2015/1/15

芥川『伊勢物語』六段  古典(伊勢、源氏など)

「芥川」の段は伊勢の中でも特別に好きな段で、物語の中でも終わりまで筋を引く業平が藤原家の姫と恋におち、攫って逃げるが姫の兄たちにとり返される話である。
その高子と言う姫(藤原長良の娘)は入内を望まれており、いずれ皇后にもなろうと言う立場であった。業平も阿保親王の子で身分は低くはない。しかし当時の藤原の貴族は娘を入内させて皇后とし、皇子を設けて外戚となるのが風習であったから、高子は幼い時からこの御代にと育てられていた。しかも業平との年齢差は十八もあった。

高子はおっとりとした姫であった。業平が忍び込んで逢っていたのを親兄弟に知られ抜け穴を閉じられてしまったので、連れ出して背負って逃げるときも、怖がると言うのではなくおとなしく背負われている。そして芥川という川の処で雨が降ってきて、草の上に露の玉があるのを「あれはなに?」と聞く。男はそれどころでなく、大急ぎで傍らの蔵に姫を入れて表で見張っていた。
ところがそこは鬼の居る所で姫を食べてしまったので、男は泣いてもくやんでもどうしようもなかった。六段のお歌はその嘆きを

白玉か何ぞと人のとひし時つゆとこたへてきえなましものを

と詠っている。あの時「露ですよ」といって二人消えてしまったならこんな嘆きはなかったものを、と悔やんでいる様子が現代ではありえなくとも、哀切が漲って私達も胸打たれるのだ。平安初期の「伊勢」は中期の「源氏物語」より素朴で簡潔ではあるが、人間の素直な心が随所に出てくる。

この姫は鬼に食われたのではなくて、追いかけてきた藤原の兄たちに取り返されたので、じきに入内して「二条の后(きさき)」となる。業平はこれが原因で帝に罪を問われぬうちに関東に下向したのが九段以下の「東下り」である。「伊勢」には東での恋物語も、都に帰ってからの多くの恋も描かれているが、あいだ間にこの高子への思慕が垣間見え私も切なくなる。なお高子の身分が「二条の后」と定まって、その子が立太子(後の陽成天皇)してからは業平を引き上げ、大将として自分を守らせた、という歴史を知ってから、私はやっぱりとほっとしたものだ。
3

2015/1/10

一月の歌  短歌

年が明けて、ひたすら疲れだけが残っているのに日々は過ぎて行きます。母を車椅子にのせてまた車に乗せ換えて外出する度、運転手の主人とタイミングが合わず喧嘩になります。私は「一人だったら」という思いでちゃんと準備をしてから次の行動に出ようと思っていると、向こうにいるはずの主人がさっと手を出す、そうすると力加減が狂って却って母を支えきれないこともあります。毎日一緒にいる人同士でもこれですから、外でハンディのある人を手助けしたいと思ったら、まず「手伝いますか」と声をかけてからにするべきだなと思いました。

今回は私の「一月の歌」五首です。前回の北沢さんの新年のお歌の後に、私の歌を並べると言う勇気を買ってください。

「新年」
瑠璃色の皇居の森のしずもれるその深遠に白鳩は飛ぶ

初春の光射しいる坪庭にうつむきかげんに水仙は笑む

山の湯に疲れを癒す日を夢見 枯葉の街に今日も働く

自転車の君の背中を目で追って坂の上には満開の椿

何となく目出度いことのありそうな気がして今年の扉を開けぬ

去年詠った歌から新年らしい物をよりましたが、五首目は去年末に新年用に詠んだものです。その時はそんな気がしたのですが扉を開けた今、果たしてどんな今年になるのでしょう。
2

2015/1/5

秀歌(42)北沢郁子『道』より、新年の歌  秀歌読みましょう

今年初めての記事は、新年らしく水仙のお歌。「藍」発行人の北沢郁子さんの第21歌集『道』から五首です。この文は『道』のご紹介ではなくて、新年にふさわしい品格のあるお歌をと思って、ちょうど季節ごとの移り変わりで編集されている「水仙」の章から引きました。水仙はすっきりとした姿と白く清らかな花の姿が一月に似合う花です。

大壺に水仙さはに投げ入れて新年の業はじめいまさむ

多(さは)とてふほどならねどわれもまた水仙生けて年を迎えぬ

わが窓に双鳥文なしてひよどりの遊びゐし雪の日を懐かしむ

帰り来し玄関の闇に立ちつくす水仙は小金銅仏のごとく

伸び過ぎし水仙気温のせゐなれど白き袴も切らねばならず

三首目、「双鳥文」(そうちょうもん)は古代模様の二羽の鳥が向かい合っている図。「私の家の窓辺に、ひよどりが仲良く二羽で向き合うような形で遊んでいた」という意味か。あるいはそのように共に愛しんでいた家人がいたことを懐かしんでいるのかもしれません。北沢さんはこのお歌の頃90歳近くだろうと思うのですが、矍鑠として品の良い歌いぶりはさすがですね。新年の澄んだ空気をお楽しみください。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ