2018/10/5

「毎日歌壇」掲載とおはぎ  毎日歌壇他

わが家は九月に「法事」をしたのでお彼岸にはお墓参りをしなかったけれど、私ひとりで「おはぎ」を食べました。昔はいっぱい作って三日もおはぎばかり食べていたこともあったのに、今では私一人しか食べる人も居なくなって、スーパーで二個入りのものを買いました。

ぼたもちは(牡丹の花に見立てて)春のお彼岸、おはぎは萩の咲く秋のお彼岸と言われるけれど、家ではどちらも「おはぎ」と呼んでいました。父だけが世田谷の昔の習慣で丸くて粒あんをべたべたくっつけた「ぼたもち」を作れと言っていたのに、だれも聞いてはあげませんでした。家のおはぎは「あん、きなこ、ごま」で中に餡を入れないものだったので、今売っている中に餡の入ったきなこや胡麻のおはぎはお菓子のようです。御飯代わりにならないのでおやつになって、ひとつ食べるだけになりました。

10月1日の「毎日歌壇」米川千嘉子選で、一首採って頂きました。

萩の葉はさやさや白く裏返りいまだ答えの出ぬもどかしさ  河野多香子

この夏は「歌集」のことや「法事」の手配で歌のネジが緩んでいたかと思う位2か月以上間が空きました。丁度「萩」の歌だったので「おはぎ」の話とも関連して季節らしいかなと思いました。
そういえば、今年は度重なる台風や何かで萩の花を見に行ってなかったと気付きました。鎌倉の萩の寺宝戒寺までは行かれないけれど、千鳥ヶ淵墓苑に行けばよかったなあと思いつつ次の台風の噂です。米川さまありがとうございました。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ