2019/2/22

「歌会用語?」  

私が月に一度いく短歌講座は「歌会形式」で投票は無しだが、提出歌について一人一首ずつ評をしていく、先生が司会で他の人の評も聞き講評もして下さるやり方です。この場所は「入門」と名がついているけれど、歌歴7〜8年の人から新しく初心で入ってくるかたもいます。
先生は高名な歌人なので、普段に使っている言葉で説明なさるのが、時々専門用語になっている時があります。「うたの日」などで繰り返しでて来る「厳しい言い方、あれってなんなの」みたいなものは「歌会用語」を心得ていないと起きる誤解のような部分もあると思います。評や感想の用語と言う物があって、それは各結社によって多少の違いはあっても「短歌界」という土俵の中で使われる言葉にあまり相違があってはいけないと形成された言葉たちであったろうと思うのです。

この前私があれっと思ったのは、あるおとなしい歌に「箸休めのうた」という声が上がって、一人が「それは悪い意味なのか」と聞いたら結社に居る人何人かが「良くない意味に使う」と言うのです。私は他の結社の方から「箸休めの歌は、ちょっと休憩のための連作の中に入れる歌」と聞いていましたし、内の先生も「橋渡しの歌」と言って強い歌と強い歌を繋ぐしずかな歌と言う意味で必要な歌と説明してくれていましたからちょっとびっくりしました。
その時の先生は一首詠はしっかり立つ(これも短歌用語ですね)必要性と連作には強い歌ばかりでは読み手もくたびれるので、テーマが薄まるのを回避するために「箸休めの歌」は必要なのだと言っていたと思います。

夜の波は小豆色へと変わりつつ海が私を産みだすところ   多香子

これを出した歌会では先生から「私を産みだす海の様子を(小豆色)だけに支えさせるのは弱い」と講評がありました。
7

2019/2/15

秀歌(83)鈴木加成太「角川一月号」より  秀歌読みましょう

鈴木加成太さんは、2015年の角川短歌賞を「革靴とスニーカー」で受賞しその時は阪大の四年生、就活に革靴を履いて日常から離れる感覚を描いていたと思うが、その後の若者の「生きにくさ」というテーマよりはまだ苦しくない時代であったのかもしれない。平成5年愛知県生まれと言うからまだ25,6と社会に出始めた若い歌人はその後「かりん」に入ったらしい。東京在住。

私は彼の受賞当時の美しい比喩が好きだった。学生らしい清廉な心象世界がどのように変わったのか「角川」の1月号「新春歌人大競詠」は若手は7首+「最近変わったこと」というエッセイつきで特集している。その中から5首を

「切り紙のもみじ」

仕送りに母が忍ばす切り紙のもみじに残るうすい下書き

子守唄のなかに微量の水銀はふくまれ雪のそら深みゆく

靴あとがさかなの骨の化石めく小雨のエントランスをゆけば

オリオンの腰帯ゆるきあのあたり宙に誰かの三連符あり

白熊にいちにち夜がある冬をふたんふたんと貨車は遠のく

エッセイで彼は就職して、学生時代とは違う季節を生きていると書いている。夏休みや文化祭が無くても生きていけるのだと。彼の歌は少し日常に近くなり、しかし美しい比喩をもって生き続けているのかと思った。「オリオンの腰帯ゆるき」という捉え方にほおっと吸い込まれる。
4

2019/2/8

二月の歌  短歌

去年暮れから一月に掛けて関東平野はカラカラの晴天で、湿度は低く火事の多い日々となっていた。インフルエンザも猛威を振るっていたが、わが家の周りには患者も聞かず、二月になると治まるのか、別の型のインフルが流行るのか心配な所だ。東京は二月に大雪が降るけれど、今年はどんなのだろうか。二月の歌は少し気取って海のある故郷をアニメ風に組んでみた。

「海のある街」

外は雪しんしん虫歯の痛む夜はりんごも噛めずに炬燵にひとり

ふるさとは何もないけど海だけが帰っておいでと手招きをする

その角を右に曲がれば海が見え、坂の下から君が手を振る

合併で村から町に昇格も、かわらず不便とおじさんは言う

ひれ赤き魚に似たる飛行船、青い空ゆく海を思いて

夢みるは岬の先の灯台で穏やかな人と暮らす凪の日

この町の一番大きなユリの樹が花開くころ帰っていこう

知っている人は又創作して、と思うだろうけど私は東京生まれの東京育ち。童話を書くような気持で七首連作を組みました。受け取り方は様々と承知して、これが私の方法と自分では納得しています。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ