2015/7/16

筒井筒A「伊勢物語」23段  古典(伊勢、源氏など)

この前書いた「筒井筒」の後半である。
前半は初々しい初恋が実るまでのお話で心が温まるが、何年かすると女の親が死んで暮らしが立たなくなる。今だとそう書かれていても「えっ」という疑問になるのだろうが、通い婚から同居になっても女の側に住むことが多かった当時は、女の側の親が面倒を見る風習だった。
男は商いついでに高安と言う所の別の女の所に通って行く。「もろともにいふかひなくてあらむやは」という言葉がいじらしくて好きだ。意味は「一緒にいて、ダメな暮らしになっていくのならいっそ」というようなものか。

前からの女はそれを恨みもせずに、男を高安へ送り出すので、男は女の方こそ浮気をしているのではないかと、出かけるふりをして隠れて見ていた。すると女が化粧も美しく、外を眺めては

風吹けばおきつしら浪たつた山よはにや君がひとりこゆらむ
(気候が悪いと大変難儀な龍田山を、夜半にひとりで貴方は越えていくなんて、心配だ)

と詠ったので、愛しい女と思って河内へも行かなくなった。

たまに高安にいくと慣れてしまったその女は、自分からご飯をよそったりして、それが興ざめだと男はすっかり行かなくなってしまった。

君があたり見つつを居らむ生駒山雲なかくしそ雨は降るとも
(君の居るあたりと思って生駒山を見て暮らしているのだから、雨は降っても雲よ生駒山を隠さないで)

これは高安の女の嘆きの歌であるが、現代に読むと随分勝手な男の話に思われる。しかし、田舎を商売して歩く男の話にしては、どちらの女も御大層だし、自分でご飯を盛ったからみっともない(つまり給仕は下女のする事)というのも身分のある人の話ではないだろうか。これは「伊勢物語」が出来る過程で、良くある話に貴族階級が筆を加えて出来たためではないかと、私は推察する。
6

2015/7/11

「毎日歌壇」入選  毎日歌壇他

母はこの所よく転ぶようになって、椅子に座って椅子ごと派手な音を立てて、飛んでいくと床に転がっていたりする。それでも不思議な事に頭を打ったりしないし、骨折する様子もない。前はお医者も「転び方が上手なのでしょう」などと笑っていたが、だんだん運がいいだけのような気がして来た。
目が離せないと言いながら、私達も仕事もあるし、こういう「歌の時間」も大切なのですぐ隣の部屋だが見えない所に居ることになる。だから私は「母は運が良いから、転んでも大事にはならない」と暗示をかけるように自分で思い込むことにしている。そうでないと神経が疲れるまで心配しなければならないから。

介護生活のご褒美のように「毎日歌壇」の6月29日付で伊藤一彦選にとって頂きました。
それも【特選】びっくりしました。いつも母との朝ごはんの後で新聞を見るのですが、その日は早くに目が覚めたのでネット検索してみたのです。「特選」と書いてあるけれど、それは前の人のかもしれないと、いそいで新聞を取りに下へ行きエレベーターの中で読んでみても確かに◎がついていました。歌は

野良猫と呼ばれるほどの魂をもつ猫おらずビルの街には

(評)魂の語を使っていることから考えると、単に猫を歌った作だろうか。現代人の生き方への批判の作に違いない。

特選など自分には縁がないか、ずっと先の事だと思っていたので、信じられない気持ちでネットの仲間に報告を入れました。皆が喜んでくださって、だんだん自分が舞い上がるような気持になってきました。歌友から「これを機会にどんどん飛躍して」と励ましの言葉をもらいましたが、もう飛んだと思ったら落ちる年頃、粛々と続けて行かなくてはと思っています。伊藤一彦様ありがとうございました。
7

2015/7/5

七月の歌  短歌

七月はお中元月で、何だか慌ただしい内に過ぎてしまいます。我が家は甥姪も大きくなったし、お中元というとお医者関係ばかりになりました。会社の付き合いは二件ぐらいで、昔を思うと楽になりました。母も介護保険でヘルパーさんたちにお世話になっていますが、そちらは贈答などはありません。大病院も手術、入院を除いては気を使わなくなってきました。「気持ちは形にしなければ伝わらない」といったのは誰だったか、それも一理あると思いながら贈答はやっかいです。
大抵異常な豪雨やカラ梅雨の七月はじめ、お歌の贈答は厄介と思わない性質なので、このブログのお友達の皆様には、七月の歌として五首の恋物語を歌にしてお贈りしたいと思います。

「恋物語」
はつなつの明るい陽射しテーブルに笑いあい飲むミルクの甘さ

夏の日を物憂いように手をかざしサングラスのつる噛みてあなたは

夕顔がひとつ開いて恋を知りまたしぼみゆくそんな夕暮れ

あなたには「良い日旅立ち」わたしには ひつじ雲抱き待つ道の上

わすれ草一夜眠ればそれはもう昨日の恋となる片想い

この五首は五月に「うたの日」に出して、花束に全然届かなかった歌を集めました。あまり点の入らない歌でも置く場所によって違う顔を見せてくれることがあると思います。(どこに置いても下手、と言うお声はコメントにどうぞ)

なお、八月には「うたの日」500日記念と銘打った「折本」を作る予定なので、またよろしくお願いします。
そして「うたの日」合同ネプリというものにも参加するつもりですので、八月には宣伝すると思います。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ