、妖艶な美女を思わせるが、そのせいか「尼将軍」といわれた政子の強さは思い起こさず、お寺の名前とともに記憶から薄れてしまう。その後も時季が合わなかったのか「寿福寺」では萩を見たことはない。
別の時に、線路沿いの川(名前を主人に聞いても、川としか分からないと言う)の両岸に枝垂れかかる赤萩の満開を見たことがあった。その日暑いくらいの秋晴れだったせいか、その萩は明るく豪華で萩にもこんな一面があるのだと記憶にのこっている。

滝のごと流るる萩の花びらを車窓に受けてわが秋始まる 多香子
5

2014/10/4

「十月の歌」  短歌

一年半参加した「そののち歌会」が先月最終回を迎え、私は最終回は参加できなかったからショックも大きかった。ネット上で管理人さんの都合から閉会になることは仕方のないことだけれど、リアル社会でもお店の突然の閉店とか会社の倒産とか、このところびっくりするようなことは身近に起こっている。その度に生活に密着するので右往左往しながらまた生活を続けざるを得ない。
歌の世界も私にとって今は同じようなウェイトなので、何が起きても心がざわつく。幸い「そののち歌会」は「風の歌会」となって再開されるという事なのでほっとしているが、今度はクローズな歌会になるというので、気楽にブログに(いままでも自分の歌しか載せ無いようにしていたのだけれど)書けなくなるかもと思う。

このブログに毎月書いていた「そののち歌会」の記事の代わりに、「今月の歌」のような、前の月に詠んだ歌から(あるいは過去歌も含めて)五首ぐらいのテーマ詠を載せてみようかと思った。そこで始まりはいつものように困ったときの猫頼み。「猫」をテーマに五首。

「ねこ五態」
たわむれにビニール傘に猫の絵を描いて回せば猫の走れる

和猫でも緑の瞳持つ猫はたまに魔法が使えるのかも

甘噛みをしたまま抱かれ眠る癖あの日ひろった子猫のままに

可愛いと抱き上げ頬ずりする度に爪たてパンチするのかお前

「イエライシャン」歌えば目を閉じ聞きほれる音楽好きの猫の居りしを

この中の三首は「うたの日」の歌会という毎日開催されているサイトに出したもので、得点のいいものも悪いものもある。毎日お題が出るので、全部出せば年に360以上の歌を詠むことになって「題詠ブログ」の百首を軽々越えてしまう。4月に始まって全出席の人もいるようだが、私は休み休みにしている。短時間に一杯歌を詠むのがいいこともあるし、無理をして詠んでも駄目な事もある。そして気分の波によって、自分の歌はなんてダメなのだろうと思う事が多い。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ