2019/7/26

秀歌(88)三枝昂之「角川」28首より  秀歌読みましょう

三枝昂之、三枝広樹は兄弟で、兄の昂之さんは奥さんの今野寿美さんと「りとむ」を創刊主宰している。現日本歌人クラブ会長で日経歌壇選者だけど、私自身はどこか合わないような気がしていた。ただ山梨県の出身で「県立文学館」の館長であることが魅かれる部分なのだと思う。
県立文学館は同じ敷地に美術館があり、三億円のミレーの「種まく人」などの絵があって、何度も通った気持ちのいい場所である。その文学館の(親が山梨の出身のため、展示などもかなりされている)一葉の事を詠みこんでいる「角川短歌」7月号の巻頭28首が面白いので、七首ほど引いてみる。

「一葉」
 佐々木信綱が漱石から聞いた話
めおととなる話もあった 浮雲のようなえにしの漱石一葉

塩山は死人花の里あかしくらしと小中英之の歌に咲きたり

 一葉は今の東京内幸町に生まれた
甲斐の血をひきながら甲斐の山脈(やまなみ)と会いしことなきひと世を思う

「今に、今に」は今も暮らしの声にして江戸東京の空に吸われる

文芸という執着はそれとして今日だけの夏が丘に来ている

 再び懸垂幕の樋口一葉
文学の文学館の行く末をたぶんあやぶみながら見下ろす

樋口一葉本名は「なつ」梅の木がどの枝もどの枝も実を太らせる

一葉の井戸と言うのが小石川の「オリンピック」(量販店)の傍に有って、この歌に描かれる一葉の生涯なども本に読んだりしているので、山梨の想い出と共に、心魅かれるところがある。六首目は今の文学館に一葉の垂れ幕が下がっていて、「文学」の行く末を心配していると言うのは作者の気持ちのあらわれであろう。私は山梨県民にあの広大で気持ちの良い美術館、文学館を守って行く気概はあると信じているけど。
4

2019/7/19

「クラス会」をしました。  

7月11日に高校のクラス会を開きました。(開きましたとか、しましたとか、そう私が幹事なのです)段々年を取ると、いつ死ぬか知れないからと間隔が短くなるのですが、それも越えていつまでやれるか分らないから、今回が最後と思ってなどと言う気持ちになるものです。母たちの女学校の同期会も、最後はなし崩しに無くなってしまったなあと思います。

もう別の幹事を指名するのも面倒くさいので、往復はがきの印刷も印刷屋さんに頼み、6月初めに出したところ、今回は3/4以上の回答が近況報告つきで帰ってきたのも、みんな年を感じているのだなあという思いでした。会場は家から5分も歩かない所の明大紫紺館という明治大学のOB会館に椿山荘が開いている「フォレスタ」と言うレストランです。椿山荘は高いと言う感覚はあるのだけど、大学の施設と言う事でお料理はお値段抑え目、そのかわり個室代が16名まで入れて1万円と少しお高いです。お料理はランチの2500円のコースを頼みました。
結果は9名出席で、お部屋の雰囲気も良く、お料理もおいしくて満足してもらえたようです。年を取るとあまり飲まなくなるので、最初のグラスオーダーだけ、お変わりする人も居なくて(むしろコーヒーのお替りが来たので、その方が嬉しかったり)予算内で余るくらいでした。

2次会に私の家に寄って貰ったのだけど、みんなお腹いっぱいで、用意していた水ようかんなども手が付かないで、お喋りに花が咲いたのでした。女子校の文系受験クラスでしたが、個性的で仲の良いクラスだったので、(病気と介護の話は多いけれど)お喋りは尽きない時間でした。

どの顔も懐かしいけど一番は少しも変わらぬあなたの笑顔  多香子
5

2019/7/12

「七月の歌」  短歌

今年は梅雨らしい気候が続いて、お蔭で坐骨神経痛が悪くなり、ムシべたの季節ではマッサージも受けたくないと困っています。こういう痛みは晴れが一週間続くと忘れたように治るので、これからを期待しています。その分動きが悪くて、お腹ポッコリ感は減らしているものの、すっきり痩せられはしません。せめて歌の世界で食べ物の歌でも楽しみましょう。

「歌の食物図鑑」

紫陽花の花色よりももっと好き紫芋のソフトクリーム

ダイエットしている朝のお皿には山盛りレタス、うさぎの気分

はつなつの少し痩せたい気がする日アンドーナツがパン屋でまねく

夏の夜は植物図鑑ひらきつつ茄子の漬物きみと食べたし

親子丼急いでかっ込み茶にむせて親子はどこまで似るかと笑う

広島風お好み焼きも食べてない どうせ私は東京もんや

夏の夜はお刺身でもとテーブルに猫がさかんにパンチくりだす

私は甲殻類も厚い肉も食べられないので、柔らかくて甘いデザート系が好きです。ダイエットはいつも頓挫。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ