2019/8/30

「すいとんの話」関東大震災記念  

9月1日は今では「防災の日」だが、もとは関東大震災の記念の日である。母は大正13年、12年の大震災の次の年生まれだったが、祖父が私の結婚の年ぐらいまで生きていて、震災の話も良く聞かされたものだった。祖父は徳島から水産学校(のちの水産大)に入学のため上京し、郷土の理学博士を頼って横浜の鶴見に寄宿していた。そして祖母の家(旅館)が不幸が重なっていたために、見込まれて末娘の祖母のお婿さんに乞われた。青雲の志を抱いて上京した祖父は名前は「河野」を変えないが旅館の立て直しのために尽力する約束で祖母と結婚した。(大正12年)

関東大震災は大正12年9月1日お昼頃に起こった。その時祖父は鶴見の先輩宅に泊まりに行っていて、お昼御飯を食べようとしている所だったそうだ。震源が相模灘だったので神奈川の方が被害も大きかったようだが、人口の多い東京の方が火事にもなったし今に喧伝されている。祖父は大急ぎで家から飛び出る時にそばにあった「おひつ」を持って出たと笑い話のように伝えられているが、今のように「避難袋」だの「五年缶」などはないのだから、それだけでもお手柄だったのだろう。
電話は通じず、次の日に横浜から歩いて東京の祖母のところへ二日かかって辿りついたら、旅館も家族も無事でほっとしたという。

その頃は江戸川橋の早稲田寄りで、ひどい被害ではなく今の神田や東の方が倒壊したり焼野原になっていた。「阪神大震災」や「東日本」の時のようにテレビ中継で様子が分かると言う物でもなく、風聞で気を揉みながらも手元にあるもので煮炊きをして、売り歩く人が出たと言う。(信じられないかも知れないが、当時の見聞録には良くでて来る)その時簡単に作れて、売れたものに「すいとん」があった。「すいとん」と言うのは小麦粉を水で溶いて煮立った湯に落として茹でるだけの団子で、それを野菜などを入れた汁にいれて御飯代わりにする物だった。
戦時中のすいとんは都市では材料がない時だったので具の殆どない汁に団子の浮いている味気のない物だったが、震災の時は買い置いてあった油揚げや野菜を何でも入れてそれなりの物だったそうだ。

母は「地震」は短期間で回復するけれど、戦争は何年もかかって食べる物が無くなり辛い思いをしたからと、わが家では「すいとん」は具たっぷりに「関東大震災記念」として9月1日の晩御飯と決められた。大人は子供たちに「地震はいつ来るかわからないから、夜は枕元に明日の学校の用意と、着替え運動靴を置いておくこと」というお説教をするのだった。

神いずこにしろしめすかは知らねどもこの列島に地震(ない)揺りやまず    多香子
5

2019/8/23

「毎日歌壇」掲載」  毎日歌壇他

八月の猛暑は東京では台風の影響はあっても、熱帯夜は治まらず、私は先日の結婚式で冷房病の様相を呈していました。都会のビル街の熱帯夜と言う物は経験した人でないと分らないと思います。郊外ではまだ戸建ての家もあり、夜には気温も下がって来るのでしょう。
でも高層ビルは太陽をいっぱいに吸い込み、夜にその熱を放射しても却って気温を上昇させるだけ、エアコンの排気で外はいつまでもむんむんしています。それが朝までも続くので、「朝の涼しいうち」などという日は殆ど無くなっています。こんな空気の街で「オリンピック」を開くなんて、信じられない思いでいっぱいです。

8月19日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で、一首採って頂きました。

喜びも悲しみもみな水の中イトマキエイの翼かがやく    河野多香子

冷房病から、腰痛までぐったりとしていたので、夏にどこかへ行きたい気分もなく、水に入って泳ぎたい気分も無くなっていましたが、この歌は前に作って7/24の投稿でしたから、まだ少し涼しいころだったのかも。
水族館を見るのは好きで、春の能登の旅行時にも「能登島水族館」に行きましたが、イトマキエイはどこで見たのだったか・・・このごろ記憶がうろ覚えになって来ています。今は動物園でも水族館でも、一生を地球で暮らす我々も皆それでいいじゃないかと言うような気持を持ち始めています。あきらめかと言うとそうでは無いような、微妙な感じです。
暑さに参っている日々に、プレゼントを頂いたようです。米川さまありがとうございました。
4

2019/8/16

「真夏の結婚式」  

叔母の家は幼稚園と保育園の経営で、いとこ達からその子供まで皆保育士や幼稚園の先生で忙しい。だからお葬式は時期を選べないものの、結婚式となると「夏休み」の取れる八月と言う事になるのだろう。従兄弟の娘の結婚式に本家代表で真夏の11日に出席して来た。今年の夏は七月は長梅雨で涼しく、一転月末の梅雨明けから猛暑となって、台風も次々生まれ、予定の11日(お盆休みの始まりに)になっても暑さは治まらなかった。

式場は「目黒雅叙園」で昭和初期の料亭結婚式場を再現した会場は「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルの一つと言われている。私はまだ行ったことがなかったから、少しは楽しみだったけど、真夏と言うのは気の重いところもあった。
少し前にアマゾンで安くて柄の気に入ったロングドレスを買っておいたので、それを直してあったが、真夏用にぺらぺらと薄くふわふわとふくらむ袖に直したりしたので、もしも冷房がきつかったらと言う不安はあった。

何故か教会式だろうと思いこんでいたら、神前結婚式で、花嫁も打掛親も両家とも羽織袴と留袖(留袖に夏用は無い)で案の定きつい冷房であった。
この年になると何となく「結婚式」には感動しなくなっていて、ついつい会場の観察などという事になる。老朽化に対してリニューアルされた建物内部やお部屋の日本画、格天井にまでちりばめられた美人画や花鳥図、扉の螺鈿、回廊の鏝絵など確かに美しく、日本美術の伝統を集めたといえるのだろうけど、「千と千尋」のあのどんちゃん騒ぎを思わせる「ゴタゴタ感」はぬぐえなかった。

多分、私が年を取ったのだろう。若者たちは楽しい新婚時代を謳歌して、友達たちと盛り上がっていたのだからいいのだろうと思ったが、年寄りは(私は90才の叔母の介助役)はスピーカーの大音量や若い女性の嬌声に、ぐったり疲れてしまったのだった。

夏の日の鋭い痛みに負けないでひまわりと成れ若き夫婦は  多香子
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ