2020/7/31

秀歌(93)木村雅子「角川短歌」六月号より  秀歌読みましょう

東京だけでなく多くの県がこれまでで最高という感染者が出ている。主人に付き添いで日大の外来に行ったが、大分患者さんはすいているみたい。皆やっぱり怖いのだろう。次は10月の予約を取ってくれて、ほっとしている。
コロナの盛り返しで重苦しい日々に、少し明るい歌をと思い、「角川短歌」六月号の木村雅子10首詠から五首を引く。木村雅子さんは「潮音」の代表。大正5年からの潮音社は一番長く続いている結社ともいわれる分、盛衰も激しいのかもしれない。太田水穂創刊のち何代か甥の青丘氏の娘である木村さんが後をついで鎌倉の邸宅に事務所を置いている。

「杳々山荘 春」

亀ヶ谷(やつ)の庭に見おろす英勝寺の屋根の緑青さやかなる朝

海見ゆるつばきの垣にしっぽだけみせてゐるリス実をかじるらし

ことことと風が小さな戸をゆすり緑の庭から呼びかけてくる

つーびーつー 椿の森の真上からふりてくる声「ぼくはここだよ」

縁側の芳名帳に春の陽のさして明るむ訪ひし人の名

主人の実家と同じ扇ヶ谷だが線路を挟んで反対側であろう。もっと年上の方かと思ったら、年鑑ではまだ70代初めのようだった。指導の厳しい結社と聞いていたけれど、このお歌では軽やかで静かに鎌倉での生活を詠っていて、(土地勘があるからかもしれないけれど)こころが開かれるような気持になった。実際の鎌倉の谷(やと)は日がさんさんとは射さず、緑が濃いので鬱っとしているとも言えるのだけど、リスが好き勝手をしているのはかわいらしい。
4

2020/7/24

「四季」春号の歌  短歌

「四季」は季刊ですがいつのころからかずれてしまったらしく、五月の終わりごろに春号がでました。六月に届いて、あっという間に七月です。どちらの結社誌も原稿締め切りから⒉3か月はかかるので、歌は季節がずれているのはみなさん承知の上でしょう。「四季」は春から始まるので、表紙がこの号から色が変わりました。一年ごとに変えるようです。
私の「春号」の歌を載せます。春号だから「春よ来い」でも、読んでいただけばわかるように、主人の手術とその顛末から「春=いいこと」という気持ちを込めました。

「春よ来い」

たまきわる命とおぼえしわが夫の細く小さく横たわるとは

寒桜赤く垂れ咲く裏道を病室めざし日々を通いぬ

譫妄と医師はいいたり心電図、点滴などを取りのく夫に

桃色に河津桜の咲くころに夫の顔色人心地つく

夕暮れが疲れた顔で灯をともす家へかえろうシチューが煮えた

手入れせぬシンビジュウムに花芽つきやせ細りつつ伸びてゆく朝

冴え冴えと月の光のさす庭に明日を信じて小鳥も眠る

きみと来た月日の上に桜咲き折り返し点がもうそこにある

この先をもう少し見てみましょうと医師は告げたり若さの驕り

これからは何事も一緒と青空に霞のごとき桜見上げる


今は夏号の原稿は送ったので、私は到着を待つばかり。今年は時が早く過ぎていきます。
5

2020/7/17

「毎日歌壇」掲載」ジンベイザメ  毎日歌壇他

GO TOキャンペーンについて騒ぎになっているけれど、レジ袋有料化の開始とか「コロナ」で世の中がガタガタになっているところに、決まったことだからと時期も考えず押しとおす政府というのは何なのだろうと、相変わらず憤慨しています。
混乱しているときは一時とどまって、目の前に必要なことから手を付ける、その裏でデータはきちんと検証する、というのがヒステリーを起こさない策ではないかしら。(などといつもヒステリーを起こす私か言うのもなんだけれど)
誰とは言わないがキツネ目の人間は(真実は知らないけれど)血の通いが薄い印象を受けます。都知事選で私は別の人に入れたのに、今の混乱は小池さんでなければ良くも悪くも捌ききれないなと思っていたので、同じタヌキ顔の女性を応援しています。

7月14日の「毎日歌壇」に米川千嘉子選で一首掲載されました。こういう時期の掲載はすこし気持ちが明るくなります。

夜の背に宇宙の星を降らせつつジンベイザメのプールは静か   河野多香子

このジンベイザメは去年金沢能登の旅行に行ったとき能登島の水族館で見たものです。上の句はそのあとすぐに出来て、本当に美しい模様でした。今はもう再開されたと思うけれど、多くの動物園、水族館は休園していて、寂しいなと思っていました。
もちろん今も東京は他県に出られないような状態ですから、私は家にいますけれど「動物園」「水族館」「温泉」に行きたいよう、と心でわめいています。米川様ありがとうございました。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ