2020/4/24

「老月」というお店  

「老月」は「おいつき」と読むもうなくなってしまった店なのだが、戦後の池袋の大学通りに喫茶店とも言えない小さな食堂があったのだ。
私が大学に入った「東京オリンピック」の年にはもう中年は超えているようなご夫婦が学生相手に楽しく切り盛りをしていた(ように思うのだが、メニューもなにも覚えていない)。そこの「フレンチトースト」が当時は信じられないほど分厚くて、お砂糖とマーマレードたっぷりの甘くてふわふわなものだったから、女子大生だけでなく男子学生も昼食に通って、狭い店がキュウキュウになる状態だった。

もちろん大学の中にも学食は二つあり、それぞれに安くてまずかったけど一食の裏にある喫茶部のプリンはおいしかった。大学通りにはいくつものお店があり、それぞれにクラブなどの行きつけの店があったのに「老月」はそういうゆったり(というかだらだらと)過ごす場所ではなくて、短時間にご飯をすますのに適した店だった。値段は忘れてしまったけれど「フレンチトースト+コーヒー」でもそれほどの値段ではなかったと思う。

そのお店には三四年生ではあまり行かなくなり、クラブの行きつけの喫茶店などにたまっていて、卒業、結婚、出産と忙しくしているうちに池袋にも行かなくなった。10年以上過ぎたころ、息子が大学の付属中学に入ってまたPTAなどで出かけて行っても、デパートの食堂街などを利用したので、「老月」があることは知っていたけれど、お店には行かなかった。

そして息子が大学生になって「この頃見つけた店は「老月」といって、そこの「フレンチトースト」とコーヒーがおいしいんだ」と言ったときはびっくりした。私は教えたこともなくて、下からの友達しかいない息子は友達に誘われたのだろう。多くの学友の中には親子三代などということも稀ではないけれど、同じ店を息子が利用して同じものをおいしいと言ったことは中々感激であった。

その「老月」もいつのころか閉店して、大学通りの建物もずいぶん変わったらしい。
5

2020/4/17

「毎日歌壇」掲載」  毎日歌壇他

毎日「今日のコロナ」というような新聞テレビをみて、ツイッターの「トレンド」などを見ていると、あっという間に一週間がたっていくのです。みなさまご無事でお過ごしでしょうか。
このところの「医療現場」の疲弊をみていると、我々ふつうの人は50%アルコールの消毒ジェルでも、手作り布マスクでもいいのだ(アベノマスクは小さくて嫌なので子供さんのいるお家に回すつもりです)医療や介護現場にきちんとしたものを回してほしいと切に思います。

4月14日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で一首掲載されました。この投稿は3月4日に出したもので、米川先生にしては長い感覚だなあとおもいました。皆さんがよく言うように「これがとられるとは思わなかった」という感じでしたが、今週は暗い世相にたいして柔らかな日常詠をとったのかなという歌が並んでいました。

華やかなカメオの中の美女のよう飾り釦(ボタン)の服を着た日は    河野多香子

私のカメオのブローチは50年以上前にお隣のビルのアクセサリー問屋に勤めていた友人が、いい品だからと勧めてくれたものです。値段は大きさから言って本物とは思えないけれど、とても彫りのよいものだったのと貝の色がオレンジがかったベージュなのが気に入っていました。その友人も若くして亡くなったので、私はそのブローチを今も大事にしています。米川様ありがとうございました。
6

2020/4/10

「春の唄」  短歌

非常事態宣言が出されて、なんだかわけのわからない興奮と憂鬱感があるけれど、実はお願いされているだけで私たちは我が身を守ることを考えるしかないのかもしれない。明るく行きたいという時に「アンパンマン」もいいけれど、懐かしい童謡というものもある。
童謡でも日本の歌は暗く悲しい色調のものが多いけれど、明るい春の唄といったらやはり「春の唄」だろう。冬には忘れていて、ある日春だ!と思ったとき「ラララ・・・」と口ずさむ、辺り一面明るい春の日差しがあふれてくるような歌である。その曲調から戦後の歌と思ったが、昭和12年NHKラジオの「国民歌謡」として発表されたものという。四番まであるが一番と三番を上げる。

「春の唄」貴志邦三 作詞 内田元 作曲

1.ラララ 赤い花束車につんで 春が来た来た丘から町へ
 すみれ買いましょ あの花売りの 可愛い瞳に春の夢

3.ラララ 啼けよちろちろ巣立ちの鳥よ 春が来た来た森から町へ
 姉と妹のあの小鳥屋の 店のさきにも春の唄

私が子供のころは母が少し高いキーで歌ってくれたが、声が出なくて音痴な私は息子に歌ってやることが出来なかった。尤も男の子はあまり興味がなくて「ウルトラシリーズ」の曲に夢中だった。こうして書いてみて、「花売り屋台」の売り子が姉妹だと思っていたけれど、それは「小鳥屋」の間違いだとわかった。長いことそうおぼえていたのだろう。

引き売りの八百屋の台に並ぶ鉢 ひなげしアネモネ春の匂いよ   多香子
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ