2021/1/29

唱歌「富士山」  

童謡というにはかわいらしくはないが、新春に「富士山」はふさわしいような気がするのは、やはり雪を頂いた冬の富士山が美しいからではないか。富士山は日本一高い山なのだし。
この歌はもとは「ふじの山」として明治43年に「尋常小学唱歌」として発表されたもので、文語と言っても小学2年用に分かりやすい、でも雄大な富士山の姿を品よく描いている。作詞は童話作家としても有名な巌谷小波で、「お伽噺」を集大成した人物である。(「一寸法師」の作詞も小波)

「ふじの山」 作詞巌谷小波

1,あたまを雲の上に出し 四方の山を見おろして
 かみなりさまを下に聞く 富士は日本一の山

2,青空高くそびえたち からだに雪の着物着て
 霞のすそを遠くひく 富士は日本一の山

歌の内容とは離れるが、私が「巌谷小波」と聞くと胸がざわつくのは、小さなとき彼の有名な(いまは知られていない)童話絵本「黄金丸」を持っていたからだ。その本がどこの出版かいまはもうないから分からないが、戦後の本も少ない時に祖父が見つけてきたものではと思う。上野の宿屋の小さな(子供部屋というより父が書斎が欲しかったのだろう)二畳ほどの部屋に天井までの本棚があり、昔の本もタブロイドの漫画本も置いてあった。子供用の本は少なかったから私は「黄金丸」など敵討ちもので面白くないが、大事に読んでいた記憶が残っている。「黄金丸」の初出は1891(明治24年)で、私のもっていた本は別の子供絵本と思われる。

   *    *    *    *

ネット画像検索したら「講談社の絵本」「名作童話こがね丸」という事が分かった、表紙は右から左へ書かれていた。ああこの本だとは思ったけれどすごく懐かしい気もしなかった。SNSの害やスマホ中毒などともいわれるが、情報の量も質も格段の進歩と言わざるをえないと感嘆した。
6

2021/1/22

秀歌(96)吉川宏志「角川」11月号より  秀歌読みましょう

吉川宏志氏が「塔」の主宰(「塔」は一般社団法人になって、その代表ということか)になって五年以上になると思うと、月日の経つのは早いなあとびっくりする。永田さんから替わった頃は線の細い感じで大丈夫か(余計なお世話)とおもったけれど、沖縄問題への一人での取り組み、政治への静かな反抗、歌人としての芯のようなものが見えてきて、私はだんだんファンになって来つつある。
1969年生まれというと息子と年も近くて、自分の年をおもうから嫌だけど、宮崎の出身で高校教師の志垣澄幸氏に永田さんへの紹介状を貰って京大に入ったことはよく語られている。
去年のものだが「角川短歌」11月号にコロナ下の生活を書いている。巻頭28首から八首を引く

「眼状紋」

さるすべり白くこぼるる疫病(えやみ)にて帰らずなりぬ母の三回忌

常ならば盆に切られる溝萩のうすむらさきが畑に照りぬ

いつ死にていつ生まれしやわが部屋にときどき跳ねる蠅捕り蜘蛛は

百病みて一人死ぬとか ゆうぞらの青の部分を鳥は飛びゆく

やっと安倍政権が終わりましたねと亡き人に言うまだだよと雨

病王を責めてはならず いずこより触書(ふれがき)ありてしたがう我は

だまされてなぜにほほえむ 栗の樹に降りし秋雨また乾きゆく

秋の川に身は沿いゆくに虎杖(いたどり)の花が激しき白さに咲きぬ

眼状紋は蛾などの羽根にある目のような丸い模様のことで、たいていは可愛いというより不気味な姿を思わせる。吉川氏は京都在住なので、京の風景、自然の姿が映されるが、自分の思い立ち位置が静かに注入されている歌が好ましい。
6

2021/1/15

「四季」秋号の歌  短歌

「四季」の秋号が去年12月に届いて、ブログ掲載が今年になってしまいました。この連作はブログのように横書きで載せて見ていただくほうが、ピースのかわいらしさも出るのではないかと思います。感想などいただけると嬉しいのですが。

「白くまピース」

沙羅双樹小さな椿のかたちして落ちればこれで夏はおしまい

ピース君きみが元気でいることを忘れていたよコロナのせいで

ぬいぐるみのような赤ちゃんだったのは二十年も昔の話題で

捨てられて「とべ動物園」に育てられピースと名付けられたる白くま

白くまは一人プールで誕生日果実の入った氷をかじる

祖父の地もコロナで行けずパンフには昔のままののどかなる秋

萩桔梗いつか見に行くすすき原、けいれんしないで九月は花野

台風の予報を聞けばプールにも漣たちて不安がすこし

秋がきたんだ<ごらんピース>ナナカマドは一等先に色づく

だんだんにお客も帰って来るだろうがんばれ全国の動物園

ピースは愛媛県の動物園で母熊から育児放棄されて、人口保育で育った白くまです。いまは20歳になったけれど、てんかんの持病があって途中何度か命の危険もあったのです。コロナの時期に飼育員さんたちも大変な思いをしていると思います。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ