2020/1/10

新年会  

今年も「短歌講座」の新年会が火曜日の夜に開催されました。今年は主人の病気のこともあって、我が家から近くのイタリアン酒場「でらんち」というおみせでした。私が幹事ですので動きやすいように勝手に近くにセッティングをしておいたのです。先生方お二人もお住まいからの地下鉄線上の「新御茶ノ水」駅近くですので良いとおっしゃってくださっています。小さなお店で貸し切りにしてもらいました。
新年会も三回目なのだと感慨深いです。短歌界は忘年会、新年会などどこも良くやるらしく、先生がたはお忙しいことと思いますが、生徒の私たちは懇親の場として楽しい時間です。夜六時から先生お二人と生徒九人で11名参加でした。

お料理の内容は
★小エビとタコのマリネ★モッツアレラチーズとトマトのサラダ
★ソーセージと黄金じゃがいものロースト★ふんわりチーズオムレツ
★チキンのロースト★スパゲッティ・ボンゴレ
(2,5時間飲み放題付)
写真を撮らなかったので飯テロにはなりませんが、おおむね好評でした。

私は今減塩生活なので舌が薄味に慣れて、すこししょっぱい気がしましたが、それは減塩が効いているのだという証拠と思うことにしました。
八時半にお店が終わったので、二次会のお茶にも先生方がお付き合いくださって、話に花が咲きました。

気に入った髪の形に結いあがるだからにこやか今日の私は   多香子
5

2020/1/2

新年のご挨拶と「一月の歌」  短歌

みなさま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします。

無事に新年を迎えられたので、めでたいことだとおもいます。いつも一月のお歌に引いていた北沢郁子さんも天寿をまっとうされ、そろそろ自分の歌で新年を寿ぐべきかしらと思いました。拙いながらも口当たりの良いものを五首集めましたのでご笑納くださいませ。

「お正月には」

正月は「折句」遊びのつれづれに東下りの業平を想う

春色の毛糸でベスト編んでます あなたが冬に負けないように

ピラカンサの実はただ赤く冬に冴え良き餌なりと小鳥訪う

空つかむ気持ちで跳べば届くはず冬木立には新芽かがやく

こたつから一番初めに猫が出て伸びをしている 七草なずな

今年一年良い年になりますよう、皆様のご多幸を祈り(自分にも福がありますようと祈り)よろしくお付き合いお願いいたします。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ