2018/12/7

「伊丹公論」歌壇  毎日歌壇他

「伊丹公論」とは伊丹市で戦前昭和11年に郷土研究紙として、発行されていたのが市制の整備などで廃刊になっていた物を、73年ぶりに平成23年復刊したものです。伊丹市の図書館「ことば蔵」の広報誌のような新聞で年四回の季刊の様です。
その中に初めは「俳壇」が坪内稔典さんの選で発足していました。第9号から「歌壇」も始まり、選者は尾崎まゆみさん(玲瓏)。伊丹市の図書館ではあるけれど、ネット閲覧も出来、関東の人の作品も採られているのは知っていました。でも「よその土地は荒らしてはいけない」のだと考えていましたが、尾崎まゆみさんが好きで「お題は「動物園」もうじき締切ですー」というツイッターを見たら(投稿フォームもあったし)思わず応募してしまいました。

私は地域の募集は地域の人のためと思って、五六年前に小石川後楽園「西行祭」の入選者がかなり他県の人ばかりだったのに奮起して、四年前にやっと東京勢で入選した思い出があります。だから全国規模の短歌祭などはいいけれど、などと思っていたのについふらふらと応募して、多分採られないだろうしと思っていたら、入選のお知らせがありました。歌は

パンダでも太いしっぽで立ち上がるレッサーパンダの立ち位置はどこ  河野多香子 (東京都)

最優秀の方は宝塚市で、入選五首の内お二人が関西、東京二人に群馬一人でしたので、よいのかなと思いました。丁度義妹が亡くなってバタバタとしている時に、伊丹の図書館からお電話でお知らせをいただいたので、ただ「うれしい、うれしい」と言ってしまいました。
いい事悪い事、あざなえる綱の如しでしょうか。なにより尾崎さんの目に留まって嬉しかったです。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ